ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                                
 



天皇陛下の即位に関する一連の行事が滞りなく終わられたことを慶賀いたします。おめでとうございます。

最近「万世一系」という言葉をよく聞きますが、言葉の意味を知る人は意外と少ないような気がします。私の知る限りでは「万世一系」を唱えたのは山鹿素行や横井小楠で、その反対語がシナの「易姓革命」です。シナではもし皇帝に徳のない人物がなった場合、皇帝を倒して新しい皇帝を立てることが正当化されます。だからしょっちゅう革命が起きて戦乱が絶えません。一つの王朝が倒れて次の王朝が成立する間に凄まじい虐殺が起きます。人口は激減し、文化は破壊されます。次の王朝は前の王朝を徹底的に否定するので歴史に連続性がありません。史書にも嘘を書くのは、現在の王朝を正当化したいからです。日本は王朝の交代がなく、前の王朝を否定する必要がないので史書に書いてあることも信用できるわけです。

日本の皇室は男系(父系)男子が皇位を継ぎます。今の天皇陛下の父上の父上の父上の父上の・・・と辿っていくと初代天皇である神武天皇に辿り着きます。戦後、日本の左翼は皇室の正統性を否定したいばかりに『古事記』『日本書紀』を否定する学者がたくさんいました。しかし、日本では史書に嘘を書く必要がないのです。自分の父親や祖父や曽祖父のことを美化して書きたいという気持ちはあったかも知れませんが、実際に『日本書紀』を読んでみると、別に天皇を美化して書いてあるとも思えません。歴代の天皇の中には立派な人ばかりではないので、時には困った天皇もいたでしょうが、それはそのまま書いてあります。時には、なぜこんなことまで書いてしまうのか、と思うほど赤裸々な叙述があります。

神武天皇は実在しなかった、という学者もいますが『古事記』に書いてあるのですから実在したのだと思います。嘘にしては非常に詳しく、具体的に書かれているからです。少なくとも、のちの世の人たちが「神武」というお名前を贈りたくなるような人物は実在したのでしょう。

 神武天皇が奈良の橿原の地で即位なさった時(紀元元年)から二千六百年を記念して昭和15年(1940年)、交声曲「海道東征」という奉祝曲が作られました。作詞は近代日本最大の詩人、北原白秋、作曲は「海ゆかば」を作った天才作曲家、信時潔でした。北原白秋はこの曲の完成から2年後に亡くなっています。作曲した時もほぼ失明状態で、資料となる『古事記』と『日本書紀』は自分で読めないので、家族に読んでもらったそうです。

 そんな苦労を経て誕生した曲でしたが戦後、この曲は長く「封印」されてきました。題材が題材であり、敗戦後の日本社会ではこのような「民主的でない」曲は歓迎されなかったのでしょう。神武天皇の存在そのものも否定され続けてきました。しかし戦後七十年経った平成27年(2015年)、突然、信時潔の生まれ故郷である大阪で「海道東征」が公演されたのです。そして新天皇即位の年である今年は東京、札幌、大阪でコンサートが開かれました。

 私は118日の大阪でのコンサートを聞きに行きました。まさか、自分の生きている間に「海道東征」が復活するとは正直、思いもしませんでした。「海道東征」は天照大神の孫であるニニギノミコトが日向の高千穂の峰に降臨するところから始まります。日本という国がどのようにして始まり、どのような経緯を経て国家として誕生したかという「国産み」の物語を明るく美しく歌い上げています。壮大な叙事詩であり、勇壮で力強く、神々しい曲です。

 これからは多くの場所で「海道東征」が何度も演奏されるようになるでしょう。日本人が自分たちのルーツを知る上で欠かせない曲になるだろうと思います。

 

 

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ