久しぶりにブログを書いています。
モータースポーツのことからは、四国地区最終戦からすっかり離れて、
西フェスやJAFカップもあるというのに、まったく関知していません(-_-;)

台風19号の被害の大きさに、なんだか書くことさえできず、
仕事もちょっとあわただしくて、気がつけば10月も3分の2が終わろうとしています。

それなのに、朝夕は別として、日中の暑さはなんですかね?
東日本ではかなり冷え込みもあるようですが、
こちらは、日中は夏日を思わせる暑さです。

台風の被害に遭われた地域は、明日も雨とか?
また台風20号が日本の南海上にあります。

たくさんの方の尊い命が犠牲になりました。
まだ避難所にいる方、自宅が被害にあって片付けに追われる方、
心からお見舞い申し上げます。
一刻も早い復旧を願っています。

仕事柄、農業被害の実態もTVのニュースで見て、心を痛めています。
これまで、丹精込めて育ててきた農作物や家畜動物たちの被害。
収穫間際のもの、収穫を終えこれから出荷というときのもの。

その被害も甚大なものですが、農地や農舎などの被害が大きいことが問題です。
農作物や家畜の被害は、足りないながらも補償されると思います。
でも、土地の被害、畜舎の被害になると、復活には大きな時間と労力とお金が必要です。

田畑にあれほど大量の土砂が流れ込んで、復活できるのだろうか?と心配です。
若い方ばかりではありません。後継者のいない農家さんも多く、
元気なうちは、精一杯、先祖からの田畑を守り、頑張っていた方も多いはず。

耕作地として復旧できたとしても、その後は土壌の消毒やいろいろな作業があります。
農作物を作れるまでには、相当の覚悟を持って臨まないと難しいかもしれません。
離農を考える方もいるのではないでしょうか。
悲しいですね。

美味しいお米を作ってくれるおじいさん。
リンゴやブドウなどの果物、野菜を作る人。
牛や豚を飼育してくれる人。
そんな方々の、努力で私たちは安心して食事ができる生活を送っています。

私たちの食生活の安全と安定を守ってくれる人たちの被害の大きさを思うと、
ただただ、頑張ってください、復興できますようにと祈るしかない自分の無力さを感じます。

政府には、片付けだけではなく、その後の復興、復旧にも力を注いでほしいです。

なんだか、まとまりのない文章になりました。
でも、いろんなことを考えると気持ちが重くなってしまいます。

次からは元気に記事を書きたいと思います。

尊い命を落とされた方、そのご家族に。
被災されたすべての方々に。
どうか安心して暮らせる日常が、1日も早く戻りますように。