マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

「つばさの党」逮捕は小池都知事による言論弾圧

  

人気ブログランキングへ   



 
428日に行われた衆議院・東京15区補欠選挙でほかの陣営の街頭演説を妨害したとして、警視庁捜査2課が513日、公選法違反(自由妨害)の疑いで「つばさの党」の事務所などを家宅捜索しました。黒川敦彦代表の自宅と、「つばさの党」から出馬して落選した根本良輔氏の自宅にも家宅捜索が入りました。この件で「つばさの党」の妨害行為を非難する言論は巷にあふれていますが、警視庁の捜査が行き過ぎであるという批判がまったくといっていいほど見られないのはバランスが取れていないし、私は警察の行為のほうがよほど危険だと思います。

もちろん「つばさの党」の行為は褒められたものではありません。しかし根本候補の得票数を見ても、彼らを評価する有権者がほとんどいなかった、つまり彼らの作戦は失敗に終わった訳です。この結果を見て彼らも一応、反省はしたでしょう。

 選挙というのは言論を使った戦争なのですから、ある程度のヤジや妨害はつきものです。「つばさの党」のやり方は荒っぽいとはいえ、候補者に質問をしているのだから、候補者は質問に答えたり、反論したりすれば良いのです。選挙に出る以上、それぐらいはできなくてはダメですつばさの党がいちばん標的にしていた「日本保守党」の飯山陽候補は彼らの妨害にめげずによく戦っていたようです。だから得票数も伸びたのではないでしょうか。

 メディアは「つばさの党」が暴力的な団体であるから警察のガサ入れは当然だった、適切だったという印象操作をしていますが、私は行き過ぎだと思いました。「つばさの党」の事務所が入る千代田区の建物の周りを盾を持った機動隊員が囲んでいる様子を見て呆れました。核マル派や中核派の事務所にガサ入れをしているわけではないのです。警視庁が動くというのは、動かざるを得ない事情、つまり東京都のボスに命令されたからでしょう。小池都知事は来たる7月の都知事選挙の時、「つばさの党」に攻撃されることを怖れて、事前に彼らの動きを封じたかったのでしょう。しかし、それは権力による言論弾圧に他なりません。そもそも小池氏自身がこれまで選挙のたびに公報に嘘の経歴を堂々と書き、公職選挙法にずっと違反してきた張本人ではありませんか。メディアは小池氏の公職選挙法違反のほうも批判しなければフェアではありません。

 私は黒川敦彦氏を評価していませんが、「つばさの党」が公明党の支持団体である創価学会に対する抗議デモをしていたことは評価しています。与党の一角である公明党を敵に回せばそれなりの弾圧は受ける可能性があります。「つばさの党」の主義主張もはっきり言ってよく分かりません。しかし、どんなおかしな言論であっても選挙に出て主張する権利はあるのです。個々の傷害罪で逮捕されるならともかくとして、公選法違反で逮捕されるのはおかしいです。警察という公権力が言論活動を取り締まるということは国民の言論の自由を弾圧することです。なぜ左翼の皆さんはこれに異をとなえないのでしょうか。

 

毎週、土曜日にウェブマガジンを発信しています。ここで書くのとは違うテーマで書きます。メルマガは密閉空間
なので本音トークができると思います。よろしかったらのぞいて見て下さい!

 「岡真樹子の日本人に生まれて良かった」

https://foomii.com/00270

 

 

セウォル号事件から10年

  

人気ブログランキングへ   


 2014年4月16日午前858分頃、韓国・仁川港から済州島向かっていた大型旅客船「セウォル(世越)号」が全羅南道珍島郡の沖合の海上で沈没した、いわゆる「セウォル号事件」から10年が経ちました。船には修学旅行中の京幾道安山市檀園高等学校生徒325人と引率の教員14人、一般の客108人、乗務員29人の計476人が乗船しており、車両150台あまりが積載されていました。この事故は乗員・乗客の死者がなんと299人、行方不明者5人、捜索作業員の死者8人を出し、韓国の船舶事故の中でも犠牲者の数の多さ、高校生が多かったことの悲劇性で海外でも取り上げられたニュースでした。

 当日は海が荒れていたわけでもないのに、なぜこれほどの犠牲者が出たのか不思議でしたが、この事故は単なる海難事故ではなく人災といえる側面がありました。

「セウォル号」は「フェリーなみのはな」という名前で日本で約10年、働いた後201210月に韓国の清海鎮海運に売却されました。売却後に大きく改造され、最上階の船体後方への客室増設により定員数は804人から921人となりました。貨物は車両180台、20ftコンテナ152個の積載が可能とされ、総排水量も6,825tとなりました。事故の原因としては、まず過積載が挙げられます。仁川港の資料によると、セウォル号は改造後、仁川から済州島へ片道394回航行しましたが、うち246回が過積載でした。136回が2000トン、13回は3000トンを超過していたそうです。

 高校生が傾きつつある船の中から携帯電話で救助を求めましたが、なぜか海洋警察も韓国海軍も到着が遅れました。李という船長は事故発生当時、操舵室を留守にしていたこと、乗客の避難誘導をしなかったこと、真っ先に脱出したことなどで、のちに殺人罪で訴えられ、無期懲役になりました。実は船長は非正規社員であり、当初運航を任されていた47歳の船長に代わって船を操縦していたことが分かっています。操船していた三等航海士も新人で、経験不足でした。乗務員14人が訴えられ、懲役刑に処せられています。

 「セウォル号事件の背景にはグローバル化がある」と経済評論家の三橋貴明氏は鋭い指摘をしています。人の命を預かる船の操船を正規社員でない人間が担っているなど考えられないことです。また、韓国海軍よりも民間の救助船を優先しようとしていたこと、などが当時の韓国におけるグローバル化の影響でした。グローバル化の負の側面が犠牲者約300名を出してしまった、ということになります。当時の大統領は朴槿恵氏でしたが、三橋氏によればこれらの改革は朴大統領の前の李明博政権の時に行われたそうです。

 三橋氏は竹中平蔵が李明博大統領のブレインだったことも指摘しています。グローバル化の負の側面、これは韓国だけの問題ではなく日本も他山の石とすべきだと思います。

 

毎週、土曜日にウェブマガジンを発信しています。ここで書くのとは違うテーマで書きます。メルマガは密閉空間
なので本音トークができると思います。よろしかったらのぞいて見て下さい!

 「岡真樹子の日本人に生まれて良かった」

https://foomii.com/00270

 

 

韓国にすり寄った結果がこれ

  

人気ブログランキングへ   




 410日、韓国の国会議員の総選挙がありました。議会の定数は300議席ですが、与党「国民の力」108議席にとどまり、過半数を大きく割り込みました。尹錫悦大統領の任期はあと3年ありますが、「ねじれ」国会では内政に思い切った政策を実行するのは難しいでしょう。これから大統領にとっては茨の道が始まります。野党「共に民主党」は175議席を獲得しました。「共に民主党」は左派政党といっていいと思いますが、それよりもっとリベラルな「祖国革新党」が12議席を獲得したので、左派は計187議席になりました。野党勢力が全議席の3分の2に当たる200議席を獲得すれば大統領が拒否権を行使した法案を再可決したり、憲法改正案を可決できるようになりますが、そこまでは行きませんでした。

 日本では尹錫悦大統領は「親日派」であり、前大統領、文在寅に比べれば保守的でいい、というイメージがありました。私も前の大統領に比べればマシだろう、と思っていました。しかし政権の支持率は生活費高騰や大統領夫人、金建希が知人から高級ブランドバッグを受け取ったとされる疑惑などを背景に低迷していました。尹大統領の親日が韓国人の反発を招いたのではないか、と見ている人もいるようですがそうではなく、韓国の経済状態が悪いことが一番の原因でしょう。国民は外交よりも内政に力を入れてほしかったのではないか、と思います。

 さて、問題はバイデン政権の理不尽な圧力によって岸田首相が尹大統領の韓国に何の理由もなく、一方的に譲歩してしまったということです。外国為替法、外国貿易法によって戦略物資の一部は経産大臣の許可なく輸出されることが禁止されています。文大統領の時代に韓国に輸出した「フッ化ポリイミド(フッ化水素)」が行方不明になるという事件がありました。高純度のフッ化水素はウラン濃縮やサリンなどの毒ガスの製造にも用いられる危険な物資です。韓国に問い合わせてもきちんとした返答がないので韓国は「ホワイト国」から外されました。しかし岸田首相はラーム・エマニュエル米大使に言われて、韓国を再び「ホワイト国」に戻してしまいました。

 安倍政権、菅政権では中止していた「日韓通貨スワップ協定」も岸田は再開することを閣議決定しました。韓国の通貨、ウォンは国際決済に使える通貨ではありません。円は国際決済に使える通貨だし、日米は引きだし限度枠なしの通貨スワップを結んでいるのですから、もしかしたら紙くずになるかも知れない韓国のウォンをもらう必要はありません。つまり日本は通貨スワップ協定を結ぶことによって、韓国の貿易相手国に対して円でウォンの信用保証をしてあげているようなものなのです。

 尹大統領が「親日派」かどうかは分からないし、たとえ親日派であっても韓国に非がある問題で譲歩は絶対にしてはいけません。韓国が謝罪しない限り、日本が譲歩するのは筋が通りません。岸田首相には日本人としての気概も責任感もなく、ただ自らの延命のために韓国に譲歩してしまいました。結果として日本の国益を損じ、韓国との関係をかえって悪化させたと言えるでしょう。

 次の韓国大統領が誰になるかは分かりません。韓国の大統領は二期できないので、次はおそらく野党「共に民主党」から大統領が出るでしょう。岸田がした愚かな譲歩は日本の国民を怒らせ、韓国に対して切ることのできたカードを失っただけの結果に終わりました。

 

毎週、土曜日にウェブマガジンを発信しています。ここで書くのとは違うテーマで書きます。メルマガは密閉空間
なので本音トークができると思います。よろしかったらのぞいて見て下さい!

 「岡真樹子の日本人に生まれて良かった」

https://foomii.com/00270

 

 

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ