ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                          


 5
11日、 「日本維新の会」の丸山穂高議員が酔って国後島の元島民であるビザなし交流訪問団の団長にからんだ件でマスゴミが大袈裟に騒いでいます。しかし、丸山議員と大塚団長のやり取りが新聞に出ていましたが、これを読んでも何が問題なのか、まったく分かりません。酔っていたというのが問題といえば問題なのかも知れませんが、しかし会話の内容は特に問題はありません。丸山議員は元島民である大塚氏に対して、戦争をしてでも島を取り返す覚悟はありますか、と聞いています。「覚悟の有無」を聞いているのです。それに対して大塚氏が「戦争なんて言葉を使いたくない」と言ったのには驚きました。戦争によって不当に奪われた島を本気で取り返そうとするなら、少なくとも武力を背景に交渉をするしかない、というのは国際政治の常識です。武力を持たない国は交渉のテーブルにすら付けない、ということを普通の国の国民はみんな知っています。ましてや相手は国際社会の無法者として名高い(?)ロシアです。「話し合い」だけで島が返ってくるはずはありません。実際、今のロシアとの交渉では領土問題は置き去りにされて、経済協力の話にすり替えられてしまっています。

元島民なら自分が住んでいた島を不当に奪われた理不尽さに怒りを持つはずです。しかし、大塚氏は日本が敗戦後、GHQによって「戦争は悪いこと」「二度と戦争をしてはいけない」と刷り込まれた時期にちょうど幼少期を過ごしたのでしょう。だから「戦争」という言葉すら使いたくないのです。では、どのようにしたら島を奪還できるのか、と大塚氏は考えたことはないのでしょうか? 完全な思考停止状態に陥っています。

 一般人である大塚氏が思考停止しているのはまあ、仕方がないとしても、国会議員であり「日本維新の会」代表であり、大阪市長である松井一郎が思考停止状態であるのには、さらに驚きました。松井一郎は自分の仲間がマスゴミによって叩かれているのに守ろうともせず、離党した丸山議員をなんと! この程度のことで議員辞職勧告までしようとしているのです。正気の沙汰とは思えません。今回、丸山議員がしたことは失言でもないし、不祥事でもありません。そんなことを言い始めたら過去に不祥事を起こした議員なんて山ほどいますが、辞めた議員なんて滅多にいません。二重国籍の蓮舫も辞めていないし、秘書の給与問題とか外国人から献金をもらっていた辻元清美も辞めていません。また、選挙によって有権者に選ばれた議員を辞めさせるというのは、よほどのことでない限りやってはいけないことです。丸山議員に投票した有権者の民意によって丸山議員は衆議院議員になっているのですから。 それとも、この松井という人はロシアの工作員なのでしょうか? 

 やる気のある議員、国をおもう議員をささいなことで叩き、潰すのが日本の左派マスゴミのお仕事です。だからマスゴミに叩かれている議員はまともな議員なんだな、と考えればまず間違いありません。丸山議員は自民党議員も反対しなかった「アイヌ新法」に反対していた数少ない議員です。丸山議員には無所属になっても、国会で頑張ってほしいです。臆せず、堂々と国会で発言すべきです。それが投票してくれた有権者に対する恩返しです。

 私の好きな政治家に元イギリス首相のマーガレット・サッチャーがいます。サッチャー首相、といえば、有名なのは「フォークランド紛争」です。19823月、アルゼンチンの独裁者、ガルティエリがイギリス領フォークランドに侵攻しました。アメリカのレーガン大統領は派兵に反対しましたが、サッチャー首相は即座に派兵しました。では彼女は戦争が好きだったのでしょうか? もちろん、そんなことはありません。サッチャー首相の部屋には毎朝、何人の兵士が亡くなったかを知らせるメッセージが届けられていました。それを聞くたびにどれほど辛く、悲しかったでしょうか? それでも指導者というものは決断しなければならないのです。  サッチャー首相はいくつかの名言を残しました。「平和と自由の選択ならば、必ず自由を選ばなければいけない」。

こういう言葉もあります。「確かに戦争は悪です。しかし、その悪によってもっと巨大な悪をストップさせねばならないこともあります」。イギリスは核武装をしていますが、核についても有名な言葉があります。「私は核のない世界よりも、核はあっても戦争のない平和な世界を望みます」。

いずれも含蓄に富んだ言葉です。彼女の残した言葉を私たちはよく考えなければなりません。

 

 

 

   ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ