ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。


人気ブログランキングへ   



 政府は今、4回目のワクチン接種を勧めようとしています。しかしまず3回目までの接種の進み具合はどうだったのか、買いはしたものの接種することなく結局、廃棄されたワクチンはどれぐらいあったのか、ということを検証するのが先なのではないでしょうか? 

 67日、参議院の総務委員会で「日本維新の会」の柳ケ瀬裕文議員が質問に立ちました。テーマは「ワクチン廃棄、厚労省データ偽装問題について」でした。厚労省のデータ偽装問題は悪質で、ほとんど犯罪ではないかと思うので、稿を改めて書くつもりです。今日はとりあえずワクチン廃棄の件について、です。

 柳ケ瀬議員は「接種されずに廃棄されたワクチンは64日の時点で739,085回に上ると共同通信が伝えていますが、厚生労働省は廃棄されたワクチンの分量を調べていますか?」と訊きました。すると、それに対して厚労省の大臣官房の宮崎審議官はなんと「調査していないので分かりません」と答えたのです! 柳ケ瀬議員「なぜ廃棄量を調査しないのですか?」宮崎審議官「現在、自治体では3回目、また場所によっては4回目の接種に追われているところでして、現場の負担を考えて・・・・・・・むにゃむにゃ・・・・」

 いきなり驚きの答弁です。国費で、つまり税金を投入して国が買ったワクチンの相当量が廃棄されているというのも驚きなのですが、その実態を厚労省は把握せず、3回目、4回目の接種のほうに前のめりになっていることが分かりました。ワクチン購入にかかった費用は2.4兆円だと言われています。大変な金額です! それだけの税金を使ったのに、その使い道に対する厚労省の対応はあまりにも杜撰、いい加減、無責任の極み。どうせ俺のカネじゃないんだから、湯水のように使ってもいいんだという感覚が透けて見えます。これが一般企業だったら、担当者のクビは間違いなく飛んでいたでしょう。でもお役所にクビというのは(犯罪以外は)ありません。公務員って気楽でいいですね~

 日本はお金持ちの国だから、よその国の余ったワクチンを引き受けてあげている、という噂もあるのですが、このワクチン、果たして税金で買う価値があるのか、という議論は一向にされる気配がありません。

 柳ケ瀬議員の質問は続きます。「政府は約9億回分のワクチンを既に買っているが、これはほとんど余ることになるのではないか?」これに対する総務大臣の答弁「ええー・・・なるべく有効期限の切れる前に接種して頂くように自治体にはお願いをしておりまして・・・・・期限切れの近いものは集団接種会場で接種をするように・・・・・・」これも驚きの答弁です。

柳ケ瀬議員「ワクチン接種計画のこれからの見通しを立てるべきではないのか。そのためにもワクチンの廃棄量は調査するべきだと思いますよ。調査して下さい!」国会議員がこのように声を荒げて追及しても、厚労省の役人は頑として「調査します」とは言いません。議員というのは選挙によって選ばれた存在で、いわば「国民の代理人」のはずですよね。役人は選挙の洗礼を受けていないし、試験で選ばれた公務員です。しかし、わが国の国会の議論を訊いていると、どっちが偉いのか、分からなくなります。役人のほうが実権を握っているんですね、きっと。

 柳ケ瀬議員「3回目のワクチン接種が進んでいません。これはワクチン自体に対する国民の信頼が揺らいでいるからですよね。一体、何回接種すれば終わるのか分からない。副反応も、最初聞いていたよりヒドイという事が分かって来た。このまま行くと、4回目はもっと接種率が落ちるんじゃないですか? 厚労省は国民に対してワクチン行政についてきちんと説明する責任があるんじゃないんですか?」

 だってしょうがないじゃないか、国が買っちゃったんだから、というのが厚労省の役人の本音でしょうね。あるいは、それだけの予算を付けてくれたのが厚労省にとっては嬉しかったのかも知れません。とにかく、国民の信頼を取り戻そうという感覚はどうもないらしい、ということがこの答弁から感じられます。

 去年の5月頃、政府は国民に向かって「2回接種すればコロナに打ち勝てる。普通の日常が戻ってくる」って言っていませんでしたか? それを真に受けて、約8割の国民が1回目の接種をしました。夏になって、やはり8割近い人達が2回目の接種をしました。しかし、コロナ騒ぎは収まりませんでした。波が次々と襲ってきて、結局、3回目のワクチン接種が必要だという話になりました。つまり最初の説明は嘘だったわけです。嘘というのは一つ付くと、それを誤魔化すために次の嘘を付くことになります。嘘の上塗りをすることになります。今は4回目の接種と、政府は臆面もなく言うのですが、いや、まず国民に嘘を付いたことを謝罪するべきではないのでしょうか? それをしない限り、ワクチン接種率はますます落ちて行くでしょう。9億回分のワクチンはどこへ行くことになるのでしょうか? こっそり外国にあげることになるのかも知れませんね。「途上国支援」とかいう名目で。