人気ブログランキングへ   




 3
15日、MLB開幕戦に出場する大谷翔平選手が新婚の妻をともなって韓国・仁川空港に到着したことが日本でも韓国でも大きな話題となっています。大谷選手は今や世界的に有名なトップアスリートなので、日本人をあまり好意的に扱わない韓国メディアも奥様の美しさを報じるなど、少々はしゃぎ過ぎではないか、と思うほど大きく扱っていました。しかし、この話題を報じる韓国紙『中央日報』の記事には少し違う視点が見られるので、それをここで紹介します。

 ロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスのMLB開幕戦は3月2021日に韓国・ソウルで開催されます。サンディエゴ・パドレスに所属する韓国の選手もいますから、開幕戦を韓国でやることはさほど唐突な感じはないかも知れませんが、MLBが公式戦の開幕戦を韓国でやるのは初めてのことです。私もこの話を聞いた時「えっ、なんで韓国で?」と思いました。

 『中央日報』は「複数の外交筋からの情報」として「開幕式には相星孝一駐韓日本大使、ラーム・エマニュエル駐日米国大使が出席する予定だ。また韓国からも政府関係者が出席し、韓米日3カ国の結束を誇示する可能性が高い」と報じました。また「当初、エマニュエル大使が3カ国外交当局者と共に韓国で行われるMLB開幕戦に出席しようというアイデアを出した」とし「これに韓国・日本ともに前向きな反応を見せる雰囲気であり、ソウルで開催されるだけに韓国からも政府当局者が出席することを検討している」と伝えています。

 ラーム・エマニュエルの名前がここに出てくるとは思いませんでした。わざわざプロ野球の試合を見に韓国まで行くというのはエマニュエル大使はよほど野球がお好きなのか、それともよほど暇なのでしょうか。開幕戦といっても年間、何百とある試合のうちの一つに過ぎません。外交に関係ないイベントなのに、なぜ彼は駐韓大使や韓国政府要人にまで声をかけたのでしょうか。この人がからむ話というのは(偏見かも知れませんが)日本人にとって良くない話につながるイメージがあるので、ついつい神経を尖らせてしまいます。

 『中央日報』は開幕戦に韓米日の大使などが出席することが「韓米日3カ国の結束を誇示する可能性が高い」と書きました。誇示する、というのは誰に対してでしょうか? もちろん北朝鮮や中国、そしてロシアでしょう。

 北朝鮮の工作員ではないか、と思われるほど北朝鮮寄りだった文在寅前大統領とは違い、尹錫悦大統領は政権発足後、親米ぶりを隠しませんでした。これは伝統的に中国寄りの韓国大統領としては珍しいことです。昨年8月には米ワシントン郊外のバイデン大統領の別荘「キャンプデービッド」で岸田首相、バイデン、尹大統領の3カ国首脳がノータイ姿で並んで散歩する姿を演出してみせました。岸田も完全にバイデンのポチです。しかし秋の米大統領選挙でバイデンが退陣、となる可能性も大いにあります。もしトランプ政権になったら日本政府はどう対応するのでしょうか。

 韓米日3カ国の結束という発想自体が、日本の安全保障を危うくするものではないでしょうか。朝鮮半島がかなりきな臭くなっている今、日本はなるべく中立の立場を取る戦略が必要だと思います。大谷選手の今年の素晴らしい活躍を私も期待していますが、同時に彼の人気が政治的に利用されることのないように、日本人として警戒をしつつ、見ていきたいと思います。

 

毎週、土曜日にウェブマガジンを発信しています。ここで書くのとは違うテーマで書きます。メルマガは密閉空間
なので本音トークができると思います。よろしかったらのぞいて見て下さい!

 「岡真樹子の日本人に生まれて良かった」

https://foomii.com/00270