October 08, 2014

Gruff Rhys @Bitterzoet in Amsterdam 07.10.2014

今年4作目のソロアルバム、
American Interior
Gruff Rhys
Turnstile Music
2014-11-04

『American Interior』を発表したグリフ・リス、ヨーロッパ・ツアーで昨日の7日はアムステルダム公演でした。
場所は4年前にもグリフを観たBitterzoetだったので、駅から近いし前みたいに椅子が用意してあるだろうから楽でいいわぁと思いつつ向かったのだけれど…
中に入ってみると椅子が無い(^^;)
所用で一日中ヒール靴で歩き回っていたせいで足が痛くてもう立ってられなかったので、後ろのほうのベンチに腰掛けて始まるのを待ってました。
すると後から後からお客さんが入ってきてみるみる満員になる会場。そして私の隣にはおじいちゃん2人組が腰かけてワクワク顔で「期待できるね」「良さそうだね」なんて話してる。おじいちゃんたち、今日はどういった風の吹き回しで…?と尋ねたいところをこらえつつ(^^;)

開始時間ピッタリにグリフ登場。後ろからだともちろん見えず、前のほうにも行けない感じだったので2階から観ることにしました。

今作、正直に言うとジョン・エヴァンスという人形が旅をするというコンセプト、そして狼の帽子を被ったグリフのビジュアルにどうにも馴染めずCDも買ってなかった(spotifyで聴けるし、でも会場でやっぱり買ったけど)のだけど、でもライヴは楽しかった!
グリフがスクリーンに映し出した写真とともにストーリーを語って楽曲を演奏していく。おもしろくて楽しくて、会場ときに大爆笑(^^)
ストーリーも佳境、グリフが「まぁ人生思ったようにはいかないよね、僕だってかつては”Rock tumor”になりたいと思っていた、でも…ほら、ご覧の通り今、スライド・ショーしてるしね」っていうのがハマっておかしくてたまらなかったです(笑)

そんなスライド・ショーにグリフのトーク、テーブル・マジック(テーブルに載ったあれこれの小道具を使いつつの弾き語り)に美しい楽曲。心温まる素敵なひとときでした。

1時間40分、いろいろ語って演奏してくれた中で一番感動したのはこの曲。
聴けて良かった(^^)



b_yoko_hanaha

b_luigidebracco

 シェアする


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


にほんブログ村 海外生活ブログ<br><br clear=

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔