2010年05月

バラ色の人生  (^◇^)

CIMG1431
バラの花に彩られたハウステンボスバラ色の夢を見て過ごしてきましたコシノジュンコさんのトーク フランス三ツ星レストランから来られたシェフの腕によりが掛ったディナー国際バラの会の会長のフランス人の紳士イケ面?らしき4人のバラの花のオーそティーこれだけそろえばワインもそれなりの各ずけ美味でした  残念ながらカメラマイク全面禁止ディナーの写真も駄目でしたのでよく朝の
食事CIMG1439こちらでいただきCIMG1438ました     sy  
薔薇コンクールの会場   







素晴らしい花の数々一年をかけて審査がなされていく植え込まれたばかりの花は番号のみ名前も明かされず審査員の期待にこたえることにならバラの数々は別の場面でご紹介したいと思いますバラのないとのご推薦の花々少しだけ、、、、CIMG1502
CIMG1502
CIMG1503
CIMG1499CIMG1498

中島川の紫陽花 そして我が家の花

CIMG1418
せっかくのアジサイが変ですね写真が変?マーいいや〜
ランチの後中島川のほとりをそぞろ歩き
確かに美しいけど人工的に作られたかなしさエーこれがアジサイなのと思わず声に出す同伴の方 御年85歳
紫陽花の花びらは4枚だったと思うけど、、、これ本当にアジサイですか? と 。そぼ降る雨にぬれて咲くあのはんなりとした姿のアジサイは見当たらない 力ずよくきっちりと整列したアジサイの花々作者の方の力作にあえて言うこともないけど 依然訪れた鎌倉アジサイ寺の
紫陽花が懐かしい七色変化移り気という花ことばに懐かしささえ覚える そうだもう少ししたら野母半島の道沿いの紫陽花の花を見に行こうきっと心変わり七色変化の優しくいざなうような姿が見れるだろう  我が家の庭に目をやると知らぬ間に孔雀蘭が咲き 栗の花もいっぱいの花をつけていた秋には栗ご飯が楽しみだこと(^^♪ 
   CIMG1421
   CIMG1422 い以上近況報告でした

日記かな?


 美しくたおやかに何気ない幸福感で過ごせたらいいのに と思ってるのになんてめまぐるしい日々よ!
続けてお喪服着用2回 それぞれの悲しみはそれなりに受け止めて過ぎていく
いつの間日か水辺の森の花も様変わり
CIMG1404

やまぼうしの可憐な花が真っ盛り 素直な気持ちでそぞろ歩きの世界を許してくれました
美術館はバラ展で大賑わい美しいけど感動はなかった
CIMG1401
何となく映した一枚
美しいけどあの狭い会場に缶詰みたいに並べられた花には何の情感もない主催者には申し訳ありませんやはりそれぞれの表情を持って自然界の花を見たい贅沢ですか?山下清展2回目ですいろいろなところで展示を見てきましたが今回のはとても親切に彼の生涯を映していますあらためて彼の凄さを感じてる私です
同時開催のエルグレコの
エルグレコ(聖母戴冠)
は是非心の目で感じてみてほしい作品です
CIMG1403

考える時間も心のゆとりもなく流されて過ごしたここ何日か ようやく庭の小鳥の来訪を眺めるときを持てました軽やかに飛び跳ねて虫をついばむ小鳥たちの可憐さは名も知らぬ鳥たちですがひと時の癒しの光景です
CIMG1392

ミミズを咥えた小鳥の誇らしげな姿自然界の摂理でしょう そんなこんなで慌ただしくまた明日からもスケジュールをこなします 
忘れてました 合間を縫って友人3人で睦月に行ってきましたあ 板さんの包丁の効いたおつくりに感動生のマグロを頂きました 七夕のメニューの時期に是非というお誘いでした

久しぶり、、、、、

キラキラ輝く海辺を散歩と洒落こもう もうしがらみはあいらないの 生まれそっだったこの街は私をすっぽりと包んでくれる 船黙り寄港の船から声がかかった
魚持っていかんね〜小学校の同級生Y君だ
大漁らしく ニコニコ 元気やったね 、、、、
先日も 留守ったと近所 預けてあり感謝 と戸惑い
鯛 いとより 赤目? 頂きました
ウ〜 どうしよう 種を明かせばわたくしは魚をさばくのは苦手なのです先日の魚は預かってもらった家の方がきれいにさばいて半分こ 大助かり、、内緒です
ずーっと 料理上手の母のもとで暮らし仕事人の私は魚をさばくことは必要でなかったし母亡きあとはもっぱらお魚屋さん専門だった 家に持ち帰り頼りの人に声をかけたら一人は結婚式一人は母の日でお出かけ どうしよう^_^; エイ!頑張れ良子さん
半世紀ほど前花嫁修業もしったっけな〜母の見事な包丁さばきも見てそっだった 出来ないことはあるまいぞ
(●^o^●) jpg魚
鱗をはさぎながら 記念写真を思いつく私にとって初めての魚さばき そういえば昨夜母の夢を見た 
おかーちゃん 腕前を見ててね
赤目は背開き塩水で洗い天日干し 鯛は一尾は塩焼きのため保存 一尾はあす100歳のおバーちゃんへお届けします 糸より? お煮つけ 頑張りました
お酒みりん醤油梅干しを煮出しブツ切りの糸よりを入れ落としブタで煮込み 私?ウフフの状態大好きな男山の冷を頂きながらの料理ですついでに料理酒ではなく男山で煮てしまいました 母がしていたように砂糖も入れ長崎煮つけです 夕食はおいしく頂きましたもちろん
料理中の盗み酒は内緒改めて飲んでいまっす
尖がった私は 何処へ これが主婦と云うものでしょうか、、、、匂いもお台所も残してはいけません
明日からは仕事人間に戻ります夢を託していただけるお客様のため精いっぱい心をこめて頑張
りましょう
マニュキアの色が輝き眩しいくらいに

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ