今回は撒き糊(まきのり)のご紹介です。

餅糊
この塊は何?これは餅のりに塩、亜鉛末などを混ぜ、竹の皮に塗り乾燥させたものがこれです。
竹の皮と糊
ではこれをどう使うかと言うと、まずこれを何種類かのサイズに割り小さな粒にしていきます。
IMG_2505

次に生地の上にこの小さな粒を撒きます。それからスチーム(蒸気)で少し糊を溶かし生地に
定着させます。下の写真は生地に糊を定着させたものです。
IMG_2504

それから生地を染めます。染めると下の写真のような状態になり、粒を取り除いた部分は白く
染まらずに残ります。
IMG_2499

※生地裏から見ると粒が定着している部分はすべて白く残っています。(下の写真)
IMG_2501

これが染色技法の一つで撒き糊(まきのり)といい、雪降り、霞、さらにもっと多彩な
意匠を表現するのにも使われます。