マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

モンゴル国籍のまま一代年寄を望む白鵬

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ   
 
 
大相撲春場所の稀勢の里の優勝には誰もが興奮したのではないでしょうか? 稀勢の里が左肩を負傷して病院へ行った時はああ、もうこれで休場か、とがっかりしたファンも多かったでしょう。しかし休まずに土俵をつとめ、二敗になっても諦めずに取り続けた姿勢は立派でした。いつも淡々として表情を変えないところも力士らしい力士ですよね。千秋楽、稀勢の里が照ノ富士を破って優勝を決めた瞬間、場内には大歓声が沸き起こりました。そりゃそうですよ、二場所連続の日本人横綱の優勝なんですからね!

 負けた照ノ富士は前日のことが響いたのでしょうか。実は前日、琴奨菊との対戦で、立ち合いで変化して買った照ノ富士に激しいブーイングが浴びせらたのです。「勝負しろよ!」とか「取り直せ!」「恥を知れ!」なかには「モンゴルへ帰れ!」というものもありました。そのブーイングは次の取り組みが始まっても止まず、そのせいで集中できなかった日馬富士は玉鷲にあっさりと負けてしまいました。日馬富士が「こんなブーイングは初めてだった」と言ったぐらいですから、相当激しいブーイングだったのでしょう。なぜ観客が怒ったか、というと、琴奨菊はこれで大関復帰の望みがなくなってしまったからです。まあ、堂々と取って琴奨菊が負けたのなら仕方ありませんが、照ノ富士が変化して、あっという間に勝負が決まってしまったので観客の不満が爆発したのです。

 相撲は単なるスポーツではありません。どんなやり方でも勝てばいい、というものではなく取り組みの内容が問題です。観客も大一番を期待して見に来ているのに、大関にまでなった照ノ富士がそのことを未だに理解できていないのはガッカリです。ああ、やっぱりモンゴル人なんだなあ、と思わざるを得ません。これはモンゴル人を差別して言うのではありません。日本の相撲はもともと神事で、神に捧げるものです。同じ相撲といってもモンゴル相撲とは文化の背景が違います。その日本の相撲の特殊性を外国人に理解しろ、という方が無理でしょう。

 例えば土俵の上で相手をにらみつけたり、威嚇するような態度はNGです。日馬富士や鶴竜はそれを理解しているようですが、白鵬や照ノ富士は時々、相手をにらみつけています。また勝負が決まった後、ダメ押しをして相手を土俵下に落とすのも感じが悪いです。相撲は神様に見ていただくもの、なのですから。

 さて白鵬はどうもモンゴル国籍のまま一代年寄になることを望んでいるようです。一代年寄というのは、優れた功績を残した力士に認められる年寄名跡のことです。通常の年寄とは別枠で、一代に限って認められます。引退時の四股名のまま年寄になれるというもので、日本相撲協会の理事会が決定します。白鵬は確かにすぐれた功績を残したのですから年寄になるのは当然ですが、それならなぜ帰化しないのでしょうか? 自分を育ててくれた相撲に対する感謝があり、引退後も日本の相撲に貢献したい、と思うのなら帰化すべきです。

 白鵬は何か勘違いしているのではないでしょうか? 横綱はそれなりの品格が求められる地位なのだということを忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ   
 

忘れられた中将、樋口季一郎

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ   
 

 
 ユダヤ人がナチス・ドイツによって迫害を受けていた時代、リトアニアに駐在していた日本人外交官、杉原千畝がリトアニアに逃げてきたユダヤ人難民にビザを発給して命を助けた話は最近、映画化もされ、知っている人はかなり多いはずです(あの映画には嘘が多いですが)。しかし杉原千畝のビザ発給より
2年前の昭和13年(1938年)、もう一つの「ユダヤ人救出劇」があったことをご存知ですか? もう一つの救出劇の主人公とは、当時満州のハルピン特務機関長だった樋口季一郎という人でした。ソ連と満州の国境近くのオトポールという場所で起きたことなので「オトポール事件」と呼ばれています。

 シベリアからオトポールに到着したユダヤ人難民に対して満州国外交部は入国を拒否しました。しかし樋口季一郎は満州国外交部に働きかけ、ビザの発給を強く促しました。満鉄総裁の松岡洋右にも働きかけ、ユダヤ人難民をハルピンまで特別列車で運ばせもしました。しかし満州国は日本の傀儡的性格があったとはいえ一応、独立国です。またドイツは当時、日本の同盟国です。後日、ドイツから日本政府に正式に抗議文書が届いたそうです。

 大東亜戦争のさなか、日本陸軍にあって大きな足跡を残しながらほとんど知られていない樋口季一郎の人生を描いた評伝『指揮官の決断 満州とアッツの将軍 樋口季一郎』(文春新書758 810円)を読みました。著者はノンフィクション作家の早坂隆氏です。早坂さんはイスラエルにまで足を運び丹念に取材を重ねていらっしゃいます。樋口の子供や孫、多くの関係者の貴重な証言もあります。資料や証言によって樋口季一郎という人の人間性や当時の軍内部の力関係なども浮き彫りになります。

P3221392
 
 戦後、ソ連が樋口を戦犯容疑で取り調べようとした時、ユダヤ人たちの間で樋口の救出運動が起こりました。ニューヨークに本部のある世界ユダヤ協会がソ連の要求を拒否するよう、アメリカ国防総省に訴えたそうです。世界ユダヤ協会の幹部の中には樋口が指示し、発給されたビザによって救われた人もいたそうです。その運動が功を奏したのか、樋口に対する戦犯引き渡し要求は立ち消えとなりました。

 多くの部下を率いる立場にある将校には冷静な判断力と迅速な決断力が求められます。それは今、自衛隊の幹部にも共通することでしょう。命令を下される側と命令を下す側、どちらにも苦悩があるのです。指揮官とはどうあるべきなのか、そんなことを考えさせられる一冊です

 

 

 

 

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ   
 

 

 

 

こんな「言論の自由」はいらない

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ   
 

321日、宮古島市議会は1月の補欠選挙で当選した石嶺香織議員に対して辞職勧告決議を賛成多数(賛成20
、反対3、欠席1)で可決しました。石嶺香織議員が何をしたか、というと自分のフェイスブックに9日「海兵隊から訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」とか「宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない」とか「軍隊とはそういうものだ」とか「私は自分の娘を危険にさらしたくない」などと書いて投稿したそうです。この投稿に批判が殺到すると、弁明をまたフェイスブックに投稿しましたが再び批判を受けたため、投稿を削除したそうです。

 市議会側は「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言と言わざるを得ず、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」と石嶺議員を批判していますが当然でしょう。まだ何も起きていないうちから「絶対に婦女暴行事件が起こる」というのは妄想なので、病院へ行った方がいいと思います。また「海兵隊から訓練を受けた自衛隊は今までの自衛隊ではない」というのは意味不明です。なぜ海兵隊と一緒に訓練を受けると婦女暴行をするようになるのか?? 議員の資格があるとかないとかいう以前に「頭、大丈夫?」というレベルでしょう。

 この人、宮古島の議員になるのだから宮古島出身なのかと思いきや福岡のご出身だそうです。宮古島に移住したのは2008年、なんでも宮古上布の技能を学ぶために宮古島に移り住んだということですが本当なのでしょうか? 社民党の福島瑞穂が石嶺議員にいろいろ教えてあげているようですが、怪しいですね。石嶺議員のバックには「石嶺かおり後援会~てぃだぬふぁネット~」という団体がついているそうで、これは宮古島への自衛隊配備に反対する母親の会だそうです。

 一般人ならともかく(一般人でも問題ですが)これが議員の発言なのだから呆れてしまいます。しかし、彼女一人に責任があるわけではありません。こういう人が出る背景には戦後日本の病理があることは確かです。戦後の日本では日本軍を貶めたり警察や自衛隊、果ては天皇陛下を貶めたりする自由が無制限にあるのです。今でも何も変わっていません。毎年815日、靖国神社の前を「反天連」という集団がデモ行進をします。反天連=反天皇制連絡協議会、つまり天皇制(これは共産党用語。正しくは皇室)に反対することを堂々と掲げる集団がデモを申請すると許可されるのです。そして警官を罵りながら、警官に守られてデモ行進するのです。

 もしイギリスでエリザベス女王の顔を模した骸骨を手に持ってデモ行進したらどうなるでしょうか? 間違いなく袋叩きに遭うでしょうし、まずデモ自体が許可されないでしょう。自国の政治家や政策に反対するデモはあっても自国の王室に反対するデモなどある訳がないのです。しかし日本ではそれが許されます。だから石嶺議員のような勘違い女が出てくるのです。

 戦後日本の言論空間が変わらない限り第二、第三の石嶺議員が出てくるだけでしょう。

 

 ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  

 

 

 

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ