ミセスケイの薔薇コラム

バラについての成長記録や思うことなど、つれづれなるままに書いていきます。 バラの魅力が皆さんに伝わればいいな・・・・ どうぞよろしくお願いします。

クリスチャンディオール

クリロー買ってしまった!とクリスチャンディオール

私がよく行く園芸店で、
最近、真っ先に見に行くのが
クリローコーナー
目の保養、目の保養と言い聞かせて
見るだけ!!と思って見ています。
でも、今日は、家にない種類を見つけてしまいました。

IMG_8261ピンクブロッチダブル

ピンクブロッチのシングルは持ってるけど
ダブルは持ってない。
IMG_8262クリローって
自分が持っていない種類を見つけたら
欲しくなってしまう魔性の魅力を持ってます。
お値段が高かったら
縁がなかったものとあきらめるけど
IMG_8266それほどでもなかったので
買ってしまいました。

IMG_8267下を向いて咲いているので

せっかくのブロッチは見にくいけど、
来年どんな風に咲くか、楽しみです。

そしてもう一つ。

IMG_8258ピンクフラッシュダークネクタリー

こちらは、きちんと横向きに咲いていたので
お顔がよく見えました。
IMG_8259そのため、クリローコーナーの中でも
ひときわ目立つ存在で
あぁ、なんて美人さん。
IMG_8260蕾もまだあるし・・・。
シングルだからお値段もお手頃価格。
結局見るだけ~なんて思ってても
2株も買ってしまいました。
どうか枯れないでね。

さて、今日のバラは

dc122714クリスチャンディオール(2008年5月撮影)
このバラは、カクテルと同じく、
私をバラの道へと導いた
思い出深きバラなのです。
dc122718デザイナーの名前を持ち、さらに安かったという理由で
何も調べずに買いました。
お世話らしいことを何もせずに育てていると
気が付けば、蕾も葉っぱも真っ白に・・・
うどん粉病の事を知らなかった私は
気持ち悪くて白くなった部分を全部切り落とし
結局この年は
一つも花を咲かせることができませんでした。
dc122739これではいけないとバラの本を買って勉強し、

きちんとお世話をしたら、
翌年はとてもきれいに咲いてくれました。
バラってきちんとお世話をしたら
ちゃんと応えてくれるんだなぁと
しみじみと実感した次第です。
まあそういうわけで、
ここから私のバラ人生が始まりました。
クリスチャンディオールと
カクテルは
私のバラの原点だなぁと
今でも思っています。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村いつも見てくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらぽちっと押して応援よろしくお願いします。

枝垂れ梅の蕾が目立ってきました。

私の庭の主庭はコンテナガーデンですので、
四季折々の花を動かしては見える位置に置くようにしています。
花が咲いていない時期は別の場所で育てているわけです。
枝垂れ梅もその一つ。
今朝、蕾が目立ってきたので、
まだ蕾が固いうちに主庭に移動しました。

IMG_1066

IMG_1067

IMG_1068
このように各枝々にたくさん蕾がついてます。
IMG_1069全体はこんな感じです。
数年前から育てていますが、毎年よく咲いてくれます。
だんだんと蕾が膨らんでくると、
春が近づいてきたなぁと嬉しくなります。

IMG_1071こちらはクリスマスの時に作った寄せ植えですが、
今はアプローチに置いています。
シクラメンとアリッサムがきれいに咲いてくれているので、
掲載しました。
IMG_1073
右側に植えていたピラカンサの赤い実が、
いつの間にかなくなっていました。
自然に落ちたのか、はたまた鳥に食べられたのでしょうか・・・

では、過去のバラ
109クリスチャンディオール(2009年5月撮影)
1958年 フランス メイアン社 微香
このバラは私がバラにはまったきっかけとなった、
とても記念すべき?バラです。
ガーデニングにはまりだしても、初めのうちは
バラは難しいからやめておこう!と思っていました。
ところが、もともと好奇心が強いので、
1株くらいはバラを育てていいだろう・・・と思った時に、
ちょうど園芸店で見切り品500円で売られていたバラでした。
たくさんある中でクリスチャンディオールの名前に注目。
デザイナーの名前なんてほとんど知らない私でしたが、
ディオールの名前くらいは知っていました。
へ~、どんなバラが咲くのだろう・・・と思ったら、
好奇心がうずうずと湧き出して、
禁断であったバラを買ってしまったのでした。
ところが、その当時はバラの本を読まずに育てていたので、
せっかくついた蕾は見事にうどん粉病で真っ白。
うどん粉病のことを知らなかった私は、
気持ち悪くて、蕾を切ってしまいました。
で、結局、その年は一輪も花を見ることなく終わりました。
これに反省し、バラの本を読み、病気も知りました。
ディオールは、とてもうどん粉病に弱い品種だったことも
後から知ったわけです。そして、
心新たに育て始めると、翌年には、美しく咲いてくれました。
一度うまく咲かせることができると、
他のバラも育てたくなり・・・で、今に至っています。
ただ、うどん粉病については悩まされてしまうので、
ちょうど赤いバラが欲しいという友達がいたので、
病気のことも話したうえで、お譲りいたしました。
だから今はもう、我が家にはありません。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしかったらぽちっと押して応援よろしくお願いします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
  • フランシスデュブリュイ、コバルトセージなど
ミセスケイの自己紹介
 お花大好き、ガーデニング大好きの兼業主婦です。仕事が忙しくて土日ぐらいしか庭仕事ができないのですが、土日をフル活用して頑張ってます。 おもに、バラとクレマチスとクリスマスローズを中心とした庭づくりをしています。
カテゴリー
  • ライブドアブログ