ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ   



 ウィルスというものは感染力が強くなるにしたがって弱毒になると言われています。今、テレビがまたもや恐怖を煽っているオミクロン株(クロちゃん)も「流行していますっ!」とテレビが叫ぶ割には感染者も少なく、重症者や死者はO(ゼロ)です。もう日本では新型コロナウィルスは集団免疫の段階に入っているのではないでしょうか。にもかかわらず有効なのかどうかも分からないワクチンを政府は国民にごり押しする気満々のようです。

 1221日、「日本維新の会」の柳ケ瀬裕文参議院議員が厚生労働省に対して質問に立ちました。国民が今、本当に知りたがっていることを率直に聞いてくれた良い質問でした。それにしても呆れたのは厚労省の答弁の歯切れの悪さです。柳ケ瀬議員が「オミクロン株に対してワクチンはどれぐらい有効だと考えているのか?」と質問したのに対して宮崎厚生労働省大臣官房審議官は「アメリカのファウチ大統領首席医療顧問からは・・・・」とか「英国の健康安全保障庁の報告では・・・・」とか外国の人間の意見を引用するだけ。自分たちの独自の分析や見解はありませんって白状しているのと同じですね。自国の国民の健康に対する無責任さ、やる気のなさが答弁する宮崎さんの表情にも表れていました。やはりワクチン利権でがんじがらめになっているんですかね。

 ワクチン接種後に若い男性に心筋炎、心膜炎が頻繁に発症している問題。これは非常に深刻です。柳ケ瀬議員が「ワクチンの接種そのものに対する不安も各自治体に寄せられている。123日に厚労省はワクチン接種後の心筋炎、心膜炎に関して『重大な副反応』と、これまでより警戒度を引き上げました。若年層はコロナにかかっても重症化しづらいということが分かっている訳ですから、これでリスクとベネフィットの関係が変わってくるのではないか。ワクチンを接種した方がしないよりリスクが高いということになりはしないか」と突っ込みましたが宮崎厚生労働省大臣官房審議官は「引き続き、この年代に対する接種は続けて行くことになります」と役人答弁を繰り返すだけでした。

 厚労省の佐藤副大臣の答弁もお粗末でした。柳ケ瀬議員が「来年二月以降に5歳から11歳に接種対象を拡大するというのは変わらずに進んでいるんですか? 極めて慎重な判断をお願いしたいと思うのですが」と質問したのに対して佐藤副大臣は「子供用のワクチンについては1110日にファイザー社から薬事申請がなされPMDAにおいて有効性、安全性の確認が進められています。1115日の厚生科学審議会副反応部会では『ワクチンは子供にも有効である』という意見や『子供は感染しても重症化しづらい』など、さまざまな意見がありました。最新の科学的知見をふまえて慎重に判断して行きたい」と言うだけでした。もし自分の子供にワクチンを接種するかどうか、判断する立場だったらこんな他人事みたいな言い方ができるでしょうか。

 ファイザー社の元副社長で、今は退職したマイケル・イードンという人がいます。彼がYoutube動画で発言しているので、是非、見て欲しいです。彼は「私は科学者です。科学者として言います。ワクチン接種は必要ありません。子供のワクチンによる死亡リスクは接種しない場合の50倍」と言っています。 ファイザー社の元副社長がこう言っているのです。

 柳ケ瀬議員はこれまでもPCR検査の疑わしさ、CT値の問題等、重要な問題を国会で質問しています。しかし、それ以外の議員はなぜこういう質問をしないのでしょうか? 自民党の議員は緘口令でもしかれているかのようにそろって沈黙を続けています。これほど重要な問題に対して発言する議員が日本には少なすぎます。

 5歳から11歳へのワクチン接種は危険きわまりないし、必要ないことです。国会議員が沈黙している以上、国民が声を挙げるしかありません。

 一年間、ご購読ありがとうございます。どうぞ良い歳をお迎えください。