マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

2010年12月

西東京市議選、民主惨敗ヾ(〃^∇^)ノ♪

もうご存じかとおもいますが、26日(日)に西東京市議選挙がおこなわれました。

民主党惨敗です♪

現職4人が落選。
7人の候補をたてて当選が3人。
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。


花時計の花ポスチームも西東京市の選挙前に西東京市を重点に今の政治の状況を訴えるポスティングを行いました。
ちょっとは貢献できたかな。

この日の夜にsakuraraさんとメールでまだ結果が出てないね。
遅いね。って11時ごろまでやってましたが、
結局結果がでずに・・・
翌日、民主惨敗のニュースに大喜び♪

sakuraraボードのsakuraraさんが投票結果をエクセルにまとめてグラフにしてくれています。

エクセルデータはこちら
 

graf1


 
graf2



正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4091.html

花うさぎの「世界は腹黒い」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/2086729/

sakuraraボード
http://ameblo.jp/sakurara-f/entry-10747297664.html


青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/tankou_2008/33909864.html

【注目!随時更新】今やっておきたい護国活動一覧

緊急!電話、FAX、メールなどによる抗議活動
・~1/5(水)愛知県の方必見!
 愛知県安城市のパブリックコメントに皆様の声を!

(花時計会員の方ご紹介のブログからの転載)
安城市で「市民参加条例」という名の条例案の意見を募集しています。
http://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/machidukuri/siminkatudo/sankatokyodou/pabucome.html

 これを読むと
 第2条 市民 市内に住む者、市内で働く者又は学ぶ者及び市内で事業または活動を行う者(法人及びその他の団体を含む。)という。
 第3条 市民参加は、市民に等しくその機会が保障されることにより行われるものとする。

などとあるので、市民には外国人も含まれ、実質的な外国人参政権を認めるもののようです。

 これに先立って、安城市では自治基本条例が制定されています。こちらでも市民に外国人が含まれると思われます。
http://www.city.anjo.aichi.jp/shisei/joreikeikaku/jichikihon/documents/jichijoreichikujokaisetsu.pdf

 しかも自治基本条例は最高規範とされているので、市民参加条例に整合性が要求されます。

 しかし、自治基本条例でも、「市民には外国人を含む」と明記されているわけではありません。従って、市民参加条例では「市民は日本国籍を持つ者に限る」と記載しても、十分整合性が取れます。
 たとえば住民投票条例などは、多くの場合自治基本条例の後に作られますが、投票資格を日本国籍を持つ者に限るものもあります。

 また自治基本条例には、「市民は等しく市政に参加する」とありますが、小学生の児童まで大人と等しく参加させることを要求するものではないはずです。合理的理由による「区別」は許容されていると思います。
 なので、市民参加条例では国籍による制限をかけたとしても、なんら自治基本条例との整合性を損なうものではありません。 

 上に述べた理由に加えて...
「自治基本条例に他の規定に整合性を求めるような効力を与える根拠はないのではないか。」
「自治基本条例を尊重するとあるが、絶対的なものではないはず。」
「国民主権の原理からして、外国人が市政に参加できる規定を設けるのはおかしい。」
「これは直接民主制を認めるものではないのか。現行の二元代表制の原則に反しないか。」
などの意見を述べてもよいと思います。

 意見提出資格については、
「意見を提出できるのは、市内に在住・在勤・在学する人、市内に事務所・事業所を有する個人・法人・団体です。
そのほか、当該条例に利害関係を有する人も意見等を提出できます。」
とあるので、利害関係者として市外の方も認められるかもしれません。

 論理的には外国人の政治参加を認める条文の内容に反対の意見を述べることは問題ありません。あとは自治体側がどう判断するか、また、議会での審議で議員の皆さんがどう判断するかだと思います。

 もちろん、せっかくのお正月なので取り立てて騒ぎ立てたくはありません。ただ、気が付いた以上は、安城市の市民の皆さんはもちろん、私たち国民にこそ知る権利があると思い、お知らせすべきと思いました。
(皆に知らせたり意見を送ったりすることで、何らかの効果があることを期待したいと思います。)

 ※通数が勝負となりますので、ご家族の方にも呼びかけて、ぜひたくさんの数送ってください。


※自治体へのこうした投書については、個人情報保護が徹底しているため、例え知り合いが役所内に勤務していたとしても、投書の事実が外部に漏れることはありません。

署名活動
・外国人参政権反対署名(
外国人参政権に反対する会・全国協議会
 平成19年8月から集められている請願署名です。以下のリンクから署名用紙がダウンロードできます。(プリンタがない方はセブンイレブンのコピー機から「ネットプリント」というサービスを使って取り出すことができます。ネットプリントに必要な番号は
外国人参政権に反対する会のトップページに書かれています)
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/signature.htm

・平成23年3月22日必着 たちあがれ日本「尖閣諸島を守るための請願」署名
 尖閣諸島を守るために自衛隊の配備などを求める請願書への署名です。以下のリンクから署名用紙がダウンロードできます。
 
http://www.tachiagare.jp/emergency/

「うっかり」のお話

いつでも、どこでも、だれでも出来る護国活動、
それがポスティング♪

とはいえ、仕事や家事が忙しい or お子さんが小さくて時間が取れないなどなかなかポス出来ない方もいらっしゃいますよね。

そんな方にオススメなのが「うっかり置き忘れ」
用事のついでに出来るところがグーです。

私も先日、雨でポスが出来ない日に「うっかり」してきました。
クリスマスプレゼント買いに行った某百貨店のパウダールーム。
もし捨てられる運命でも、捨てる人の目に入ることを願って
イラスト有り&文字大きめのチラシを選んでみました。

1人1枚で良いんです。
多くの人がお好みのチラシを「うっかり」したら
あっちでもこっちでも護国チラシを目にすることになりますよね。
その積み重ねが人々の意識を変えて行くと信じています。

ではまた次回・・・。
今日も良い日になりますように(^-^)/

ももさんの凸凹日記(電凸の日々)

電凸って響きが怖いと思ってる皆様いませんか?
つい一年前の私も怖かったです
初めて電凸したのはなんだったろう???(ここ一年が色々有り過ぎて覚えていませんが)
確か国会法改正案とかだったかな???
民主党議員に電話を掛け
「今日はこの改正案の審議はあるんですか? 」
の答えにめんどくさそうに「今日は無いです」と言われ(実際にはあった(怒)
「では電話に出たあなたのお名前は?」と聞いた瞬間に電話を切られたのも今は良い思い出
(民主に電話を掛けた人なら必ず通る道のようで、電話を掛けたことのある4人(男女比半々)みんな切られていました) 
そして最近の大ヒットの議員さんはこの方!
男女共同参画の夫婦別姓を国民が反対してもやる!と言われた神本議員を忘れてはイケナイ!

電凸もいい加減しなれてきているので、支持者の振りをしないと切られるって事は覚えたので
「支持してたのに、マニフェストに載ってない事ばっかりして!!」 と悲しげに伝えた所
「マニフェストに載っているし支持してくれなくて結構です!」って来ると思いませんでした
本当にここ一週間毎日色々掛けてるので、次ぎはライトバージョンをお伝えします

今日と明日、図書館でジャーナリスト水間さんの本をリクエストしよう!

こんな図書館キャンペーンもあります

花時計の
図書館プロジェクトもいいけど、絵本や児童書をリクエストするのはちょっと恥ずかしいなという大人なあなたにもおすすめ。ジャーナリスト水間氏の硬派な一冊をリクエストしてください。

51u6bYI3jFL__SL500_AA300_

以下はリクエストに必要な情報です。私も今朝早速最寄りの図書館に行ってきました。ネットでリクエストできる図書館もあるそうですね。

書名:いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」
著者:水間政憲
定価:1680円
出版社:PHP研究所
出版年:2010年12月1日
ISBNコード:978-4569794136


ブログ「水間条項―国益最前線」より引用します。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-224.html

緊急拡散《中国が困ることを実行して、反日情報戦に打撃を与えましょう!》

● 反日情報戦とは、日本国内でマスメディアを都合よくコントロールして、中国の都合の良い世論を普及させています。日本国は、戦後、敵対国に自由気ままに好き放題やられてきました。

尖閣地図一つ取り上げても、2004年に「発掘スクープ」として、『SAPIO』誌に発表してあっても、中国や反日左翼だけでなく、日本の保守論壇も無視し続けてきました。これじゃ反日情報戦に打ち勝つことなどできません。

ここに来て、中国が「
尖閣地図」を都合よく改竄しているとの世論が、少し語られ動き出したら、出典を明らかにしないで、さも自分が知っていたかのような論述をしている商売言論人がおります。
そのような詐欺師が、まかり通っている保守論壇なので、保守(常識)が弱体化しているのです。

尖閣地図」の世論を喚起できたのは、保守言論人の力ではありません。

それは、「尖閣地図」が『週刊ポスト』に掲載された以降、小生と連携して戴いた、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方の力でした。

いまや保守はボロボロで、期待している間に、限り無く日本は崩壊に近付いています。

来年、6月に中国が尖閣を占拠するとの情報が、まことしやかに語られています。

そこで、日本列島に「歴史認識の背骨」を構築して、中国に対抗する精神力を身に付けていただく為に、中国が困る世論構築に「12月11日(土曜日)と12日(日曜日)」に、それぞれの地元の図書館に、情報戦の武器として出版した
いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』を、受付で直接「リクエスト」するか、インターネットで「リクエスト」していただければ、図書館は互いに融通しあうことができませんので、確実に全国約2500ヶ所の自治体の図書館が蔵書することになります。

各図書館に所蔵させることは、反日左翼が日常的にやっていることです。

このブログは、中国中央宣伝部や中国社会科学院が、閲覧していますので、実際、各図書館に所蔵されたら中国は戦略の見直しに動きます。

12月11日と12日に、各自治体の図書館への『国家の盾』のリクエストをいっせいにお願いいたします。
ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ