October 23, 2008

内子・大洲町並み散策 (4) 大洲市編4

内子・大洲町並み散策 (4) 大洲市編

愛媛県大洲市は、伊予の小京都と呼ばれています。小さな城があって、鵜飼の有名な町です。
3年前に一度仕事で来たことがありますが観光するのははじめてです。町の中心には、清流肱川が流れており、確かに小京都の風情を感じることができます。「おはなはん通り」は昭和41年のNHK朝のテレビドラマ「おはなはん」のロケが行われたところです。ここには江戸及び明治の面影を残す町並みが残っており観光の目玉です。

確かに、江戸・明治の面影を残す建物が残っていましたが昭和の建物も混在しています。東京デズニーランドをはじめ各地のテーマパークや倉敷、小布施、湯布院、黒川温泉など優等生の観光地では建築の細部にわたってなにがしかの統一性を求めているの対して、この町並みの統一性は強くなく住民の自主的な判断に委ねられているようです。
甍(いらか)の波、赤レンガ、白壁の蔵造り、板壁に格子戸の町並みの中に、原色の自動販売機やコンビニはなく、サラ金や飲料水などのけばけばしい商業広告はありません。こんな景色を見るとほっとします。
しかし、美観地区から消えた電柱がまだ残っており写真撮影の邪魔になります。一方では路地裏の花壇や植木鉢が目を楽しませてくれます。この町の人の「適度に・品よく」この町を維持していこうとする気持ちが伝わってきました。

大洲市は観光に力を入れながらも、住民の生活の方を優先し「観光客に媚びることのない観光政策」のようです。そのためか「おはなはん通り」はこの地域独特の暮らしの匂いを漂わせている感じがしました。

この日も多くの観光客が来ていましたがよく見るとほとんどが団塊の世代かそれ以上の年齢です。人生経験を積んだ人には、優等生の観光地より大洲市のように、ほどよく、品よく崩れた、なにげない町並みの方が「肩が凝らなくていいのかも知れないな!」と思いました。
「住んでよし、訪れてよしの国づくり」は観光立国懇談会の提言ですが、大洲市は団塊の世代の心の底にはある「こんな町に住んでみたい!」と思う注文に上手く応えているような気がしました。

交通の便は良いとは思えないこの町に年間約80万人の観光客が訪れるそうです。

大洲おはなはん通り8大洲おはなはん通り7














大洲おはなはん通り1大洲おはなはん通り2













大洲おはなはん通り3大洲おはなはん通り4













大洲おはなはん通り5大洲おはなはん通り6













大洲おはなはん通り9大洲おはなはん通り10














大洲おはなはん通り11大洲おはなはん通り12















関連記事

内子・大洲町並み散策 (1)
http://blog.livedoor.jp/hanaichisan/archives/51404857.html


内子・大洲町並み散策 (2) 内子座
http://blog.livedoor.jp/hanaichisan/archives/51404905.html



内子・大洲町並み散策 (3) 内子町編
http://blog.livedoor.jp/hanaichisan/archives/51404946.html


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大洲のこと  [ ともりんぶろぐ ]   May 05, 2010 06:08
大洲市在住です。毎日をハッピーに過ごしたいです〜
2. 白隠画風、和みと迫力 大洲で禅画展  [ ローカルニュースの旅 ]   October 03, 2013 13:55
迫力とユーモアに満ちた禅画で人気が高い白隠(1685〜1768年)の第一級作品であることが昨年判明した愛媛県大洲市内の「布袋吹於福図」などを公開する「白隠とその門下の禅画展」が1日、大洲市立博物館で始まった。12月23日まで。無料。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔