マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

美濃部都政の検証を!

 
 
築地市場の移転問題が巷を賑わわせています。食の安全に関わることですから大切な問題であることは確かです。しかし、その陰に隠れて報道されてないのが、小平にある朝鮮大学校関係者が北朝鮮の金正恩主席に出した(出そうとした?)手紙の問題です。金正恩に対して忠誠を誓うこの手紙は、なんと!「日米を殲滅するために私たちは一丸となって頑張ります」という内容です。日本の領土の中にあり、認可を受けた学校の関係者が堂々とこんな手紙を書いているのだからビックリです!

 この一件から分かるように朝鮮大学校はただの「学校」ではありません。朝鮮総連と深い関係にあり、学校関係者の中には日本人拉致の実行犯もいるのではないか、と疑われている怪しい機関です。工作機関、あるいはテロリスト養成機関といっても過言ではないでしょう。そもそも外国人のための学校は特殊学校(専門学校)に過ぎないのになぜ都によって認可され、支援まで受けているのでしょうか?

 私たちの同胞を拉致するという憎むべき凶悪犯罪の実行犯は未だに一人も逮捕されていません。もし安倍首相が本気で拉致を解決するつもりがあるのなら、国際社会に訴えるだけではなく、国内にいる拉致の実行犯を逮捕して取り調べるべきです。国内問題なのですからお金も根回しも必要ありません。首相の決断一つで今日にでもできるはずです。

 さて、朝鮮大学校を認可したのは1960年代、美濃部都知事の時だったそうです。美濃部亮吉という人は都知事の中で唯一、北朝鮮を訪問した人でした。マルクス経済学者で、北朝鮮の金日成主席の信奉者だったようです。朝日新聞が北朝鮮を「地上の天国」と絶賛していた頃です。しかし、もし朝鮮大学校を都が認可しなかったら、拉致はここまで深刻な問題になっていなかったのではないでしょうか? 石原都知事の都政同様、美濃部都知事の都政も改めて検証すべきではないでしょうか?

 先日、評論家の三浦小太郎さんがチャンネル桜の番組の中で美濃部都知事が朝鮮大学校を認可した経緯について詳しく解説していらっしゃいました。驚くべき内容ですこちらも是非、ご覧下さい!

 美濃部亮吉「都知事12年」と朝鮮大学校の認可 

https://www.youtube.com/watch?v=Rw-JYwQRDd4

カエルの楽園が滅びるまで

 
 百田尚樹さんといえば『海賊とよばれた男』『永遠のゼロ』で有名なベストセラー作家です。しかし『海賊とよばれた男』よりも『永遠のゼロ』よりも、もしかしたら売れているかも知れないのが最新作『カエルの楽園』です。しかし、奇妙なことにこの本は新聞の書評欄ではほとんど扱われていません。テレビやラジオの読書コーナーでも扱われません。それはなぜなのでしょうか?

 『カエルの楽園』の主人公はアマガエルのソクラテスとロベルトです。ソクラテスとロベルトの生れ育った国はある日、凶悪なダルマガエルの群れに襲われ、国を乗っ取られてしまいました。毎日のように、仲間がダルマガエルに食われて死んでいきました。そこで二匹は安住の地を求めて旅に出ることにしました。しかしカエルにとって必要な水のある土地を探すのも一苦労でした。美しい川に出会ったかと思えば、そこにはどう猛なイワナが住んでいました。草原にも森にも岩場にも、どこへ行っても恐ろしい鳥や獣のいないところはありませんでした。一緒に旅に出た仲間は次々と倒れ、死んでいきました。

 苦しい旅の末に二匹は美しい湿原にたどり着きました。そこにはカエルを襲う鳥や獣はいないようでした。そこはツチガエルの国「ナパージュ」というところで、みんな親切で優しく、エサも豊富でした。ツチガエルたちは歌ったり、踊ったりして楽しく日々を過ごしていました。二匹はようやく「楽園」にたどり着いたのだ、という喜びに打ち震えました。しかし、二匹はやがて奇妙なことに気づきました。「ナパージュ」には「三戒」という掟があったのです。「三戒」とは「カエルを信じろ」「カエルと争うな」「争うための力を持つな」というものでした。「ナパージュ」が平和なのは自分たちが「三戒」を信じ、「三戒」を守って暮らしているからだ、とツチガエルたちは口々に言いますが、ソクラテスはなにかおかしいぞ、と感じました。

 ソクラテスとロベルトは「ナパージュ」を探訪して回ることにしました。いろんなツチガエルに会い、質問をして歩きました。やがて「ナパージュ」を支配しているのはスチームボードという巨大なワシであることを知りました。二匹はスチームボードに会いに行くことにしました・・・

 集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法案の採決が行なわれてから約1年が過ぎました。あの時、首相官邸を取り囲んで「戦争法案、はーんたーい!」「安倍政治を許さなーい」と叫んでいた人たちがいました。この法律ができたら徴兵制が敷かれる、と騒いだ憲法学者や自称ジャーナリストがいましたが、1年経ってどうなったのでしょうか? 徴兵制が敷かれたでしょうか? 戦争になったのでしょうか? 一方、さんざん嘘を垂れ流したマスコミは少しは反省したのかと思いきや、NHKは相変わらず官邸前で騒ぐ連中の影像を流し、視聴者に「争うための力を持つな」と説き続けている始末です

 
P8271368

『カエルの楽園』は薄い本ではありませんが、文章がやさしいのであっという間に読めます。今の日本はなにかおかしいぞ、このままで日本を守れるのだろうか、と思っている若い人たちに是非、読んでもらいたいです

テレビが作り出した蓮舫という「虚像」

 
 
 

 民進党代表選挙に出馬している蓮舫代表代行の二重国籍問題がついに日本と台湾の外交問題にまで発展しました。蓮舫さんは9月
13日、記者会見して「私の台湾籍が残っていた」と初めて認めました。しかしどうも、ことの重大さが未だに分かっていないようです。「記憶の不正確さで混乱を招いた。発言が一貫性を欠いていた」とか「今、籍を抜く届け出をしている。手続きが完了すれば確定される」などと発言していますが、国籍というのはそれほど軽い問題なのでしょうか?

 国籍に対する意識が低いということは、即ち国家に対する意識が低いということです。野党第一党の党首になろうとしている人のこの意識の低さには愕然としますが、それも彼女のこれまでの歩みを考えれば納得できます。蓮舫さんが選挙に立候補したきっかけはテレビのニュースキャスターとして人気が出たからです。ニュースキャスターといえば聞こえは良いですが、要するにタレントです。テレビ局の振り付け通りに動く役者のようなものです。

彼女が左派系テレビで活躍していた90年代はグローバリズム全盛で「無国籍は格好良い」ことでした。国家とか国籍にこだわらず、外国語ができて外国生活をした経験があることは自慢の種でした。女性雑誌のインタビューに答えて蓮舫さんは堂々と「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」とか「私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティーは『台湾人』だ」などと答えていました。しかし、彼女が台湾という国を大切に思っているわけではなかったことは、今回の一連の発言から分かります。

 つまり、彼女の発言は単に受け狙いだったわけですが、それは90年代という時代に合っていたので政治家になることができ、ついに野党第一党の党首にまで登りつめることができました。しかし、時代は変わりました。台湾も国民党一党支配の時代が終わり、今は民進党政権です。今の台湾人は、台湾人としてのアイデンティティーをこれまでになく強く意識するようになっています。蓮舫さんの「台湾は国ではなく、中国の一部」という心ない発言は台湾人の激しい怒りを買うことになりました。

 テレビが作り出した「無国籍の地球市民」的なイメージで成功した蓮舫さんでしたが、今回の二重国籍騒動で、彼女が不勉強で嘘つきで誠実さのかけらもない人間であることがバレてしまいました。これからそのツケを払わされることになるでしょう。

 私としては、台湾と日本の友好のために一刻も早く彼女に議員辞職してほしいです

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ