はなの3104ごと

嵐の大野智くんが大好き。それだけのブログです。中身も悪気もありません。

Category: 映画

盛り上がりましたね〜。


忍びの国地上波初放送


映画の地上波初放送ってこんな盛り上がります?ってくらい。
だってお昼くらいから「忍びの国」がトレンドに上がってたもん。びっくりした。


放送後は「忍びの国」と「大野くん」が世界のトレンドにもあがってたとか。
SNS視聴熱とやらも今期No.1だって(まだ4月だけどね!)



思ったのは


地上波放送ってやっぱすごい!


ってことと


意外とみんな時代劇みるんだ!


ってこと。


というのも、私が以前忍びの国ブルーレイ発売記念で
巨大ポスターが新宿にはられたときに見に行ったら
その近くにいた高校生くらいの子が
「忍びの国で時代劇初めて見た」って言ってたから(笑)
必殺仕事人もジャニーズ出てるけどどうした?とも思ったけど(苦笑)
いまどきは時代劇見ないのかなって。番組自体もないしね。



でもすごい反響で。
たくさんの人が見てくれたんだなあってびっくりしたしすごく嬉しかったの。


「大野くんがかっこよすぎる」
「大野くんの声がいい」
「大野くんの目の演技にやられる」
「大野くんと鈴木亮平の対決がすごかった」
「後半引き込まれてテレビから離れられなかった」
「こんなに動けるならもっとアクション映画に出て欲しい」


これ、私の感想かな(笑)って書いてて錯覚したけど
違うの、初見の方の感想抜粋なの。



百聞は一見にしかず
やっぱり自分の目で見たものしか人は信じない。
でも一度見てしまったらもう引き返せない。それが沼←



翌日は私なんかよりずっと熱い言葉で絶賛してくれる一般の方のツイを
ただただリツイしまくってました。
うれしくてうれしくて。
いい映画だとは思ってたけどもうわかんないんだよね、何回も見ちゃったし(笑)
ファンの欲目かなって思う部分もあるから
だから何のフィルタもかかってない一般の方の純粋な感想が本当に嬉しくてにやけてます。



前半はカットが多くてダイジェストかなってくらい。
無門の登場が思いの外早くてびっくりした(苦笑)

CMも多いし。
たくさんのスポンサー様のおかげでゴールデンタイム地上波初放送ってことはわかるんだけど、
ここで!?ってとこでブツっと切られて←こういうマークつけてた


ただ前半にCMを集めて後半CM入れないようにしてくれたみたいで
おかげで後半は集中してみることが出来た。
何度も見てるのにやっぱり無門と平兵衛の対決は息を飲んだし、
無門とお国のシーンでは泣いた。


心配だったのはこんなにカットして初見の人はストーリー追えるんだろうかと思ったけど
どうやら大丈夫だったみたい。
展開は早いなと思ったみたいだけど、
あの編集のおかげで無門の得体の知れない怖さが引き立ってラスボス感が増したらしい。



私の好きなシーンはことごとくカットされてたんだけど
(「そうじゃそうじゃ」ってとことか無門の鼻歌とか)
そういう萌シーンはストーリーの大筋とは関係ないんだってことが浮き彫りに・・・。
そんなシーンてんこ盛りで楽しませてくれた中村監督に感謝。



カットありCMありの放送だから、
地上波初放送めでたい!とは思ってはいたけど
私的にはそれほどテンションあがってなかったの。
でも終わったら余韻がすごすぎて。
まだ引きずってます。


やっぱり地上波放送ってすごいんだなー。


カットされてない版が見たくて見たくて
週末久々ブルーレイひっぱり出して見ようかなって思ってます。



今回カット版をご覧になった方にもぜひブルーレイを買って見ていただきたい!
できれば豪華版を・・!
メイキングとかも面白いし、舞台あいさつも入ってて
何より監督と無門と信雄のビジュアルコメンタリーあるからぜひ・・!



と思ってたらアマゾンと楽天で忍びの国豪華版ブルーレイがトップテン入りしてた。
すごいすごい。
もうみんな大好き!



でもね、できれば智くんの演技を新作でみたいな。。
アクションも出来るし、
殺陣の美しさでは右に出るものはいないと思う。
そしてあの声にあの目にやられてしまう。
演技してるってことを忘れて引き込まれてしまう。
もう見ることはかなわないんでしょうか。智くん。
智くんの演技は人の心に響くんだよ。みんな待ってるよ。



嬉しいと寂しくなってついついセンチメンタルになっちゃう。
僕の悪い癖←相棒?




ただ今週は忍びの国のおかげですごく満たされてた。
やっぱり智くんなんだよなー。
智くんが私の元気の源です。
大好きです。
 
mixiチェック

忍びの国地上波初オンエアを記念して、
当時だそうとして出しそびれたジャパンプレミアの記事をアップします。


2017年5月末に書いた記事に付け加えております。







忍びの国ジャパンプレミアに行ってきました。



もう朝から緊張で。
私が出演するってわけじゃないのに。




だって忍びの国を初めて見る人になるんだよ!?
これが緊張せずにいられますか。
智くんがどんな忍びになってるかドキドキする〜。



私は番協で入ったんだけど、番協でこういうジャパンプレミアとか入るの初めてで勝手がわからない。


6時くらいからなのに4時くらいには一回集合。
番協の他にハガキ枠の人も並んでて、入るときにスタンプ押されるとかなかなかに厳重。
番協だから後ろの方かなーって思ってたら最前列からアリーナ中心部が番協エリアだった。
私は12列目くらいだったかな。
コンサートじゃないのにメンステとセンステとがあって
センステは結構近くてドキドキ。



始まる前はかなりたるんでるファン(笑)
でも黒い幕があがって、
白い幕が現れただけで沸く会場&そして謎の緊張感←まだ誰も出てきてない



忍者のシルエットアクション(智ではない)のあとに出てきた
演者が並んだシルエットに力いっぱいキャーキャーなる会場。
さっきまでのたるんでた会場とは思えない←
黄色い声ってこういうときは自然と出るんだ。出ちゃうんだよ。
努力して出るもんじゃないんだ。優しさじゃねーんだ智←



今度こそ智くん!?と沸きつつ、シルエットに智だけいない?って思ったら
前からシルエットに加わる智くん。


白い幕が開いてきゃー!!!ってなったけど智くんのいたはずのところに木ww



と、前方から煙が・・・!


智くんがジャンプアップで登場して忍者ポーズ。


何重にも仕掛けられた罠にまんまとハマる私たち。


智くん登場時の悲鳴がえげつない(笑)


もうね、「きゃー!」じゃないの「ぎゃー!」なの←可愛くない


「みんなの映画」の男性アナウンサーが司会。
今日はお世話になります。


智くんの一挙手一投足から目が話せない。


とにかく大野さんがかっこよすぎ。
びっくりした←


髪が伸びてて終始人差し指で髪をよけるんだけど、
その仕草が美しくて死んだ。

智くん見てるだけでドキドキが止まらないのに
そこに豪華出演者も加わって夢居心地ってこういうことを言うんだね。



共演者とも超仲良さげで、
伊勢谷さんとも智くんがジャンプアップから戻ってきて早々ボディタッチ。


他のキャストもなんか大野さんのいいところ言っては
智くんと握手するっていう(笑)
いちいち智くんを絡めてくるの笑う。


やたらみんなが何かと理由をつけて握手しに来るっていうのが
愛されてるなーって思った。


さとみちゃんが

「すごいのに褒めさせてくれない」

「一生懸命やってる人はすごいですねーって言えるけど
出来るのが当たり前のようにいるから言わせてもらえない」


って。
めっちゃうなずくファン。
首もげるかと思った
そんな風に言ってくれて智くんの努力をわかってくれて嬉しい。
ありがとう、さとみちゃん。
改めてさとみちゃんがお国でよかった!!



それにかぶせて鈴木亮平くんが

「リーダーだなって思った」

って言ってくれて、更に嬉しくなった。


智くんがすごくいい現場でお仕事出来たんだなーって思ってそれだけですごく幸せ。


ただ、この和気あいあいとした舞台挨拶のあとで映画見ると
殺伐としてて、亮平くんも怖いし、ひーってなる。


智くんの冒頭のあいさつで

「史実に基づいてて」

って言いだしたときは
ニノから何かアドバイスでももらった?とか思っちゃったよ(笑)


でも最終的には

「マンゴーのかき氷に練乳かけたやつがおいしくて2杯いただいちゃいました。
これが一番の思い出です。」

と言ってて、やっぱり智ってなった。


さとみんへの質問を自分の質問と勘違いして喋りだす智。
会場がくすくす笑うの見て「あれ?」ってなるの、なんかデジャブだよ。かわいいよ!

智くんが勘違いして喋ってる間、
さとみんが会場に「大丈夫大丈夫」って目配せしてるのが旦那立ててる感じで
お国ー!!ってなった。


さとみんとトーク譲り合う智くん。
さとみんとすごく馴染んでるー。ちゃんと信頼関係ができてる感じ。
さとみんも私好きだからすごく嬉しい。



談春さんが「自分もジャパンプレミアでスーツ着たかったけど止められた」とか言ってて面白かった。
談春さんはとにかくこんなところで試写会やるんだ・・!っていう驚きを面白おかしく喋ってた。



中村監督はやたらパイレーツ・オブ・カリビアンを気にしてる感じ。
「忍者も好きだけど海賊も好き」とか。
なんでぶつけちゃうかなあー(笑)


トークうまい人が集まったせいか、トークセッションの予定時間を25分もオーバー。
いや、むしろありがたいっす。
和気あいあいとしていて、もっとずっと見ていたい。


フォトセッション。
最初智くんと知念師匠はけてて、あー、ジャニーズそうだよねーってなる。

智くんと知念師匠も参加して
私達も入れてもらって一緒に記念撮影。
智くんと一緒に写真撮れるなんて(距離はあるけど(笑))
最高の思い出です。



ジャパンプレミアで振ってきた銀テというかなんというか
IMG_4827


















手裏剣の形してるの素敵じゃない?


え?誰ですか?
これ作れるんじゃね?って言ってるのは。
はい、作れます←



でも実際に大量に作るのは大変だったと思うの。くり抜く丸い部分が。
スタッフの皆様お疲れ様です。


発射物が飛んできても全然取り合いとかにはなってなかった。
だって出演者の方がずっとキラキラしてるんだもん。
銀テなんて目じゃないです。



映画はといえばご存知の通り最高オブ最高で
涙あり笑いありの極上時代劇エンターテイメントに仕上がっていました。
さすが中村監督。さすが智。←言いたい



ただですねえ、あのTDCは音響があんまり良くなくて
聞き取れないところもあったり効果音が聞こえなかったりで
あんまり映画に向いてないなって思った。
私が緊張してたせいもあったのかもしれないけど、その後のJALの試写会の方が感動したもん。



というわけで、4月2日の忍びの国はぜひ
音響のいいテレビで御覧ください。



では山口に行ってきます!

mixiチェック




4月2日(火)20時57分

忍びの国地上波初オンエア!




おめでとおおおおおおお。


うれしいいいい!!絶対見る。正座してみる。


私いつぶりかなー。
諏訪の映画祭以来かも。あれから見てないかも。
小田にも行ったけど忍びの国見てないし←なぜ



特典も見たくなってきたー。
智くんの「聞いて」が聞きたい。
浸りたいー。


ちょっとカットの場所だけ気になるところではあるけれども(カット出来るところはないと思ってる)
でもいい時間帯に放送されて嬉しいね!感謝感激!


みんなも見て!ツイッターで盛り上げよう!




今週末というか木曜から山口に行ってきます。

 

友達の墓参りにつきあわされた関係上初山口ではないんだけど、
初めて踏み入るエリアもあって楽しみ超。



桜とか咲いてるかなー。
角島ってところが綺麗らしい。
綺麗な景色が見られて美味しいお寿司が食べられたらいいな←寿司好き



mixiチェック


「これ登るの大変だった」「滑るから」「雨が若干降って湿ってて」

声かわいい

ここ私も登ったんだけど、すごい大変だったの分かるー←共感できるのうれしい
思ってる以上に角度あるし、土が湿ってるから力入らないし、全然上がらないww
普通に歩いて登るだけでも大変だもん。
上からよりむしろ下から駆け上がったほうが勢いでいける感じ。
智くんあの位置からよく駆けあがったなって思った。


「ここも大変だった」


大変なとこばっかだったね(笑)

でもその時は言わないんだよね。番宣でも。今だから言うんだよね。


安曇野のシーン。
行ったなー。季節外れに←

上の無門としたの智くんが同じ人と思えない。


音楽の話。

「時代劇に必要な楽器とかを使ってないから勇気がいるけど、全然大丈夫じゃないかな」


あの音楽は斬新だったなー。
最初見たとき冒頭のロックな感じにびっくりしたもん。
逆に冒頭でびっくりしたからそのあとは全然違和感なく見れたけど。


NACSの舞台でもロックな曲を時代劇に採用してたのがあったから、
忍びの国冒頭でロックがかかったとき最初に思ったのは「NACSっぽい」だった。
時代劇にロックって最近のはやりなのかなって思ってたけど、
やっぱり勇気がいることだったんだね。
随所にみられる監督のこだわり。


ねずみと智くんのラストシーンの話。

「なんだっけ監督」

1年以上前の話なのに段取りとかほぼ全部覚えてる智くん。
やっぱりこの人すごい。
そして相変わらず再現うまい(笑)

一方自分で指示したのに忘れちゃってる監督w

「夏休みの宿題やった?」とかかわいいかよw

すごい思い出してる智くんの表情超かわいい。
あと額にやる手が美しい。びゅーてぃふぉー。


「でっかいハチみたいなのがいたんだよなー」
「こいつ頼むぜ」



ハチに「こいつ」って(笑)
智くんらしくて好き(笑)


吹き替え疑惑のある知念師匠が逃げるシーン←

言われてみればこれ知念師匠じゃなくても分かんない←おい


智くん爆笑
智くんが手に口やって爆笑するクセ、めっちゃ好き


3人とも超楽しそう。
いい顔してる。
コメンタリー側を3分割で撮ってるここ好きだなー。
DVDのCMにも使われてたよね。
智くんがこんな笑うなんて、どんなシーン見てるんだろうって気になってたんだ。
←まさかの知念師匠の逃げるシーンだったっていう(笑)


「監督も分からなくならなかったの?」
「大丈夫だよ」

なんだこの会話は(苦笑)
監督が分からなかったら誰がわかっててここ撮るんだw


川の次の日にここ撮ったのー?!?!?

ダメダメ。川の後にこんなコミカルなシーン残しちゃ。

「すっかりやる気なくなってたんですよ。俺と大野くん」


ここなんか好きなんだよね。
智くんは3日間川に全力投球してるからやる気なくなるのはわかるけど、監督もって(笑)
一心同体というか。
智くんと同じくらいあのシーンに監督も全力投球だったんだなーって。
なんかいいなって思っちゃう。

「成し遂げた感があって、もういいんじゃねーの」

もういいんじゃねーのってw
話つながらないしw
監督がやる気なくすしたらw誰がw撮るんですかwって感じだけど(苦笑)


「わりには動いてるよね、すごいよね」


すごいよね。

左下にメイキングあざます

川の後にこれ撮ったって聞いたらすごさが増す。
いくら跳ねるマットだからって運動神経よくなかったらあんな風にマット活かせない。

しかもあの!死闘の後だよ!?

動けないよー。絶対筋肉痛だよー。全身疲労だよ。
智くんってあんなちっちゃいし華奢なのにタフだよね。
どこから来るんだ、あのタフさ。


くるくるターンしてる智くん。
こんなところで智くんの美しいターンを拝めるとは。
真上からの映像とか斬新。


川に一生懸命でこのシーンのことなんも考えてなかった監督w


智くんに15分くらいこもってもらって作ってもらったってw
けがの功名というか。
ラッキーみたいな。
なかなか智くん作ってくれないよ?
「ありがとう!いいね!」ってw軽いなw


でもそう考えると、普通の映画より智くん要素が強いよね(何を普通というかだけど)
歌ってるし踊ってるし。
監督と智くんが一緒に作ってる感じがすごくする。
もちろん智くんだけじゃないんだけど、演者を演技だけじゃなくてフルに活かしてる感じ。
だから余計にこの映画が愛おしく感じる。


ただ一つだけ、監督に言いたい。
せっかく智くんに作ってもらった振り、もうちょっとちゃんと見たかった。
器械体操みたいに飛ぶところとか、智くんのターンとか
もっとはっきりくっきり見たかった。
加工されすぎててなんだか分かんないんだもん。


そういう意味では、忍びの国で一番好きなアクションシーンは冒頭の次郎兵衛のシーンなの。
智くんの美しい動きがストレートに堪能できる。
ラストの川はすごすぎてもう。ちょっと辛くなるレベルだから。
個人的にはああいう軽い感じのアクションシーンがあと1回くらい劇中に欲しかった。


ワイヤーアクション。
智くんがずっと痛い痛いって言ってたやつ、これかー。

ほんとにただ落とされてるw


「あれ痛かったほんとに」


小声w

ほんとにね。痛そう。
番宣でもその話ばっかりしてたもんね。
でもここではそんな言わないんだね(笑)

「疲れててよかった」

どういうことw

「んふふ」

もうねえ、ふふって笑う智くんがかわいくて
なんでもよくなっちゃう(笑)

mixiチェック

なかなか書き終わりません、はなです。

あと2回くらいで終わりたいんだけど、終わる気が全くしないー。
でもとりあえず一気に行かないと途中で終わって書かなくなりそうなので、もうちょっとお付き合いください><


体硬かった共演者の話。
ほらあ、こういうとこだよ。体硬いと撮影に支障出ちゃうんだよ。
智くんは股関節以外は柔らかいから問題なかっただけで、
やっぱり体柔らかくしといてって言ってた監督の言葉は正しかった。


監督と智くんめっちゃ楽しそう(笑)
こうやって主演と監督に笑ってもらえて役者の方もほっとしてるだろうな、、、
ぶっちゃけ自分の体の硬さのせいで意味なく差し替えとか笑いごとではないんだけえど(苦笑)
智くんの笑顔超かわいい


智くんの何気なく見える動きも、練りに練って計算して繰り出されてるものなんだなあ。

暗がりでタイミング図る智くん。

「いまかな?」

ぴって差し出された手がかわいいかわいい>▽<


無駄な動きで足おかしくする智くんww
気を付けて><


「宝物、、小茄子以外で」

小茄子持ってたんすか!?(笑)

でもなんか智くんならもってそうな気がしちゃうの笑う←

「ルアーを」

って言った瞬間両端が笑うのほほえましすぎる。
智くんのことを分かりすぎてる二人。

ルアーを並べて眺めてから来るとか。

「そんだけ好きなんだなあと思って」

ルアーに嫉妬しそうになるくらいの智くんからの愛。
むかつく←

「しょうがない。だってほんとにそれだもん。」

そんなかわいくいってもダメ。


知念師匠の宝物。
智くんのうちわはもう宝物じゃないのかな。
なんかコンサートで飛んできたとか言ってたやつ。
相変わらず「侑李は欲がない」とか言ってるけど、智くんに関しては欲の塊だよ。
二人でCD出そうとしてるんだから。覚悟してなさい。


つか、監督焼肉好きすぎない?(笑)


監督「盛り上がってきたよ」で智くんが腕伸ばして指組むしぐさが好き。


智くんの顎首に手をやるくせがツボ。
知念師匠の演技見てる智くん、イケメンだなー。


知念師匠の乳首に過剰反応する智くん←


「お二人は最高ですよ」


褒められ慣れてるのに褒められると「えーうそー」みたいな表情毎回する智くんw
さとみちゃんがすごい話にすり替えてるw
そういうところあるよねー。

「相葉雅紀と一緒だ」

智くんの口からメンバーの名前が出てくるの萌え。


馬の話。


「ほんとおれ乗る予定だったんだよね?」


ここの大野くん超かわいいんだけど、誰に聞いてるの?(笑)


馬の練習より殺陣に集中してほしかった監督。
うん。確かに。あの死闘以外のものは排除したいよね。

でもちょっと馬に乗る智くんも見てみたかったなー。
次回はぜひ。


お伽峠。
ロケ地巡りで行ったなー。すでに懐かしい。


時間がなかったとはいえ1発オーケーが出たこのシーン。


「監督このシーンの何がそんなにいいの?」


智くんwなんつー質問w


「「これだよ、これ」のときの顔」
「全部顔なんだ」



全部顔なんだじゃないんだよ。
表情一つで短いセリフ説得力持たせるの、なかなか出来ないよ。


「大野智はすごい顔をするはずだっていう話でまとまった」

監督からの厚い信頼

「すごい顔をするはずだっていう上を行ってるんですよね、僕のなかでは」

監督べた褒め。


「この声が出る」


ここすごかったよねー。
CMとかでも使われてたけど。


ここのね、撮影のときの動画をね、ちょっとチラ見させてもらったんだけど(資料映像的なやつ)
びっくりした。すごくて。言葉失った。
生声のインパクト強くて編集後のやつはちょっとソフトに聴こえるくらい。

山の隅々に響き渡る。どこまでも通るいい声。
山の神って実際こういう声なんじゃないのかなっていう。
智くんがすごくいい声が出せるっていうのは頭ではわかってたけど、
智くんの声って野外でもこんなに通るんだ・・!すごい・・!


智くん当たり前みたいに叫んでるけど、
実はこの声が超重要なシーンで。
この声に説得力がなければ忍びたちは動かない。


あの人でなしの忍びたちに「おー!」と言わせるに足る智くんの声。
圧巻です。


たぶん監督は「これだよ、これ」のことで頭いっぱいで
ここのシーンのことまで気が回ってなかったんだろうね(苦笑)
そのまますっと撮影入って、この声が鳴り響いたから「あ」って。
「そうだった」「こういう声が出る人だった」って。
いつも期待の上をいく智くん。


「だよねー」

ねー。

「これだよ、これ」で監督めっちゃ喜んでる(笑)
智くんが監督の期待以上の演技を返してくれるのが本当にうれしそう。
一番気にしてて一番重要なこのシーンが一発オーケーなんだから
監督にしてみたらたまらないだろうなー。


「自分ではわからない」


そういうところが好きです。

でももうちょっとわかってもいいと思うけどな。
自分のすごさを。

いや、でも実はわかってるよね。うすうす←
でも自分の中ではまだまだと思ってるから褒められると驚いちゃうんだよね。
そういうところが人として好き。

mixiチェック

↑このページのトップヘ