マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

今こそ「河野談話」を撤回するチャンス

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  



 第二次安部・第三次改造内閣の顔ぶれの中で一番、意外だったのは河野太郎外務大臣でしょう。河野、といえばだれでも思い浮かべるのが「河野談話」。河野太郎氏の父親、河野洋平が出した売国談話です。韓国が主張する「慰安婦の強制連行」という嘘に自民党の大物政治家である河野洋平がお墨付きを与えてしまい、朝日新聞がそれを大々的に報じました。河野洋平のやったことは万死に値します。

「河野談話」は199384日に出されました。河野洋平が宮沢内閣の官房長官だった時に出したもので、正式には「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」といいます。韓国人元慰安婦(だったと主張する)16人から聞き取り調査をして、その結果を元に出したものですが、その16人の選定に日本政府は関わることができませんでした。韓国政府が一方的に選んだ16人だったということは当時の内閣官房副長官だった石原伸雄さんが国会で証言なさっています。そして、その16人は口々に「自分は強制的に慰安婦にされた」「ヒドイ目に遭った」「日本政府に謝罪と賠償をして欲しい」と訴えたらしいですが、しかし彼女たちは自分の名前や生年月日すらよく覚えていませんでした。自分が慰安婦にされた場所も、日本軍が駐屯していなかった場所の名前を言ったりする始末。にもかかわらず日本政府は彼女たちの怪しげな「証言」を鵜呑みにして、裏付け調査すらしませんでした。彼女たちの主張に反論する気など最初からなかったのです。

 「河野談話」の文章の中には「強制連行」という文言は入っていません。「強制連行」という文言を入れることにはおそらく政府か外務省が抵抗したのだと思います。しかし談話を発表した後の記者会見での記者とのやり取りで河野洋平が強制連行を認めるかのような発言をしたので、「日本政府は慰安婦の強制連行を認めた」ことになってしまいました。第二次安倍内閣になってようやく外務省は事実関係に関する反論をし始めました。しかし、いったん世界中に広まってしまった嘘はなかなか一朝一夕に払拭できるものではありません。

本来、「談話」には何の法的拘束力もありません。ですから政権が変わり、官房長官が変わった時に新しい談話を出せば良かったのです。そのチャンスは何度もあったはずですが、自民党は党の先輩の顔を立てた(?)のか、動こうとはしませんでした。しかし今、絶好のチャンスが巡ってきたのかも知れません。

 河野太郎氏には父親を政治的に超えてほしいと思います。「河野談話」を河野外相が取り消すことができれば韓国にとって悪夢となるでしょう。

 

 

 

 ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

映画「台湾萬歳」を見て

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
 
 


 夏休みにお勧めの映画をご紹介します。東京では「ポレポレ東中野」、大阪では「第七藝術劇場」、名古屋では「名古屋シネマテーク」、神奈川では「横浜シネマ・ジャック&ベティ」、京都は「京都シネマ」、兵庫の「元町映画館」で上映中の「台湾萬歳」という映画です。
 あまり知られていないようですが、台湾は他民族国家です。1894年、日清戦争に勝ってわが国は台湾を領有しましたが、その時、台湾にいたのは中国系民族(中国系といっても韓民族ではなく、南方の民族)よりも原住民(高砂族と呼ばれた人たち)のほうが多かったのです。彼らはマレー・ポリネシアン系の民族で30以上の部族があり、言語が違うのですぐ隣の部族とも意思の疎通が難しい状態でした。清は台湾の教育に投資をしなかったので、結局、原住民にとっては最初の共通語が日本語だったのです。共通の言語を得たことによって同じ国の国民という意識が生まれ、それが台湾の近代化を早めました。それだけに日本語に対する台湾人の愛着は非常に強いものです。
 1945年、わが国の敗戦後、台湾には中国国民党の軍隊が侵入しました。台湾人が日本語を話すことは禁じられ、北京語教育が一斉に始まりました。今、日本語を流暢に話せる人たち(日本語世代)は90代以上です。映画「台湾萬歳」に登場して酒井充子監督のインタビューに答えている人たちは日本語世代の孫世代に当たります。
 「台湾萬歳」は酒井監督の三部作の最終章ということで、前二作も私は拝見しました。監督の台湾に対する思いがどの映画にも詰まっていて感動的ではあるのですが、年々、日本語や日本文化を知る人が少なくなっている現状も皮肉なことに映画の画面から垣間見えてしまいます。この映画のテーマは「変わらない台湾」だということなのですが、残念ながら私には「変わる台湾」という印象のほうが強かったです。
 このドキュメンタリー映画の舞台に選ばれたのは台湾南部、台東懸成功鎮というところです。海も山もあり、自然と共存するのどかな村という感じ。昔ながらの暮らしを守る人々の表情は明るく、素朴で穏やかです。
 この映画を見れば台湾が中国の一部でないことは一目瞭然でしょう。台湾人は海洋民族であり、祖先と自然を祀るという点も日本人と似ています。台湾には仏教も道教もありますが、根本的には祖先崇拝、自然崇拝(原始信仰)が強いようです。アジアの中でもっとも日本人を理解し、日本人とウマが合うのはやはり台湾人なのです。
  映画「台湾萬歳」公式サイト
http://taiwan-banzai.com/


ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
 

「代表辞任」で済む話ではない

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
 



 民進党の蓮舫代表が727日、突如、辞任を発表しました。代表に就任して一年も経たないうちの辞任でした。718日、自身の戸籍や台湾籍からの離脱許可証明証、パスポートを開示した時には辞めるという意思は微塵も見せなかったのに、一体、何があったのでしょうか? 野田幹事長が辞任した後、執行部の人事が思うように進まなかったとか、内ゲバだとか、いろいろ取りざたされていますが、それは民進党内部でのこと。一番、問題なのは「二重国籍問題」でのけじめはまだついていないことです。拙ブログで何度も言っているように蓮舫氏は国籍法違反、公職選挙法違反をした犯罪者であり、単に時効に救われただけです。時効だろうが何だろうが罪は罪、一度、議員辞職しなければおかしいです。

 辞任会見の時、ある記者が「二重国籍問題のことが影響したんですか?」という質問(表現は違ったかも)をしたのですが、蓮舫はシラっと否定しただけ。では、なぜ突如の辞任になったのか、という明確な説明は一切なし。こんな会見をやる意味があるのでしょうか? あれだけ安倍首相を責め立て、人格を否定するような暴言を吐いていたのに、自分の説明責任は何も果たさず幕引きを図る・・・? 蓮舫がこの一年、やったことは民進党の評価を急降下させる(もともと落ちていたけど)ことだけだったのではないでしょうか?

 先日、戸籍などの書類を開示したことで新たな疑惑が浮上しました。蓮舫の家族についての疑惑も多々、ネットでは取りざたされています。蓮舫が国会議員にとどまりたいのなら、それらの国民の疑惑に真摯に答える責務があるのに、「自分を見つめなおしたい」って・・・・ハア? そんな誤魔化しでお茶を濁されてしまう記者もつくづく情けないですね。

 先日、蓮舫が戸籍を開示すると言ったら「戸籍は開示すべきではない」とか「出自で人を差別する社会にしてはならない」とか言ったバカがいます。蓮舫が国会議員だから「二重国籍」が問題になるのであって、一般人に対して誰でも彼でも「戸籍を開示すべきだ」と言っているわけではありません。二重国籍者が国会議員になれる国なんて、異常な状態なのです。

 アメリカやヨーロッパのような移民の多い国ではもともと二重国籍者が多く、法的に認めている国もあります。だからといって、それらの国が国籍を軽んじているわけではありません。例えばフランスでも二重国籍者が国会議員になる場合がありますが、それらの議員には常にフランスに対する忠誠心を表明することが求められます。議員も率先して国家に対する愛情を機会があるごとに口にします。そうでなければ有権者の理解を得ることはできません。それが国際常識であって、日本がおかしいのです。

 国籍とは自分の帰属意識の現れであって、帰属意識があいまいな人を信用できるわけがありません。蓮舫は「グローバル時代に国籍にこだわることはおかしい」なんて言っていましたが、グローバル時代だからこそ国籍法は厳格に運用されなければなりません。日本は二重国籍を認めない、と言いながら運用がユルユルで、抜け穴だらけです。

 蓮舫は一度、議員辞職すべきです。

 

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ 
 

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ