e52e9719.jpg夏ぐらいからよく水を飲むなぁと思っていたけれど

暑くなってきたからね。
きっと犬ものどが渇くんだね・・・


そう思っていました。


まぁお歳も現在14歳。

犬にとっては高齢なので
夏以降毛が薄くなってきたのも
高齢のせい。

と思っていました。


でも首のところの毛が
中心を残して
だんだん禿げてきました。


お水もよく飲むし
おしっこもたくさんします。


やっぱりおかしい!

そう気がついて
病院で検査したところ
やはり病気でした。


クッシングという病気。


腎臓の横にある副腎というホルモンを分泌する臓器から
ステロイドホルモン(コルチゾール)が出すぎてしまう病気なのだそうです。



そのため
皮膚症状や糖尿病のような症状、腎不全、高コルステロール値が高くなるということが起こり、
ちょうどプリンさんのような状態になるそうです。


腫瘍ができている場合が多いらしいので
手術か強いお薬を飲み続けなくてはならないそうです。


先生と相談して
プリンの場合は高齢なので
糖尿の改善、肝臓機能の改善、など
お薬やフードで様子を見ながら
検査をしつつ
そのたびにお薬を変えるなどで
対処していこうということになりました。

手術にしてもお薬にしても
効果やリスクを考えると
これが今のところプリンにとって
一番つらくない、最良のことと考えての結果です。


昨日はアトリエから帰ってきて
いろいろネットでこの病気のことや
この病気になっているこのオーナーさんのブログを見て
なんだかますます落ち込んでしまいました。(;;)


でも
一晩プリンをずっと見ていて
今はまだ元気があるようにしているし

私がへこんで
落ち込んでいたらきっとプリンはそれを感じ取って
心配すると思うのです。


なので
あとどれくらいかわからないけれど
できるだけの時間一緒にいて
仲良く楽しく暮らせるようにいこう!
と思っています。


頑張れ!プリン。
一日でも長く生きていてね。