ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                
  
 


 
今年は「日韓共同宣言」から20年目の節目の年です。とはいえ「日韓共同宣言」といっても、おそらく誰も覚えていないでしょう。1998108日、訪日中の金大中韓国大統領と小渕恵三内閣総理大臣が署名しています。宣言文を読んでみると「日韓の過去の不幸な関係を清算して、21世紀に向けて未来志向の新たなパートナーシップを結びましょう」といった、いつも通りの空疎な文言が並んでいます。

 金大中元大統領は親北朝鮮派でした。韓国の大統領の中で初めて北朝鮮を訪問し、金正日と握手するシーンが世界中に流れました。しかし、のちにこの南北首脳会談は巨額の北に対する資金援助によって実現したことが判明しました。金大中大統領はこの「功績」によってノーベル平和賞を受賞し、ご満悦でした。ノーベル平和賞がいかにいい加減な賞か、よく分かります。金大中と、次の蘆武鉉の二代の大統領の北に対する「融和策」が北の核・ミサイル開発に一役買ったことは確かです。この二代の大統領が韓国の「従北化」=北朝鮮に呑み込まれる流れを作った張本人なのに、今の韓国人にその自覚はありません。

 金大中も小渕元総理も今はもうこの世の人ではありません。そして日韓関係はこの20年でますます悪化しました。北朝鮮はついに核保有国になりました。無責任で無能な人間を指導者にいただいたことは日本にとっても韓国にとっても不幸なことでした。

 最近、韓国はますますおかしくなっています。現大統領、文在寅は蘆武鉉の一の子分だった人間です。今の韓国はますます北朝鮮にすり寄っています。やがては北朝鮮に呑み込まれるでしょう。そして日本に対する歴史認識問題では、相変わらずとんでもない言いがかりをつけています。慰安婦問題ではもう日本から資金援助を引き出せないと見るや、新たに徴用工問題を作り出し、日本にたかろうとしています。こんな国と「交流」だの「友好」だの言っていても始まりません。

 わが国が今、すべきことは国防を強化することです。対馬が38度線になることは悪夢ですが、このままで行くとそうなるかも知れません。対馬の韓国人による土地買収は規制しなければなりません。歴史認識問題で韓国があーだ、こーだ言ってきたら、その都度反論することです。事実関係を丁寧に説明し、謝罪とか賠償は一切しないこと。これを早くからやっていれば、慰安婦の碑や銅像が外国に建てられるなどという辱めを受けることはありませんでした。

 「共同宣言」とか「OO合意」とか、名前はいろいろですが約束事を韓国政府と結んでも意味はありません。どうせ次の大統領になったら反故にされるのですから。これまでの韓国の歴代政権の態度を見ていればいい加減、分かりそうなものです。

 韓国とは距離を置くことです。韓国人旅行者へのノービザは取り消すべきです。

 

 

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ