ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。


人気ブログランキングへ   





本年も拙ブログをなにとぞよろしくお願い申し上げます。

 たかが歌番組のくせにテーマが「ラブ&ピース」とか(笑)勘違いもはなはだしいNHKの大晦日の紅白歌合戦の視聴率が12日、発表されました。予想通り、史上ワースト2,というか史上最低だった2021年の視聴率(34.3%)をわずかに超えた、という表現の方が的確な35.3%だったそうです。韓国の若手グループが5組出場(!)ということを聞いた時点で見るのを止めてしまった人もいたのではないでしょうか。

 NHKは紅白の出場歌手をどうやって決めているのかなあ、と去年、考えていたのですが1221日、Avexの松浦会長がYouTubeで「紅白の出場歌手の選考基準は、普段からいかにNHKに貢献しているか、という点を重視しているらしい」と、ぽろっと言ってしまいました。つまり歌が上手だとか、CDが売れているとかいう基準もあるかも知れないけれども、それだけではないという事ですね。実力だけではない、プラスNHK側の都合が入ってる訳です。どうりで聞いた事のない名前がたくさん出てくるはず。松浦会長は「出なきゃ良いと思う。紅白なんて、出てなんの良い事があるんだ」とも言っていました。その通り、ですよね。

 私はもう10年以上、紅白は見ていなくて、裏番組のテレビ東京の「年忘れにっぽんの歌」を見ていますが、これ、関西の人でも見られるんですかね? 関西や九州でも見られるようにしたら良いと思いますよ。とっても面白い! 少なくても紅白歌合戦よりは歌番組として健全です。純粋に歌を聞かせる、視聴者がああ、これこれ、これが聞きたかったんだっていう歌が聞ける番組です。くだらないお笑いやコントやイデオロギーの説教臭さもありません。一年の終わりを明るく、楽しく過ごしたいという庶民の味方の番組だと思います。

 私ぐらいの世代になるとやはり70年代、80年代に流行した懐かしのメロディーが聞きたい訳です。できれば歌手、ご本人の現在の声で聞きたい。若手がカバーするんじゃなくて。そういう希望も出来る限り、かなえようというテレビ東京の意気込みが感じられます。視聴率は今のところ8%台だそうですが、この調子で頑張れば、あっという間に10%、20%と登っていくのでは? 今から今年の大晦日が楽しみです!

 

 毎週、土曜日に有料メルマガを配信しています。ここで書くのとは違うテーマで書きます。メルマガは密閉空間なので本音トークができると思います。よろしかったらのぞいて見て下さい!

 「岡真樹子の日本人に生まれて良かった」

https://foomii.com/00270