マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

「祝日に日の丸掲揚」がニュースになる国

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                   


 



 
108日の「体育の日」に大阪、豊中市にある阪急宝塚線「服部天神」駅前の商店街に一斉に日の丸が掲揚された、と産経新聞が報じました。記事に写真も添えられていて、ずらっと並ぶ日の丸が風になびく様子がよく分かりました。これが朝日新聞なら間違いなく批判記事になるのでしょうが、もちろん産経新聞ですから批判ではありません。ちょっといい話、という感じの記事です。この商店街は足の神様「服部天神宮」というお宮のおひざ元にある商店街だそうです。同商店街会長の広田耕一郎氏が「門前町としての風情をアピールしたい」ということで提案し、今回で三回目の掲揚だそうです。記事はさらに「外国人観光客が写真撮影をしたり、『壮観ですね』と声をかけられたりして、好評を得ている」と続きます。

 この記事を読んだ読者はどういうことを考えるのかな? あっそう、ふーん、っていう感じなんでしょうか。日の丸が風になびく様子を見て「うわっ、何、これ。怖―い」と感じる人よりは「あらっ、綺麗ね!」と感じる人の方がおそらくは多いと思います。日の丸って一つだけでも十分綺麗ですが、たくさんあると、もっと綺麗ですから。何も祝日に限らず、毎日でも、好きな時に掲げたいと思うほど綺麗だと思います。よその国の旗ではなく、自国の旗なのだから、祝日には多威張りで掲げればいいのに、実際には祝日に車で走っても、日の丸を見かけることは滅多にありません。寂しい、というか異様な感じです。

 日本には「国旗国歌法」という法律があって、儀式の際に国旗を掲げ、国歌を歌うことは法律で義務付けられているのです。それなのに、「国旗や国歌を強制することは、個人の内面の自由を侵害する」などという左翼の屁理屈に洗脳されて、何となく日の丸が好きになれない人は随分、勿体ないことをしていると思いますよ。日の丸のデザインは世界一シンプルで、あまりにも美しいためにフランスから「売ってほしい」と言われたことがあるのです。その時、ご先祖様が売らなかったから、今、私たちは日の丸を掲げることができるのです。もし中国に侵略されたら、私たちは五星紅旗を掲げさせられるわけですが、あの真っ赤な旗こそがまさに血塗られた、チベットやウイグルへの侵略と弾圧の象徴ではありませんか。なぜ左翼は中国の国旗には文句をつけないのか、訳が分かりません。

 外国へ行くと、特に祝日でもないのに、官公庁はもちろん学校やレストランなどに国旗が翻っています。いつか、インドネシアに行ったとき、あまりに旗が多いので、最初はそれが国旗だとは思いませんでした。インドネシアの国旗は赤と白の二色ですが、風雨にさらされて色が褪せ、中にはボロボロになった旗が家の軒先に、どこの家もどこの家も掲げています。おそらく、ずっと掲げっぱなしなのでしょう。これが世界基準、グローバルスタンダードなのです。

 戦争に一度負けたからといって国旗を掲げることに後ろめたさを感じるのなら、世界で自信を持って国旗を掲げることのできる国なんか一つもなくなってしまいます。アジアでもっとも多くの植民地を持ち、有色人種を奴隷にしていた国はイギリスですが、誰もイギリスの国旗を「血塗られた侵略の象徴」なんて言わないじゃありませんか。おかしいですよね。歴史を冷静に検証すれば、日の丸こそが「平和の象徴」であることに気づくはずです。

 これからは外国人観光客を呼び込みたい町の商店街は、日の丸を掲揚することにしたらどうでしょうか。日の丸をあしらったTシャツや和風小物なども売れば外国人は喜んで買っていくでしょう。

 


  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                   


 

祝日は単なる休日ではない

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                   


 
108日は「体育の日」でしたが、なぜ108日が「体育の日」なのか、答えられる人が今、日本にどれぐらいいるのでしょうか? 若い人はおそらく誰も分からないでしょう。学校でもマスコミでもなぜ108日が「体育の日」なのか、説明していないと思います。それもそのはず、「体育の日」は本当は10月8日ではなく1010日だからです。

 昭和391964)年1010日に夏季オリンピック東京大会の開会式が挙行されたことから昭和411966)年、国民の祝日に「体育の日」が加えられました。昭和39年といえば日本が独立を回復し、国際社会に復帰してまだ20年しか経っていません。考えてみれば、これは凄いことです。空襲や原爆で国土が焦土となり、国民が飢えに苦しむような状況から、たった20年で(!)夏季オリンピックを成功裡に開催できるまでに復興したのです。アジアで日本に次いでオリンピックを開催したのは韓国ですが、ソウルオリンピックは昭和631988)年、北京オリンピックは平成202008)年です。それを考えると、東京オリンピックの開催がいかに快挙であったかが分かります。

 前日は台風が接近していて天気が心配されましたが、1010日の開会式当日は秋晴れになりました。池田首相も開会式に参列していましたが、開会宣言をされたのは昭和天皇でした。天才作曲家といわれた古関裕而が作曲した「オリンピック・マーチ」に乗って入場行進が行われると、観衆の興奮は最高潮に達しました。開会式に続く競技でも日本選手の活躍ぶりは戦争のブランクを感じさせないものでした。女子バレーボールで日本がソ連を破って優勝した決勝戦の視聴率は66.8%で、スポーツ中継としては歴代最高でした。東京オリンピックは敗戦の痛手から国民が立ち直り、自信を取り戻すきっかけになった、まさに民族の祭典でした。

 私たちの世代はかろうじて東京オリンピックの興奮を覚えています。私と同年代の友人は車マニアなので、納車の日をわざと祝日に合わせていました。自分の記念に、忘れないようにするためです。「30年前の体育の日はさ、俺のフェアレディ2000が納車になった記念すべき日だったんだよなあー。それが今では、体育の日が1010日じゃなくなったんだからな。何が何だか分からなくなっちゃった」とぼやいていました。彼だけではありません。うちの近所のお寿司屋さんは開店記念日を「成人の日」115日にしたそうですが、今は成人の日は年ごとに違う日付けになってしまいました。開店記念日の感動も薄らいでしまいます。結婚記念日を祝日に合わせた人もいます。思い出の日を忘れないようにするためです。

 「体育の日」はなぜ1010日でなくなってしまったのでしょうか? 平成13年(2001年)に「改正祝日法」というトンデモ法律が成立したからです。三連休を意図的に作り出すために祝日を移動させるという法律でした。しかし、すべての祝日を移動させたわけではなく、重要な祝日は残し、どーでもいい(と議員たちが考えた)祝日だけが移動させられたのです。その結果、何が起きたでしょうか?

 祝日は単なる休日ではなく、国民全員の思い出の日であり、次世代に民族の記憶を伝える日です。それが今は、誰も祝日の意味を知らず、考えることもなくなってしまっています。自宅の玄関先に日の丸を掲揚して、みんなでこぞって祝う晴れがましい日のはずが、単なる三連休の一日にされてしまっています。このことのダメージは目に見えませんが、国民の一体感を大きく削いでいます。

 三連休にすれば国民が郊外にドライブしたり、観光地にお金を落とすだろう、という浅はかな考えで作った法律だったのでしょうが、では実際に経済効果が上がっているのでしょうか? 遊ぶお金というのは生活に余裕がなければ生まれません。生活自体が苦しいのに遊びに行く人はいません。遊ぶお金に不自由しない、裕福な階層というのは今、どれぐらいいるのでしょうか? 連休に遊びに行ける時間的余裕のある人がどれぐらいいるのでしょうか? デフレから脱却できていない段階で、消費税を増税したりすれば、ますます旅行どころではない、ということになります。実際、今、観光にもっともお金を落とすのは日本人ではなく外国人、という皮肉な状況になっています。

 以前はタクシーの運転手が稼げるのは「休日の前日の夜」だったそうです。しかし三連休を意図的に作った結果、「休日の前日の夜」が減って売り上げは大幅にダウン、だそうです。学校も授業時間のやりくりに困っています。月曜日の授業が減ると、文科省が定めた一年間の授業時間数を満たすことができません。仕方なく祝日も登校日にしたりしています。これではますます若者が「祝日の意味」を感じることができなくなってしまいます。「改正祝日法」を成立させたアホ議員たちはこの結果に対してどう責任を取るのでしょうか?

 自国の歴史に無関心で、経済界の一部(経団連でしょ、どうせ)の言いなりになる議員が多すぎます。「ハッピーマンデー法」は国民を不幸にする悪法です。さっさと廃止にすべきでしょう。

 

 

 

   ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                  

支持! 韓国への護衛艦派遣見送り

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                  
 

 



 防衛省が韓国で行われる「国際観艦式」への日本の参加を取りやめたことを知っていますか? 理由は韓国側が「旭日旗を掲揚しないでくれ」という非常識な(異常な)要求をしてきたからです。小野寺元衛相が「韓国側の要求は断固として拒否する」と発言したにもかかわらず、相変わらず韓国側が譲歩する姿勢を見せなかったことに対して、防衛省が護衛艦の派遣自体を取りやめたわけです。至極まっとうで、良い判断だと思います。

 韓国では旭日旗を勝手に「戦犯旗」などと呼んでいますが、根拠なく他国の旗を貶めているわけです。旭日旗は大漁の時に漁船が掲げる旗であり、今は正式な海上自衛隊の旗です。自衛隊法で掲揚が義務付けられていますし、国連海洋法条約でも「船の国籍と、その船が軍隊に所属していることを示す外部標識の掲揚」が規定されています。そうしないと、民間の船と間違える可能性もあるからです。韓国にも海軍があるのですから、国際法や国際的なルールはもちろん分かっているはずです。こんなことを他国に要求するのは韓国軍の恥さらし以外の何者でもないのですが韓国軍は一体、何をしているのでしょうか?

 最近の韓国は、完全に軍が存在感を失っています。文在寅大統領が金正恩と会った際に、韓国軍のトップと北朝鮮軍のトップの合意も発表されましたが、驚くべきことに「非武装地帯の廃止」などということが話し合われていました。38度線の両側に広がる非武装地帯は、万一、南北の軍事衝突があった場合に備えて設置されています。それを廃止しようというのですから、正気の沙汰とは思えません。

 日本ではあまり報道されませんが、韓国と北朝鮮は統一をにらんでどんどん話し合いを進めています。スポーツの国際大会があるたびに、北朝鮮の選手と韓国の選手が一緒に「統一チーム」を作って参加する方向で話を進めています。たかがスポーツの話ではなく、明らかに近い将来の南北朝鮮の統一をにらんでいます。おかしな話だし、危険な方向に進んでいます。

 これまで日本が韓国に援助を惜しまなかったのは、同じ資本主義、自由主義の国同士だから、という部分が大きかったと思います。もちろんアメリカの圧力もあったでしょう。しかし最近の韓国を見ていると、北朝鮮の一部に自らなろうとしているとしか思えません。自由主義で、それなりに発展している国が共産主義で全体主義の国にすり寄り、北朝鮮の一部になろうとしているのです。朝鮮戦争で韓国を守るために血を流した軍人たちはなぜ怒らないのでしょうか。

 今回のように、韓国の日本に対する誹謗中傷や無礼な嫌がらせに対して、日本は断固とした姿勢を見せていかなければなりません。今回の防衛省の対応は素晴らしかったです

 政府もこれまでの曖昧な、甘すぎる対応は止めて、韓国に経済制裁をするぐらいの毅然とした対応をしてもらいたいです。

 

 

 

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                  
 

 

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ