2008年09月

満開の白萩

 

向花房 から頂いた白萩一年あまりでこのような大きく育つとはつゆ知らず

おいなり様の社の側に植えあまりの成長の早さに驚きと喜びでいっぱいです

今朝写真撮りながら気にしていた恵みの雨が夕刻から降り出しハナには可哀想なことしましたが 植物としてキッと悦んでることと思い満開を捉えることが出来嬉しく思います

mannkai23066mannkai3067

 

 

 

 

白萩の雨をこぼして束ねけり  杉田 久女

楚々とした風情 そよぐ風にホロホロとちる花びらのいとおしさ

好きな花の一つで

散歩道で見つけたくずの花は幼かった小学生のころの遠足の山道を思いだします 子供心にこんな綺麗な花が山道に咲いてるのが不思議 何時も手に届かないところに咲いていましたがとても心惹かれる花の色と形でした

白萩の白に思いを馳ながらフト幼い日にみたくずのはなのいろのおくぶかさ

今落ちしばかりのくずは紅きかな 星野 立子

 

くずの花もこぼれて落ちてくる紅を失わないままにkuzunohana3059

秋をたぐり寄せながら 二つの花への思い 秋は紡がれて行く

 

 

朝焼けは、  1日の出来事

 

早朝の朝焼けの空は 美しい 色を織りなしてた

そう言えば春霞に染めて貰った着物の色もこのようなぼかしだ、、、、

asayake3053asayake23054茜色は夕焼けのいろと思っていたけれど、、、、朝焼けは雨になると言うけれど

庭の槇の木垣根の中に一本だけ実を付ける木がある赤く熟すると食べられるというけれど 熟するまでまとう 食べたことはないmakinomi3055

 

 

 

仕事上の友人と待ち合わせランチ 希なことに出会って大笑い

場所は築町 前日は昼も夜も梅の花の豆腐料理 いささか飽きたので丁度フレンチの看板をみっけ ワンプレートのランチのメニューに惹かれて店内へ

itariann3062店内は小じゃれた感じイケメンのお兄さんと愛想のいいお姉さん待つこと、、、ナガーイ

運ばれてきたこんなものかな〜スープは温めなおしたのか変に煮詰まってる辛い サフラン飯は入れ物からこぼれそうなんともとらえどころのない(^_-)

アフターはコーヒーを。。。 ネ〜フレンチのコーヒーってこんなにぬるいのかなー

生ぬるいコーヒにすみませんチョット! 此処のコーヒーこんなにぬるいのがフレンチ? ァ ぬるいですか? 飲んでみてとは言わないけど指をつっこんでみて、、、、と意地悪、、ァホントに、、、取り替えます

かなり時間が経ちイケメンが運んできたコーヒー 無言でおいていった

イケメンに気後れしたおばさん二人はね〜悪いからケーキでも取ろうか、、、、

そうね〜ケーキ有りますか、、、、チョットお待ち下さい ショコラなら有るそうです

itariann2G3064温めのコーヒーが冷たくなりかけたころ運ばれてきたケーキ イケメンが誇らしげにショコラの上のアイスクリームはゴールドキイウイの アイスクリームです と

ショコラは堅い フォークでヨッコラショ

今日のイタリアンレストラン

スープは煮詰まり塩辛い 辛うじてサラダだけは、、ショコラは解凍菓子?

コーヒーはドリップで沢山 たておいたのを数だけ暖めなおして出す

なめてはいけないよ これでも珈琲屋の経験有り

こんな店が通用するかと さもありなん客は一人も居なかった奥の方には沢山のワインの瓶が並んでたけど、、、、

追伸

ランチ注文した時ワインを頼んだの グラスでロゼを、、、、と

奥からお姉さんニッコリ、、今日は豚肉のソテーがメインですので赤ワインに、、イイエ ロゼを ロゼのグラスワインはありません じゃ キャンセル

紙みたいに薄い豚肉のソテーは2枚薄いレモンの半きれと 一枚のズッキーニーを載せて、、、、

これで1680円也のランチと相成りました

友人と大笑いばーかみたい こんなレストランもあるのかョ〜

待ち合わせの時間がたっぷり久し振りの友人とゆっくり 仕事の話しに身を置いた良い時間 このお店続くのかな〜場所柄でしょうか、、、、長崎の恥

 

 

何を書こうかな〜

 

いっぱいいっぱい書くことが山積すると何もかけない

一番気になってるのはPCがパンク寸前(^^;)

相談にシニアネットに行こうと思うのに時間が合わない

誰か助けて〜と悲鳴を上げたいが 悔しいじゃない!

買おうと思って居ながらノートPCの時の失敗が気になる

何処から手を付けるかが其処が問題なのだ

仕事優先 解ってるョ〜

なんとか時間を作ってとお思いながら 、、、、、何処かでにやりと変なのが意地悪く悪態を付く 負けては行けない ポジティブに自分を励ましていこう

心の中を覗かれるの大嫌い いっぱいいっぱい秘密があるから

籠盛りした 意地悪も 透明の花瓶の淡い色の花の優しさも裏表で

溢れる心の中の秘密 でもPCの立ち上がりを祈るような気持ちで見つめる私が愛おしい

パーッとぶっこわれてくれるのもいいかな〜 諦めがつくかも

と思いながら年月は、、、、矢張り新しいのが来るまで頑張ってお願いだから、、

 

 

二四節気 の一つ 白露

 

のどかな日 

白露 何て綺麗な言葉だろう  

併せたように 向花坊から 昨年20センチほどの細い苗を頂いてきた

大切に育てた白萩の苗がほころび始めた白萩

ほんの一部だけど満開のときは改めてここに披露しよう

清楚なはなは 心癒してくれる

ぶらりと夕方の散歩 香焼から安保に北というシュナイザーのシュン君に会うsyunaiza-

ママとお散歩の ラブ君

お店で売れ残りはき寸前の子犬をママの息子さんが5万円で買ってきたそうだほんとは20万以上するのに買い手がつかずにいたとのこと世の中の不条理人間の身勝手、、、、

yamauti3048まだ1歳半とても元気な友達だ

白露、、、いい日

思い出と出会いと

9c83adf2.JPG

 

朝夕殆ど同じ時刻同じ道ぶらり散歩 もう何年続いてるだろうか自分の環境も代わり 出会う人も少しずつ変わっていくが自然界は同じ場所におなじ営みを繰り返し思い出だけは 様々な形で紡がれていく

13年間雨風の日も暑さ寒さもいとわずに一緒に歩いた愛犬十夢ももう居ない

思い出の中には何時も一緒に歩いているけれど、、、、

幼稚園のマリア様 

ノウゼンカズラ

967bfc0d.JPG

          

 夕闇迫り始めた散歩道久し振りにカメラを持って歩いた

          老猫はるちゃんのご機嫌伺いに、、、、

       何処へ行ったのか会うことが出来なかった 

気まぐれで滅多に人を寄せ付けないはるちゃんが漸く心を許してくれて

 はるちゃーん と呼べばしっぽをちらりらとたいぎぞうに振って答えてくれる

 気が向けば近づいて すり寄ってくる

たいていは知らんぷりだが、、、

もうねぐらへ帰ったのかな〜

ノウゼンカズラの真っ盛り 先年シニアネットの方々とさるいた 道が私の散歩道

今年もの花盛り  一枚だけの探訪の印

 虫集く 夜なべの技も 心地よく

 

素足を伝わるひんやりとした芝生の感触 湧いてくる虫の集く音と 手の届きそうな星の瞬きが私を包む 暗闇の中ソーッと知らんぷりして通り過ぎていく初秋の風も嬉しい

ここ何日かカメラを手にすることがない

保土ヶ谷から届いた甘い香りの梨 さわると傷つきそうな完熟の桃 翡翠色した大粒の葡萄は岡山から 稔りの季節を堪能しなさいと友情が届く

ひたすら手紙を書いた 書いた(*^_^*)

人並みの生活に戻ろうと努力 (^_-)

明日の夕方の散歩は道ばたの老猫はるちゃんにカメラでも向けてみようかな〜

つれづれに

 

 忍び音をならしながら 山の端を上がる月が 奏でるのは 目で聴く音楽

自然界は名残の夏を いとおしみながら 秋へとすだく虫の音に 

囲まれていく

聞こえない秋の足音は 絵筆を持った 画家のいたずらか彩りだけが

塗り替えられていく 追いかける 風の色を探そうと画家はパレットを 開く

繰り広げられる秋色の 世界を楽しもうとアーティストを気取った 

月のの独り言

何処かでグラスを傾けようか、、、、

 

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ