2018年01月17日

季節は春へと

DSCN0606 昨日の朝、除雪をしていて、とても色濃い太陽に気づきました。春、夕陽が沈むころの色です。
 今冬、毎日雪が降ってはいるのですが、毎日少しずつ溶けているようにも感じます。カフェでは、背中で受ける日中の日差しに、季節が春に向かっていることを感じます。えっ、まさか。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月16日

黒い太陽

DSCN0260 若い時に保母さんをしていた友人の話です。
 「ある時子供が太陽を黒く描いたの。それをほめたところ、何を思ったのか、その子は、それからどんどん絵を描いて、見せてくれるようになったのよ」。
 40年を経て、彼女の所には当時の子らが訪れるそうです。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月15日

画家のつぶやき 「どんどん失敗してね」

DSCN0350高橋英生:「上手・下手は関係なく自分でいっぱい線を描いて色を付けたらいい。分からなくても自分の気持ちの赴くままに楽しく描いたらいい。子どもが絵を描いている傍で、そこは変じゃないの、と直させる大人がいるけど大人になると『失敗は成功の元』と言ってるのにどうして子どもには失敗を許さないのという感じでね」

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月14日

秀峰「利尻岳」

DSCN0475 昨日は、今年最もくっきりと美しい「利尻富士」さまが見えました。14年間「利尻富士」さまを見続けていますが、この山に女性を感じたことはありません。険しくて厳か。男に違いないと思い続けています。冬山は「利尻岳」と呼びたくなります。ブログをご覧の比較的お若い方、険しくて厳かな男性、傍にいますか?

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月13日

自然からの贈り物

DSCN0427 年が明け、毎日のように雪が降っている上勇知です。
 私は朝食後30分から1時間ほど除雪をしますが、この時間は利尻富士が見えやすいように感じます。自然からの大きな贈り物です。
 みな様への、自然からの贈り物は何でしょうか?

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月12日

画家のつぶやき 「子供だからこそ」

DSCN0219高橋英生:「子どもになんて、ということを言わないで、子どもだからこそ、子どもにこそ、いいものに触れさせることが大切なの。なんでもやってみることが、楽しさにつながるからね。子どもには、自由に思いっきり、泥んこ遊びのような気持ちで描かせるといい。『自分は絵が下手だ』という子どもがいるけど、子どもは本来そうではなく、大人がそのように仕向けているの。」

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月11日

生きていく力

DSCN0395ヒヨドリ:「あんなにあったリンゴが今は、木に一個もありません。先日の強風で、全て落ちてしまい、雪に埋もれてしまったようです。ガクッ。私も大人だから、次の方法を自分で見つけなければ、ね。野性の世界は、親離れ・子離れが早く、厳しい掟があるのですよ。みなさんは、親離れ・子離れが、できてますでしょうか?」


hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月10日

福を抱える「ミヤマカケス」

DSCN0269 「あとりえ華」の窓から深々と雪降る朝。
 足もとに、さらってきたりんごがあります。
 ミヤマカケスさ〜ん、福はねぇ、独り占めせず、お福分けした方が、幸運がやってくるんですよ〜、きっと。
 「お福分け」
 ミヤマカケス:「ふ〜ん」。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月09日

残り物に・・・・・

DSCN0265ヒヨドリが食べ残したリンゴを「ミヤマカケス」がさらっていきました。
 左にそのリンゴが写っています。
 残り物に福あり、ですね。
 今年、みな様の「初福」は何でしたでしょうか。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月08日

画家のつぶやき 1月5日の続き

DSCN0233英生:「今一番大事なことは、子どもたちがきれいなものを見て、あ、きれいだね、あ、美しいねと、小さい動物でも昆虫でも見て、あ、かわいいね、ということを素直に言える子ども、そういう情緒的思い・心を大切にする心を養うことが大事だと思う。今、そういう心が、欠けてきているのではないかと思う。」

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月07日

ヒヨドリさ〜ん

DSCN0256 我が家に来る野鳥のヒヨドリは、リンゴの実を突っついては、このように食べ残していきます。昔なら親に、「食べ物粗末にして、バチあたるぞ~」って、殴られたかもね。自分の食べられる分だけ口に入れて、最後まで食べましょう。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月06日

「あとりえ華」の窓から

DSCN0406 昨日は仕事始めでした。
 朝から午後にかけて、「利尻富士」さまは下部だけ見せてくれました。
 今日はどうでしょうねぇ。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月05日

画家のつぶやき 「体験が大人を作る」

DSCN0239英生:「文化の基本は幼児体験がね心の芯になって育っていくから、大人になってからどうのこうのと言っても、なかなかなじまないね。絵でも音楽でも全て小さい時からそういう環境に触れていく。全てそういう体験が大人を作っていく。それが大事だ思う。理解しなくてもいい。ただ触れているだけでいい。あ、こういうの聞いたことある。見たことある。あ、こういうの感じたことある。それが大事。」

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月04日

煙突掃除屋さん

DSCN0381 昨年テレビから懐かしい歌が流れてきました。「チム・チム・チェリー」の歌です。幼い時、よくこの歌を口ずさみました。
 チムチムニィ チムチムニィ チムチムチェル まちいちばんの かほうもの
 今、町一番の果報者って、どんな人なのでしょうか?

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月03日

雨にも負け、風にも耐えられず

DSCN9320 市道から我が家への入り口の看板が、間もなく力尽きそうです。
 14年間風雪の中で頑張って来ましたが、太い角材が折れ、今は前のめりにゆがんでいます。春まで持ちこたえるかどうか・・・・・・。
 みな様がお出での際、ひれ伏した状態になっているかもしれませんが、どうぞ通り過ぎませんように。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月02日

営業のお知らせ

DSCN0205「あとりえ華」は1月5日(金)から営業いたします。
昨日は知人二人がみえ、お茶しました。
知人二人は同じ歳で私より20歳年下。
私は今日から高齢者。
ふ〜ん。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2018年01月01日

画家のつぶやき 「宗谷の自然」

DSCN0127高橋英生:「宗谷の自然をどうやって取り込もうか、大変なんです。絵の具の半分は捨ててますからね。」
画家のつぶやきは、一言一句高橋英生の語っていたものです。私が聞きながらノートに書き留めたり、地元FM局の収録のテープ起こしをしたりしたものを、取り上げています。今年もどうぞよろしくお願いいたします


hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月31日

12月の「利尻富士」さま

DSCN0340「あとりえ華」の窓から24日朝撮影。
いつも見守ってくれる利尻富士さま。
いつも勇気をくれる利尻富士さま。
利尻富士さまに感謝。


hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月30日

空が騒ぐ時

DSCN0310 嵐の前の静けさという言葉がありますが、嵐の前、空ではしばしばこのような雲が見られます。高い雲、低い雲、方向性の定まらない雲が右往左往しています。
 このような雲は「狂雲(きょううん)」と呼ばれます。
 最後の2017年、最初の2018年、穏やかだといいですね。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月29日

画家のつぶやき 当ブログ12月22日の続き

DSCN7386高橋英生:「雲って意外と難しいんですよ。だから、ま、勉強しながらなんとかね、挑戦する姿勢を崩さないでいければ、またそれもいいかなと思って・・・・・・」
 高橋英生は、今年8月19日に永眠しました。
 当ブログにお付き合いくださいましたみな様、どうもありがとうございます。画家のつぶやきは、来年も、もう少し続きます。またご訪問くださると嬉しいです。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月28日

彩雲の下は「天使の梯子」

DSCN0318 先週の定休日、地上が地吹雪で荒れている時、私は飽きることなく空を見上げました。日に何度も「彩雲」が見られ、夕方には「天使の梯子」までも。実は、「彩雲」は、真夜中でも見ることができるのです。月が出ていることが条件ですが。時には、目をスマートホンから空に向けてみましょう。きっと、そこには吉兆が・・・・・・。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月27日

あとりえ華の窓から 「彩雲」

DSCN0298 12月21日に撮影。
 太陽の近くの薄い雲が5色に彩られる現象を、「彩雲(さいうん)」と言います。呼び名がいろいろあり、昔から吉兆とされているそうです。
 みな様の所でも見られるはずです。見上げてみてください。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月26日

営業のお知らせ

DSCN0194「あとりえ華」は本日より1月4日(木)まで
休業いたします。
よろしくお願いいたします。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月25日

画家のつぶやき 当ブログ12月18日の続き

DSCN9877高橋英生:「自分でも自分に期待しながらやってますよ。私が汽車に乗ってね、一番感動したのは豊富近くなった時にね、あそこの平原からね、利尻を見ながらね、その空と雲をね、その黒いね、今にも雨が降りそうな雨雲と、それからまた白っぽい雲といろんな雲の色あいに混ざってね、ブルースカイのスカッとしたブルーがね、チラッツチラッと出るコントラストに魅せられてね、あ、こんなの描いてみたいなということで、ちょっと他と違ったね、空のね味わいがね、雲によって彩られるのでね、これから挑戦しようと思う。」

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月24日

「地吹雪」

DSCN0313 冬の北海道に付きものの「地吹雪」は、時には視界を遮断することもあり、注意が必要です。
 先日、地吹雪の中近くまで車を運転したところ突然車のライトを点けない白い車が現れ、びっくりしたさ〜!
 昼間の点灯を心がけましょう。対向車への配慮です。
 明日は暴風雪の予報が出ています。「あとりえ華」は、午前中のみ営業させていただきます。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月23日

年末・年始休暇のお知らせ

DSCN0294「あとりえ華」は26日(火)から1月4日(木)まで
休業いたします。
ブログは毎日続けます。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月22日

画家のつぶやき「パリのクリスマス」

DSCN9953英生:「パリでホームパーティーに呼ばれた時はね、持っていくものが決まっているんですよ。チョコレートかお花かワインか、この三つの内の一つ。私はその時の家族構成によって決めて持って行きました。お年寄りがいればチョコレート、人が多ければ花、というようにね。」

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月21日

想い出

DSCN0206 稚内は英生さんの生まれ故郷です。産まれたのは南稚内だそうですが、晩年移転したのは自然豊かな「上勇知(かみゆうち)」です。
 亡くなる前、黒百合の群生地を守ってほしいとある方々に託しました。受けてくれた方が先日、黒百合の和菓子を届けてくださいました。黒百合と名の付いたお菓子に英生さんが重なったのでしょうか。受けた方々の心が伝わってくるようでした。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月20日

「あとりえ華」の窓から

DSCN0278 上勇知は、ほぼ毎日雪です。
 16日は雪の合間に、時々「利尻富士」が見られました。厳しい天候も「あとりえ華」でコーヒーを飲んでいると、「利尻はやっぱり雪がある方がいい」というお客様の声が多く聞かれます。


hanadono at 00:00|Permalinkclip!

2017年12月19日

冬の空と雪

DSCN0169 「あとりえ華」の窓から。
 英生さんが遠い世界に行ったのは調度4か月前です。
 ブログを見てくださっているみな様、応援ありがとうございます。

hanadono at 00:00|Permalinkclip!