マダムの部屋

愛国女性のつどい花時計代表でもあるマダムが思った事など書いています。

2014年12月

「慰安婦問題に終止符を!」女だけの集会

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


 12
12日(金)憲政記念館で「慰安婦問題に終止符を! 日本の為に立ち上がる女性たち」と題した集会が行われました。韓国や中国がしかけてくる捏造慰安婦問題に反撃しようという女性だけの、初めての集会です。当日、会場には約170名の参加者があり、熱気に満ちていました。私も登壇しました。動画があるので是非、ご覧くださいね~↓

https://www.youtube.com/watch?v=NJXPX_WDYWY

 慰安婦問題は今、アメリカに舞台を移して現在進行中です。アメリカに住んでいる日本人の子供が韓国人の子供にいじめられる、とか子供たちが日本人に生れたことを恥じる、不登校になるという深刻な事態になっています。アメリカやカナダに住む日本女性の声がメッセージとして集会で読み上げられましたが、彼女たちが日々、孤独な戦いを強いられていることがひしひしと伝わってきました。政府にも外務省にもこの声が届かないのがもどかしい限りです。

 しかし「なでしこアクション」の登場によって海外在住邦人と国内の女性たちが手を結ぶことができました。オーストラリア在住邦人も立ち上がったそうです。来年はより強いネットワークで反撃できるだろうと思います。

 日本軍が朝鮮の女性を20万人、強制連行して慰安婦にしたと書かれた碑がアメリカの公園に建てられているそうですが、もちろん事実無根です。しかしいったん建てられたものを撤去させるには粘り強い運動が必要です。これからアメリカに行く日本人や留学生などがこの問題に関心を持ち、祖先の名誉を守るために積極的に活動してくれると嬉しいです

 ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

「慰安婦問題」はこれで終結!

 ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

 
 今年の
85日、6日、朝日新聞は過去の「慰安婦問題」に関する記事を取り消しました。吉田清治という稀代の詐欺師のいうことを間に受けて、韓国人元慰安婦は日本軍によって強制連行された被害者だ、ということを前提に朝日新聞は16本の記事を書きました。記事の前提であった吉田清治の証言が真っ赤な嘘だったわけですが、これは単なるうっかりミスではありません。悪意にもとづいた捏造であり、謀略といっても言い過ぎではありません。にもかかわらず朝日新聞は謝罪もせず、開き直っています。木村社長は辞任するそうですが、ことは社長一人の問題ではありません。戦後ずうっと日本人を貶めることを社是として、読者をあざむいてきた新聞社が朝日新聞です。朝日新聞を国会に証人喚問して、なぜこんなことをしたのか、徹底的に追及しなければなりません。

 それにしても不思議なことがあります。朝日の記者はなぜ自社の過去の記事を調べようとしなかったのか、ということです。大東亜戦争中、朝日新聞は多くの従軍記者を出しています(「従軍慰安婦」はいませんでしたが従軍記者はいました)。従軍記者は軍隊とともに移動して刻々と変わる戦況を伝えるだけでなく、戦地のさまざまな出来事やエピソードを記事にしていました。当然、慰安婦たちの日常生活や素顔なども記者は目にすることになります。慰安婦たちが兵士から大切にされていたこと、兵士と一緒に買い物や活動写真に行ったりしていたこと、運動会やピクニックをやっていたことも知っていたはずです。慰安婦の暮らしは決して「性奴隷」などでなかったことを誰よりも知っていたのは朝日新聞の記者だったはずです。なぜ自社の先輩記者や先輩カメラマンの仕事を戦後の朝日の記者は調べようとしなかったのでしょうか?

 戦前の「アサヒグラフ」「大東亜戦争画報」ほか、貴重な第1次資料を渉猟し、ジャーナリストの水間政憲さんが解説をつけた『ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実』(PHP研究所・1500円)を読みました。文章よりも写真がほとんどの本なので、あっという間に読めます。ページをめくるたびにあっと驚く写真が目に飛び込んできます。戦争中とは思えない、のどかで微笑ましい光景が次から次へと展開されます。強くて優しい日本の将兵がいかに東南アジアの国々で歓迎を受けていたか、現地の人々の暮らしにいかに貢献していたかということもこれを読めばよく分かると思います。

 PC021029
 『ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実』は水間さんの『ひと目でわかる』シリーズの第
7弾です。これまで『ひと目でわかる日韓 日中 歴史の真実』『ひと目で分かる「日韓併合」時代の真実』『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』『ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神』『ひと目でわかる「戦前日本」の真実19361945』『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実19231935』が既に出版されています。こちらも是非、いっしょに読んで下さいね~

 朝日新聞の記者にまず読んでもらいたい一冊です

 ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

 

ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

愛国女性のつどい花時計
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ