最近智くんのソロばっかり見てるはなです。
お疲れ様です。



レギュラーもちょいちょい見てはいるんだけど、
智くん黒いなくらいの感想しかない←ひどい
黒い智くんは嫌いです(きっぱり)
白くなるまでレギュラー見なくていいくらいの気持ち。
でも明日のしやがれはめちゃくちゃ楽しみ←どっちや



というわけで、今日もソロ曲の話。



Take me faraway



Rainとかsong for meは以前結構語ったから、おそらくあんまり触れたことのないこれ。

実はこの曲は他の智ソロと比べたらそこまで好きではないんだけど、
みんな大好きなのは知ってる。←アラフェス2013に選ばれたくらいだもんね。


なんでそんな好きじゃないかっていうと、そんながっつり踊ってないから。
そして最終的にチェアプレイになるから←プレイ言うな


みんなが好きなのはあれでしょ?成瀬さんだからでしょ?ビジュアルに引っ張られてるからでしょ?
って思ってるんだけど(笑)違う?(笑)
分かるけど。めっちゃかっこいいもんね。


あと衣装もいい。←また衣装
黒いウェアに金色のジャケット。


金色って・・!!普通の人絶対着ちゃダメなやつ・・!!


でも全然派手に見えないんだよねー。
智くんってほんと何着ても似合っちゃうの。
で、智くんが着てるーかわいいーほしいーと思って販売サイト行くとそうでもないっていう(笑)
不思議。


腕の露出度が高いのもポイント高い。
あと安定の手袋萌え。



ヘッドセットを触る回数が多い曲でもある。
ただでさえ智くんがヘッドセット触ったら「きゃー!!」なのに
成瀬がヘッドセット触ってるんだから、そりゃかっこいいでしょ。好きでしょ。


ただ歩いてるだけでも智くんだとこんなかっこよく見えるんだねっていう究極を追求した曲。


センターステージでヘッドセット抑えながらの


「Wow~♪ take me why take me faraway」


はたまらないっす。


Wowで一瞬目をつぶるんだけど、そこがもう、くううううううって感じ。
あとfarawayのwayの!wayの伸ばしで苦しそうな眉毛!萌えすぎる。
あと声が甘い!どっから出るんですか!その甘い声は!比喩じゃなくとろける!


ステージがせり上がりながらの智くんのダンスやばし。
チェアダンスなんだけど、椅子が全く智くんの邪魔してないのがすごい。
椅子が自ら智くんのダンスの邪魔をしないように存在を消してるように見える。


そしてやっぱりここでも浮く智くん。
動きに無駄がなく美しい。
椅子を使ったダンスとかやったことないのに、
どうしてこんな振り付け思いつくのか不思議でしょうがない。


指差し確認きたーーーーーーーーー←違う


あれでしょ。
あの指先から間違いなく智くんが好きになるビーム出てるでしょ。


「届けたいから」の「ら」が好き。


そして極めつけ


「いつまでもーーーーーーーー」


何が好きってのびやかな声に振りかざした右手。

智くんの顔の近くを智くんの手が通ると、どうしてこうも神々しいのか。


「書いた言葉だけは」の「は」のビブラートすごい。
涼しい顔してあらゆるテクニック見せつけてるのすごい。


そして最終的に足組んで椅子に座るとかかっこよすぎてずるい。


王子じゃん。
涼しい顔に汗かいてイケメンで椅子座って足組むとか王子じゃん。
その表情もずるい。ずるいずるい。ずるいくらいにかっこいい。
何度見ても惚れちゃう。



そして2013年アラフェス。


もう絶対見られないと思ってた智くんのTake me farawayを生で目の前で見れるとか
今考えても奇跡。←違う曲に投票してたけども
またアラフェスやってくださいお願いします(土下座)


ただ、一つだけいいたい


どうして衣装変わったww


いや、わかる。前後の曲の関係だってことはわかるんだけど、
でもアラフェス2012Rainは当時の服着たじゃん。
期待しちゃうじゃん。
あの金色のジャケット!どこやったんですか!


そしてまさかの


昔より断然踊ってる・・・・・!!!!


まさかの若いときより踊るっていう。
世間の常識覆す大野智。
あれ以上のtake me farawayはないと思ってたのに進化してる・・・!!
ジュニア減った分智くんが踊るとこ増やしててそこがめっちゃかっこいいいいい。
正直女性ダンサーは・・・・いらなかったけど(ごめん)
大人になったバージョンのtake me farawayすごくいい。好き。


「変わらない」で顔の前で手を振るのツボ。


声はそんな変わってないけど歌い方がちょいちょい違う。
「書いた言葉だけは」の「は」のビブラートやばい。すごい。

「問いかけた」のあと微妙にリズム取ってるのなんか好き。

Take me farawayは特にため息交じりの声が色っぽくていい。
美声がさらに3割増し。


最後はやっぱり座って足組んでドヤって欲しかったけど(笑)
次の曲に行くからしょうがない。


若いバージョンは可憐な感じもあったけど、
大人バージョンは歌い方もダンスもちょっとずつ力強い。
経験を重ねてさらに空間掌握能力が高くなった大野智がそこにいる感じ。


アラフェス2013は智くんのビジュアルもいいなあ。
今度また通しで見てみよう。


ああ、やっぱり好き。大好きです。