マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

脚本家不在のテレビドラマ

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ    
 



新年明けましておめでとうございます。今年も御愛読いただければ幸甚に存じます。

 

 去年、上半期の決算でフジテレビが赤字に転落しました。視聴率に関しては、フジテレビは既に東京テレビに次ぐワースト二位でしたが、それでも黒字を保っていたのは本業ではなく副業の不動産収入などが堅調だったからだそうです。でも、ついに赤字に転落しました。さんざん韓流ドラマを垂れ流し、視聴者の怒りと反発を買ったことがここまで尾を引いたのだと思います。

 フジテレビが去年十月、大々的に宣伝していた「民衆の敵」というドラマがありました。主演女優は篠原涼子。月曜日の夜9時~というプライムタイムに放送されたわけですが、このドラマの全10回の平均視聴率がなんと! ワースト記録を更新しました。どれぐらい輝かしい数字だったかというと・・・

1023日(初回)9%  1030日 7.1%  116日  7.5%  1113日 7.6%  1120日 6.9%  1127日 6.5%  124日  5.8%  1211日 5.3%  1218日  7.0%  1225日(最終回)  4.6%  ←皆さんはこの数字をどうご覧になるでしょうか?

 テレビというのは視聴率1%で100万人の人が見ているそうです。ですから視聴率7%で700万人、視聴率8%で800万人です。私にしてみれば、こんなつまらないドラマを700万人も800万人もの人が見ているということ自体が驚きですが、それでもドラマ隆盛を誇っていた時代のフジテレビからすれば、考えられないぐらいの惨めな数字でしょう。

 結局、日本のテレビ業界はすぐれた脚本家を失ったのだろうな、と思います。安易に外国のドラマを受け入れ、日本人の脚本家や演出家を育ててこなかったツケが回ってきたのではないのでしょうか。

 フジテレビに比べればドラマの視聴率では優勢なのがテレビ朝日です。地上波ではそこそこ好調なようです。しかし私はたまたまBSテレ朝の「松本清張シリーズ」というのを見たのですが、原作を大きく変えていました。いくら作者が亡くなっているからといって、こんなに話を変えていいのか、と思いました。私が見たのは「砂の器」。脚本家は竹山洋です。

 「砂の器」はあまりにも有名ですから、詳しく説明する必要もないかも知れません。ある殺人事件が起こります。謎の多い事件で、その謎を追っていく刑事の物語です。被害者は以前、鳥取県で巡査をしていたことがあって、無類の好人物で、人の恨みを買うような人物ではないことが分かります。被害者は定年退職後、悠々自適の暮らしをしていましたが、思い立って伊勢参りに出かけます。しかし、なぜか伊勢には行かずに東京に向かい、東京で殺されます。なぜ伊勢には行かずに東京へ向かったのか。その謎は大阪でたまたま入った映画館で見た映画にあったことが分かります。

 犯人は被害者が巡査時代、引き取って世話をしていた子供だったことが分かります。人のいい巡査は実の子供のように可愛がっていたのですがある日、その子は失踪します。実の父親を慕って失踪したわけです。父親は原作ではライ病患者で、感染をおそれた村人が父親と子供を引き離したことになっていました。しかしテレ朝のドラマでは、父親は放火犯だと疑われて村人に追放され、息子と二人で放浪の旅に出ることになっています。これだと父親と息子を無理やり引き離す理由が分からなくなります。

 ライ病は当時、不治の病として恐れられていました。成長して作曲家として成功した息子は自分の過去を消すために名前を変え、まったく別の人間になりすましていました。そんな息子のところへある日突然、自分を育ててくれた巡査が訪ねてきたのです。自分の過去を知る唯一の人物だということが殺人の理由でした。しかし、これもライ病というキーワードをなくしてしまうと、なぜ犯人が殺人まで犯さなければならなかったのか、という必然性がぼやけてしまいます。この物語のキーワードはライ病なのですから。

 新しい物語を作る技量がなくて既存の原作を使わざるを得ないのでしょうが、これほどの名作を勝手に作り替えたら松本清張が怒るのではないでしょうか。映画も原作をよく作り替えたりしていますが、基本的に原作よりもつまらなくする結果になっています。

 原作を作り替えて原作に傷をつけるのは止めるべきです。

 

 

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ    
 
 

天安門事件の犠牲者は一万人以上!

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ    
 

 
ジャーナリストの西村幸佑さんによると1223日、イギリス外務省がこれまで未公開だった外交文書を公開したそうです。さて、その中身は・・・・今から28年前、198964日、北京の天安門広場で民主化を求める学生たちを人民解放軍が鎮圧、流血の大惨事が起きた時、北京にいたイギリスの外交官が現地の情報を収集し、本国に送った電報だそうです。そこにはなんと! 「天安門事件で少なくとも一万人以上が虐殺された」と書いてあったというのですから衝撃的です。すぐに反応しそうな中国政府がイギリスに対して抗議していないところを見ると、かなり信憑性のある数字ではないか、と思われます。さすが情報収集にかけてはプロのイギリス人ですね~

 天安門事件の犠牲者の数についてはこれまでもいろいろと推測されていましたが、なにせ情報統制が厳しい国です。聞くところによると、天安門事件の犠牲者の遺族に対しても当局による嫌がらせや尋問などが行われていて、遺族も声を上げられない状況が続いているようです。

 1224日、このイギリスの外交文書公開のニュースが世界を駆け巡りました。ところが驚くべきことに、日本のマスメディアはこのニュースをほとんど取り上げていません。本来なら一面トップのニュースのはずなのに。わずかに朝日新聞が目立たないベタ記事で取り上げたそうですが読売新聞も産経新聞も報じていない(?)のはなぜなのでしょうか? みんな北京に忖度して取り上げなかったのでしょうか?

 NHKは約20年前、「クローズアップ現代」という番組で国谷裕子キャスターが「天安門事件の死者は一人もいない」とはっきり言ったのですから、当然、イギリス政府に抗議しなくてはいけないはずです。「そんな数字は嘘だぁ~! 根拠はどこにあるんだ~!」とNHKはなぜ抗議しないのでしょうか?

 ちょっと面白いのは香港のメディアです。香港のメディアは「イギリス外務省が、天安門事件の犠牲者の数は千人から三千人だと言っている」という形で報じたそうです。いくら北京に忖度したとはいえ、ずいぶん数字を変えてしまっています。まあ、それでも報道しないよりはマシですが。日本のマスメディアの状況は香港並みか、あるいはもっと悪いかも知れません。

 今、このタイミングでイギリスがこのような文書を公開したのには、もちろん政治的な背景があります。中国に接近するドイツを牽制する意図があるのかも知れません。また香港はかつてのイギリスの植民地です。中国に返還されて以来、人権状況が悪化の一途をたどる香港に対してイギリスが影響力を強めたいという狙いがあるのかも知れません。しかし、どのような意図があるにせよ、日本にとって、また中国に弾圧されている多くの民族にとって歓迎すべきニュースなのです。それを無視する日本のマスメディアはもはや存在価値がないと言わざるを得ません。

 かつて江藤淳さんは、戦後日本の言論空間を「閉ざされた言語空間」と表現しましたが、戦後72年経ってもまだ日本の言語空間は閉ざされたままです。この言語空間に風穴を開ける動きが来年こそ、あってほしいものです。

 今年一年、拙ブログをお読みいただきまして有難うございました。来年もまた宜しくお願い致します。

 

 

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ    
 

平昌オリンピックの行方

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ    
 


 北海道松前町にある無人島、松前小島に北朝鮮から来た木造船が流れ着き、島の避難小屋にあったテレビや冷蔵庫、ミニバイクなどが盗まれたということを「産経新聞」が報じました(20171210日付け)。この場合は盗難という事件があったので報道されましたが、実は北朝鮮から来た木造船が日本海沿岸の町に漂着するということは今年初めから頻繁に起きています。無人の船が多かったようですが、最近は船内に白骨化した遺体があるというケースが増えてきました。船の数が最近、増えてきたのでニュースになっていますが、もしかしたら船に乗っていた人間が既に上陸し、日本国内に潜伏して、何か活動をしているという可能性も考えられます。その人数も、日本に来た目的も、依然として不明のままです。

 韓国に目を転じれば、北朝鮮との軍事境界線を越えて韓国に亡命する北朝鮮兵士がいました。軍事境界線を越えようとした際に北の兵士に銃撃され、韓国の病院で手術を受けた際に、消化器官から数十匹の寄生虫が発見されたそうです。

 韓国で大きな火災があったことは報道されましたが、もっと重要だと思われる韓国東南部の都市、浦項で十一月に大地震があったことはなぜか報道されていません。元警視庁通訳捜査官の坂東忠信さんがご自身のブログや雑誌への寄稿で明らかになさっていますが、地震で倒壊した建物の写真や映像を見る限りではかなり甚大な被害があったと推測されるそうです。しかし韓国メディアはなぜか「けが人62人、住宅被害1200棟、死者はなし」としか報じていません。以前、韓国は地震のない国、と思われていましたが浦項地震のあと、余震にも何回か見舞われたようです。

 このいくつかの現象を見ると、朝鮮半島で何か異変が起きているのではないか、と感じるのは私だけではないはずです。アメリカによる北朝鮮への攻撃という事態が起きても起きなくても、目と鼻の先にある朝鮮半島に異変が起きれば、日本に影響を及ぼさないはずはありません。にもかかわらずテレビは来る日も来る日もパンダと相撲の話しかしません。日本のマスメディアの、このレベルの低さは救い難いと思います。

 スポーツ中継というのは手堅く視聴率が取れるので、NHKはしきりとオリンピックの話題に振ろう、振ろうとしています。しかし平昌オリンピックは本当に開催できるのでしょうか? これも坂東さんが発信していらっしゃることですが、平昌五輪のメイン会場は部材がアルミニウムで作られているようで、座席を支える骨組みは非常に貧弱で、土台には建設用の足場が使われているそうです。また二月の韓国といえばマイナス10度から20度の寒さになるのにスタジアムには屋根がありません。開会式の日の天候にもよりますが、ことによると吹きっさらしの中で4時間、観覧することになるかも知れません。これではチケットの売り上げが伸びないのも無理ないでしょう。

 政府は朝鮮半島情勢について何らかの情報を得ているはずなのですから、日本人の安全をどうやったら確保できるのか、ということについて情報を出して国民の不安を払拭すべきです。ことに日本海側に住む人たちは難民が来ることに関して大変心配しています。「難民だから可哀そう」という話ではなく、難民に交じってテロリストや工作員が入ってきた場合、どうするのか、法整備が必要です。

 日本人の安全を守ること、これがすべてに優先することは言うまでもありません。

ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ    

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ