整体院 ・花香グループのブログ

長浜市を拠点とした『整体院・花香グループ』の各店舗の店長やスタッフのブログです。

滋賀県長浜市神照にある『整体院・花香(はなかおり)』を中心に、米原駅前店・伊吹薬草の里店・びわ桜、それぞれの店長やスタッフが“皆様の健康のお手伝い”をさせていただいております。


花香ホームページ http://hanakaori.jp/

《整体院・花香 本店、東洋式リンパ療法研究所》
〒526-0015
滋賀県長浜市神照町735-8
tel/0749-62-3906
営業時間/【完全予約制】10:00~19:00(最後予約受付18:00・要相談)
定休日/日曜日

《花香 米原駅前店》
〒521-0016
滋賀県米原市下多良2丁目63番地
セリマンション1F
tel・fax/0749-52-3979
営業時間/10:00~19:00(最終予約受付18:00・要相談 ※月曜日は16時)
定休日/水曜日

《花香 伊吹薬草の里店》
滋賀県米原市春照37 伊吹薬草の里文化センター 内
営業時間/平日:11:00~17:00 土日:12:00~18:00
tel/0749-58-0105(伊吹薬草の里事務所番号)

《かんぽの宿・彦根店 びわ桜》
滋賀県彦根市松原町3759 かんぽの宿彦根 内
営業時間/11:00~21:00
tel/0749-22-8090(かんぽの宿彦根番号)

8月伊吹薬草の里店シフト

火曜日・金曜日・・・村岸先生
水曜日・木曜日・・・織田先生


8月変更箇所
11日(木)が祝日の為、翌日12日(金)が休館日

6日(土)・21日(日)・・・織田先生

7日(日)・20日(土)・28(日)・・・村岸先生

13日(土)・27日(土)・・・宮元先生

14日(日)・・宮元先生・北川先生



お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

お待ちしております

伊吹薬草の里店






夏は虫が増える季節、屋外でも屋内でも「なんかかゆい!あっ!いつの間にか虫に刺されていた!」なんて事は誰でも一度は経験があると思います。かく言うワタクシも先日、屋内で3か所ほど刺されました(笑)
この虫刺され、かゆいだけではなく噛まれた虫によっては痛かったり、腫れたりするのがあるので困ります。なるべく刺されないのが一番なのですが、いくら虫よけをしていても刺されてしまう時は刺されてしまいます。

という事で、虫に刺されたときの応急処置をご紹介します。

■蚊
夏の定番といってもいい「蚊」は、夜間など屋内を飛んでいるような普通の蚊の場合、刺されても市販の虫刺され薬を塗っておけば自然に治ります。ところが、屋外で活動しているヤブ蚊(ヒトスジシマカ)に刺されると厄介です。これに刺された痛みとかゆさは普通の蚊の比じゃありません。

このヤブ蚊に刺された場合は、すぐに流水で冷やし、できれば刺された箇所をせっけんや洗浄力が高い洗剤で洗いましょう。その後に、市販の虫刺され薬を塗ります。ついかきたくなりますが、かきむしると「とびひ」になる事もあるので気をつけましょう。

■ダニ

布団や床に潜んでいる「イエダニ」は、かまれた部分に小さな赤い点が2つ並び、蚊よりもかゆいのが特徴です。こちらも蚊に刺されたときと同じく、流水で冷やすといいでしょう。山や草が生い茂る場所にいる「マダニ」の場合は、皮膚にかみついたところを無理にはがすのは危険です。無理にはがすと、マダニの口器の一部が残ったままになることがあるからです。

マダニが噛みついているのをはがすには、消毒用エタノールを含ませたガーゼなどをあてておきます。こうする事でマダニを殺し、取れたら市販の虫刺され薬を塗れば問題ありません。ただし、取れないときは病院へ行きましょう。
マダニに刺されると、発熱・嘔吐・下痢などの症状が出ることもあるので、アウトドアや居そうな場所での作業の際は、長袖と長ズボンで肌の露出を抑えておくようにしましょう。もちろん虫よけスプレーも忘れずに。


■ハチ
最後に、こちらもこの季節に多いのが「蜂」に刺された場合。まず、針が刺さってないか確認します。刺さったままの針はピンセットなどで抜くか、カード状のもので横から払うように取り除きます。その際、指でつまもうとしたくなりますが、指に毒がつく可能性があるので止めましょう。

針を取り除いたら、ポイズンリムーバーなどの吸引器を使って毒を絞り出します。その後、患部に市販のステロイド系軟膏などを塗り、冷やします。そして早めに病院を受診しましょう。蜂に2回以上刺されると、アナフィラキシーショックを起こすことがあるので早めの受診をオススメします。


また、虫に刺されたら痕を残さないために「保湿」するのが有効です。虫に刺された箇所は、通常の肌よりも乾燥しています。天然のオイルや保湿力が高いクリームなどを塗って、肌の再生をサポートしましょう。

夏につきものの虫、刺されたら早めの処置を心がけて夏を楽しみましょう。

米原駅前店

先日、お客さまからコレをいただきました。
image


















ちょっぴり大きい方のパッケージの写真が怪しい…と思ってしまいそうになったのですが、コレ、紅茶とコーヒーです。しかもベトナムの紅茶とコーヒーなのです。
お客さまが「ベトナムに行った時、たくさん買ったのでおすそ分けです」とおっしゃられました。

紅茶もコーヒーもよく飲むので、これは有難いと思い、いただいたからには飲んでみましょう。という事で、さっそくカップにそれぞれを入れ、お湯を注いでみました

紅茶は苦さがなくて飲みやすく、キャラメルの香がより飲みやすさを助長しているような感じがしました。ただ、ストレートで飲んだので牛乳や豆乳を入れたらもっと美味しいんだろうな…と思いました。(今度試してみよう)
コーヒーは砂糖と乳製品が入っていて、お湯を注ぐだけでなタイプのでした。日本の製品よりちょっと甘いかな?と思いましたがコーヒーと砂糖と乳製品のバランスがよく、これは疲れた時や一息つきたい時に欲しくなる味だ。と思いました。

と、こんな事を思いつつ有難く頂戴致しました(笑)

I・Nさま、美味しい紅茶とコーヒーありがとうございました<m(_ _)m>

米原駅前店

梅雨は明けましたが、すでに「夏バテでダウンしている」という声を頻繁に耳にします。そんな「夏バテ」ですが、なぜ起こるかご存知ですか?夏バテが起こる原因、そこには人が本来もっている「免疫力」が深く関わっているそうです。

という事で、「夏バテ」と「免疫」の関係に注目して、免疫力のメカニズムやその対処法と免疫力アップの方法をご紹介します。

■「夏バテ」と「免疫力」は深く密接している
日本は、梅雨の時期に夏が始まり梅雨が明けると猛暑にうつります。そんな高温・多湿の気候が体力を消耗させ、疲労や倦怠感を強く感じやすくなり、そこから食欲不振や睡眠不足などの不調を訴えやすくなります。
これらの体力低下や思考・判断力の鈍化などから、よく言われる『自律神経が乱れた状態』のことを総して「夏バテ」と言います。

■免疫力の低下と夏バテとの関係性
1:冷房の効いた部屋から外へ出たとき
冷房がかかっていた部屋から出た時、部屋と外の温度差により体温調節が上手く出来ず、免疫力の低下に繋がり「夏バテ」を引き起こします。これは夏特有のものです。

家や建物内にいるときは涼しい部屋から外へ出ることを考えた冷房の設定温度を、出掛け先では上着などで調整しましょう。

■発汗×冷たいものによる胃の機能低下
汗をかくのは体温調整をする上で必要なことですが、血管の拡張が原因で胃の血流量が減少し胃の機能が低下します。その状態で冷たいものを摂ると、胃液が薄まって食欲不振などの「夏バテ」になってしまいます。

また免疫力も弱まれば、消化・殺菌力が低下して下痢や食中毒を引き起こすこともあります。
発汗時やのどが渇いた時の水分補給の飲み物の温度は、常温にして胃を刺激しないようにしましょう。

■ビタミンの不足
うなぎや豚肉、レバーなどに多く含まれるビタミンB群。これが不足すると疲労物質が蓄積し「夏バテ」のだるさを感じることがあります。また、だるさを感じ続けていると代謝が落ち、体内の老廃物も蓄積して免疫力が低下してしまいます。

不足しがちなビタミン。特に夏は意識して摂取しましょう。

■夏を乗り切るために食べたい食材
うなぎ
冷房が効いた部屋では空気が乾燥しがち。そんな時、うなぎに含まれている「ビタミンA」には肌や粘膜を作る働きがあるので、喉の乾燥を防いで夏風邪予防にも一役買ってくれます。さらに夏バテに効果的な栄養も多く含まれているので、夏を乗り切るために食べたい代表格の食材です。

豚肉
夏は体内のタンパク質を消耗しやすいと言われています。タンパク質は、皮膚・筋肉・血液などを作り出す重要な栄養素のひとつなのでしっかり摂取する必要があります。そんなタンパク質が摂れる食材の一つに豚肉があります。豚肉には、神経系のエネルギー供給にも関係してくるビタミンB1が豊富に含まれていますす。

タンパク質に加え、不足しがちなビタミンも摂取できるので夏に食べたい食材のひとつです。

豆腐
高タンパク&低カロリーの豆腐。暑い夏でもさっぱりと食べられて、必要なエネルギーもしっかり摂取できる食材です。そしてあまり胃腸に負担がかからないので、食欲がない時にも食べられます。

ピーマン
夏野菜のピーマンは免疫力を高める作用があるビタミンCが豊富です。体内に侵入してきたウイルスを撃退して、白血球の働きを助けてくれる栄養素です。また紫外線や冷房の空気にさらされた夏の肌も助けてくれます。

■夏を乗り切る「免疫力」アップの方法
夏の気候は、副交感神経系が優位になるので白血球の中にあるリンパ球の働きが活発になります。活発化したリンパ球は、免疫力を持続させて体外から侵入したウイルスや細菌を攻撃し体を守ってくれます。
しかし生活習慣や食生活が乱れていると、リンパ球を鍛えることができず体を内側から守ることができません。つまり「夏バテ」知らずな毎日を送るには、意識して生活習慣などを改善することが大切なのです。
そんな生活習慣の改善で重要なポイントが5つあります。

1:しっかり栄養を摂り、胃腸機能を保つ
不足しがちな栄養素を中心に、うなぎや豚肉などの夏バテ予防に効果的な食材を意識して摂りましょう。

2:十分な睡眠を摂る
寝不足は自律神経の乱れに繋がるので「寝るときは寝る」と割り切った生活を心がけましょう。

3:お風呂にしっかりと浸かる
冷房冷えで鈍った汗腺を活性化させたり、湯船の水圧効果で心肺機能を鍛えることができるので夏でもしっかりとお風呂に浸かりましょう。

4:水分補給は常温で適度に
知らず知らず水分が不足してしまう夏。暑いので冷たいものを口にしたくなるものですが、胃腸機能の低下に繋がるので、できるだけ常温のものを摂取するように心がけましょう。

5:軽い運動で基礎代謝を高めて、体力を持続させる
涼しい部屋でジッとしていては代謝が弱まり、屋外などの外気温と変わらない環境下に居続けるたりすると体力を維持できなくなります。適度な運動で持続的な体力を保つようにしましょう。


生活習慣を改善して「免疫力」の強化と持続が期待できます。始まったばかりの夏ですが、バテないように気をつけていきましょう。

米原駅前店

先日梅雨明けが発表され、いよいよ
夏本番となって参りました。

夏といえば、色々と思い浮かぶものが
あるかと思います。
私は夏が好きなので、個人的には忙しくなるかも😁
(時間ないけど。。。😅)

色んなイベントがありますが
そんな中、増えてくるのが前々から
毎回のように、うるさくお伝えしております、怪我や事故です。
例年同様、もうすでに増えてきております。
中には、骨折された方もおります。

先日、駅前店の店長が記事にしてくださったように、熱中症にもご注意下さい!

せっかくの夏休み、家族サービス
怪我をしていては楽しみが台無し😥
エアコンなどの冷えで、筋肉もかたまり
普段よりも怪我をしやすい身体になっておられる場合もあります。
冷たいものの摂りすぎにも注意が必要です。😱🍺

せっかくのプランが台無しにならぬよう
そして、良い思い出となりますよう
くれぐれもお気をつけ下さいませ!

そして、体調が優れないような時は
遠慮なくお申し付け下さい!
宜しくお願い致します🙇



びわ桜

昨日、梅雨明けが発表されました。明けた途端、この天気の良さと痛いぐらいの日差しの強さよ…(*_*;)と思いつつ過ごされたかと思います。
梅雨が明けたという事は、とうとう本格的な夏の気候になっていきます。となると、ますます注意が必要になってくるのが熱中症ですよね。

という事で、熱中症の注意点と予防法をご紹介します。

■熱中症ってどんな症状が現れるの?
熱中症は、高温・多湿などの環境下で体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れることによって発症します。その症状から重症度が3つに分けられていて、下記に述べているⅡ度以上の症状があれば医療機関への受信が必要とされています。

重症度Ⅰ
症状:めまい・立ちくらみ・生あくび・大量の汗・筋肉痛など。
対応:応急処置をして様子をみる。

重症度Ⅱ
症状:倦怠感・嘔吐・頭痛・集中力の低下など。
対応:医療機関を受診

重症度Ⅲ
症状:発作・けいれん・意識がない・返答や言動がおかしいなど。
対応:救急車を呼ぶ

特に、子供・高齢者・屋外で働く方・スポーツをする方・キッチンや厨房で火を長時間使う方・肥満気味の方・持病がある方は注意が必要です。
また、熱中症で後遺症が残ることもあります。意識がない・けいれんを伴う重度の熱中症になると、最悪の場合死に至ることもありますが、助かった場合でも脳障害や腎障害が残る可能性があります。さらに軽い熱中症であっても、頭痛・倦怠感・耳鳴りなどの不快な症状が出てしまうことも少なくありません。熱中症を軽く扱わず、きちんと対策を行うようにしましょう。

■熱中症の予防法
室内でも熱中症になってしまいます。その原因は、火を使う台所や換気不足によって熱がこもりやすい環境になっているからだと考えられています。
また、熱中症患者の約半数は65歳以上の高齢の方です。高齢の方は自分で脱水症状の気づきにくく、さらにお茶などの塩分が少ない飲み物を好む傾向があるので、体内の電解質が不足し熱中症になりやすいので、例え屋内であっても注意が必要です。

屋内での工夫として、すだれやグリーンカーテンを利用し窓からの日差しを遮る・エアコンの温度は28度を目安に、ガマンせず昼間でも入れる・同時に湿度50%を目安に除湿も行う・汗をかいても渇きやすい素材の衣服や、締め付けが少ないゆったりしたデザインの物を選ぶ・炎天下では熱を吸収しやすい黒や紺色など濃い色の素材を避けるなどです。
また屋内・外関係なく、のどの渇きを感じなくてもこまめな水分補給を心がけましょう。目安として、30分おきにスポーツドリンクや経口補水液をコップ1杯(200mlほど)摂取しましょう。

■熱中症の疑いがある人が居たら
熱中症の症状に当てはまる人を見つけたら、すぐに次のような応急処置を行い様子をみて医療機関へ連れていきましょう。

1:涼しい場所へ移動させる
屋内であればエアコンが効いている所、屋外であれば風通しのよい日陰などに移動させ、体を横に寝かせ安静にします。

2:体を冷やし体温を下げる
衣類をゆるめ、うちわなどで仰いで体温を下げます。首筋・脇の下・ふともも内側の付け根を水で濡らしたタオルや保冷材などで冷やします。

3:水分・塩分補給をする
水分と塩分が同時に補給できる経口補水液などを飲ませます。ただし、意識がな場合は誤って気道に入ってしまう危険性があるので、無理やり飲ませる事は止めましょう。

ちなみに、経口補水液は水分や電解質の吸収を高める特性があり、スポーツドリンクよりも糖分が少なく、塩分が多く配合されています。激しい発汗・下痢・嘔吐などの症状を感じた際は経口補水液を飲むと予防になるそうです。

熱中症予防に気をつけて、これから本番となる夏を乗り越えましょう。

米原駅前店

日々の習慣や体の“クセ”によって、知らず知らずのうちに歪みが生じてしまうのはどうしても避けられないのが我々人間です。ですが「ちょっとした意識」で歪みにくい体になれたら嬉しいですよね。

という事で、体の土台である足裏からわかる歪みとそのケアについてご紹介します。

そんな足裏、まずチェックしてほしいのが靴底です。ほぼ毎日履いている靴の底をよく観察してみてください。偏って擦り減っていませんか?
擦り減っている場所によって足のクセやからだの重心がわかるのです。

■靴底の擦り減りでわかる足のクセと体の重心

かかとの外側がすり減っている→O脚・外側重心

かかとの内側が減っている→X脚・内股・内側重心

つま先が減っている→つま先重心・外反母趾になりやすい

かかとが減っている→ガニ股

自分のクセがわかったところで、ではどうしたらいいの?かと言うと、日頃から立ち方や歩き方を意識して改善して行くといいのです。

■ヨガの基本ポーズである「土台を意識」するだけ
ヨガでは立位(立っている状態)のポーズをとる際、まずは土台となる足元から作っていきます。土台が安定していないと、バランスをとるために変なところに負荷がかかってしまいます。

その際に意識するポイントは、『親指の付け根(母指球)と小指の付け根(小指球)とかかとの3点でしっかりと床を押し、「土踏まず」を持ち上げること』です。

この「土踏まず」が崩れると、扁平足や外反母趾の原因にもつながります。

簡単なのですが、いざ実践してみると案外難しいと感じられるかも知れません。だからこそ日々しっかりと意識して立つ事が大事です。実際に3つのポイントを押さえて立ってみると重心が安定し、歩くだけでも脚の内側と外側の筋肉がしっかり働いているのを感じられるはずです。

脚痩せ・外反母趾・むくみ・偏平足…脚に関する悩みは尽きませんが、少しの意識で身体はどんどん変化していきます。まずは自分にできることからはじめてみましょう。

米原駅前店

仕事や家事の合間にホッとひと息つきたい時、コーヒーを飲むという人は多いのではないでしょうか。
コーヒーに含まれる「カフェイン」には、交感神経刺激作用や覚醒作用があるので、眠気覚ましや疲れた時の気分転換に有効です。また、カフェインには血管拡張性の頭痛(片頭痛)の緩和作用があることがわかっています。

ですが、カフェインを摂り過ぎるとかえって体に良くないのであまりおすすめできません。
その理由は、極端に大量摂取するとめまい・振るえ・不整脈・精神不安などを起こしてしまうからです。また習慣化してしまうと、軽い禁断症状を起こすことがあります。また、そこまで多量摂取でなくても交感神経刺激作用により血管が収縮するため、手足が冷えたり、生理痛を強くしてしまうことがあります。


という事で、カフェインが及ぼす生理痛への影響についてご紹介します。

■カフェインによる体への影響
体を冷やす
「冷えは万病の元」といわれるように、冷えは体にさまざまな悪影響をもたらしますが、女性の場合、冷えによる血行不良で骨盤内がうっ血します。すると生理になった時、生理痛も悪化してしまいます。毎月の生理で血液が失われるので、「貧血」(鉄欠乏性貧血)になりやすい傾向がありますが、カフェインをとると食べ物やサプリメントから得られる鉄分の吸収が妨げられてしまいます。
貧血気味の人は食事中~食後30分はカフェインを摂取しないようにしましょう。

また、妊娠するとカフェインが胎盤を通じて赤ちゃんへ入り、発育にも悪影響を及ぼす可能性が否定できません。ですので妊娠中の方はカフェインの摂取は控えめにしたほうがよいでしょう。
医師によって見解が異なりますが、1日に1杯程度までにしておくのがよいそうです。

■生理痛がひどいときはハーブティーなどカフェインレスの飲み物を
カフェインはコーヒー以外にも、紅茶・お茶・コーラ・エナジードリンク・栄養ドリンクなどにも含まれているので、これらの飲み物も摂り過ぎはNGです。ただし、紅茶や緑茶の場合はカフェインがカテキンと結びつくので、作用が穏やかになるといわれています。

生理痛がひどいときは、ハーブティーなどの『カフェインレス』の飲み物がおすすめです。
カフェインレスな飲み物は、血行を促進し体を温める作用がある「ジンジャーティー」、リラックス効果や鎮痛作用がある「カモミールティー」、むくみや便秘の解消があり、ビタミンCが豊富な「ローズヒップティー」、消化促進や鎮痛・リフレッシュ効果がある「ペパーミントティー」、下腹部の血行を促進する「タンポポ茶」、新陳代謝を高めたり美肌効果がある「ハト麦茶」などです。

女性が気をつけたいカフェインの作用、いかがでしたか?普段からよくコーヒーなどからカフェインを摂っている人は控えめにしてみましょう。

米原駅前店

昔から、健康や美容のために「旬の食材を食べると良い」とされています。
今は夏の時期になるので、夏に旬を迎える食材を努めて摂ることで、夏バテを予防し健康的な身体を保つ秘訣となるわけです。


ところで“夏が旬の食材”といわれて、皆さんが頭に浮かぶものは何ですか?トマト・キュウリ・ナス・オクラ・ゴーヤ・シソ…などが思い浮かべられたと思いますが、他にもたくさん夏に摂れる食材があるのです。

という事で、実はこれも夏に摂れる旬の食材をご紹介します。


■ヤマイモ
とろろソバなどで食べる事があるヤマイモは、中国雲南地方が原産とされ紀元前から食されていて、日本へは平安時代に入ってきたとされています。ひげ根が細かくて多く、太さが均一なものがおいしいとされているので、選ぶときは参考にしてみてください。
すりおろして冷やしとろろ蕎麦でいただけば、夏バテ予防に最適なメニューになります。


■トウガン
名前に“冬”がついているのに、夏に摂れる「冬瓜(とうがん)」は、インドが原産です。日持ちがよいので暗く涼しい場所で保存すれば冬まで持ったことから、「冬瓜」という名前がついたといわれています。よく熟しておいしくなったものはブルームと呼ばれる白い粉で覆われているので、選ぶ際はブルームの有無を確認しましょう。
身体の熱を取り体内のナトリウムを排出する作用があるので、むくみの改善に役立ちます。また、カロリーが低いので、ダイエットや体重管理が必要な方にはおすすめです。

■ショウガ
身体を温める作用がある「生姜(しょうが)」も夏野菜の一つです。熱帯アジアが原産で、日本へは3世紀頃までに伝わっていたとされています。
生姜の辛み成分である、ショウガオールやジンゲロンは血行を良くし、身体を温める作用があるため、夏場に食べると余計温まってしまい汗が出るのでは?と思われがちですが、エアコンによる冷え症や室内と屋外の温度差で乱れた体温調整などに効果が期待できます。また香り成分である、シトロネラールやジンギベレンは汗臭さを消したり、食欲を増進する働きがあります。
新生姜をみそ漬けや酢漬けにしておき、食事の副菜に取り入れるようにしましょう。

旬の野菜が良いとされるのは、『最も栄養価が高まる時期に収穫されるため』です。
また、旬に合わせて作られるという事は、虫食いや病気に強く、農薬の使用量が少なく済むなどの理由もあるので、身体に良いそうです。

また、そうした食材を「おいしい」と感じるのは身体が欲しているためだともいいます。トマトやキュウリ以外の夏が旬の食べ物で、季節を楽しんでみましょう。

米原駅前店

今日の内容は、当てはまる方も多いのではないかと思います。

ではでは。。。

☆関節が鳴る原因☆

手の指や足の指など関節が『ポキッ』といった感じで鳴る時があります。
意図的に指や首の関節を鳴らし、今では日課やクセになっているという人も少なくないと思います。
鳴らすとスッキリするという方も居られますが、下手すると、歪みを自ら作ってしまい、場合によっては取り返しのつかない事態になってしまうこともあります

そもそも、関節を曲げたり、引っ張ったりして関節を鳴らすことにおいての
健康効果は発表されておりません。
いわば、音に惑わされた勘違いなのです


そもそも、なぜ鳴るのか?
原因がはっきりと特定されているわけではありませんが、現代では、関節内の気泡の破裂音なのではないかという説が一番有力です。
しかし、関節からの音ですので
決して骨や軟骨から鳴っているわけでは御座いません✋

骨と骨の間には、関節液というのがあり
潤滑油の役目を果たしてくれることで、関節はなめらかに動くことができるのです。
その関節液の中に気泡ができ、弾けたときの音が『ポキッ』なのです。

さらに、無理に鳴らそうとして
靭帯を痛めたり、神経を傷つけてしまったということもあります。
実際にそういった方を多くみてきています。

なので、不意の場合は仕方ありませんが
故意に鳴らすのだけは絶対にお止めいただきますよう宜しくお願い致します❗




びわ桜

平素より、花香 米原駅前店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

勝手ながら、7月12日(火)~14日(木)の間、臨時休業させていただきます。

ご利用いただいている皆さまには大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承のほど何卒よろしくお願い致します。

7月15日(金)より、通常通り朝10時から営業させていただきます。

米原駅前店

予報では、今年の夏は例年よりも暑くなるといわれてますが、暑いと涼をとるためにいろいろ試しますよね。
そんな中よく、「グラスに入っている氷や氷嚢器の氷を食べる」という事をする人がいます。氷の冷たさが口やのどに広がり、暑さが少しおさまるのでついガリガリ…と食べる機会が多くなります。が、この氷を“無性”に食べたくなったら注意が必要になってきます。
氷が無性に食べたくなることを『氷食症』といって、鉄欠乏性貧血の分かりやすいサインのひとつとされているそうです。

という事で、氷と鉄欠乏性貧血についてご紹介します。


■チョークや土を食べたくなる?
なぜだか無性に氷が食べたくなり、気がつくと製氷器の氷が無くなるくらいガリガリと食べてしまっていた…。子どもの頃の夏の思い出話によく出てくる話だと思いますが、これが大人になってからの行動となると話は別になってきます。

貧血になると、だるさはもちろん肌荒れや髪がボサボサになるなど美容にとっても大敵になりますし、爪の中央がスプーンのように凹み、先がそりかえってしまう「スプーンネイル」という症状も出ます。他にも、イライラする・めまいがするなどの不定愁訴も挙げられますし、他にもチョークや土などが食べたくなる症状も現れるそうです。

処方された鉄剤を飲めば治まるケースもあるそうなので、自覚のある人は早めに医療機関へ足を運んでみましょう。

■貧血は女性だけとは限らない

貧血というと「無理なダイエットが原因であったり」と女性がなるイメージが多いですが、女性に限った話ではありません。男女関係なく、主に中高年に多くみられますがどの世代にも可能性はあります。さらに、貧血症というともともと“体の弱い人”という印象が強いですが、意外と健康志向が強くスポーツをやっている人やアスリートにも貧血が多いそうです。

筋肉の量が多ければ多いほど、運動によって酸素をたくさん消費します。そして、この酸素を運ぶヘモグロビンの主成分である鉄も不足していまいます。そこに汗を流せば、その汗に含まれる鉄分も消費してしまい、貧血になってしまうのです。

また、ランニングなどで足の裏に衝撃が加わり、赤血球が壊れてしまうことも「スポーツ貧血」の原因のひとつとされています。健康志向で運動を欠かさない人ほど貧血に気をつけた方がいいのかも知れません。

スポーツや体を動かした後、無性に氷をガリガリしたくなったら鉄分補給も忘れずにしましょう。

米原駅前店


息吹の奏 夏まつりが開催されます。

日時 7月30日 (土)17:30〜21:00

場所 伊吹薬草の里文化センター
芝生広場特設会場

おばけ屋敷やミニ縁日など

楽しいイベントがいっぱいです


伊吹薬草の里店は

クイック10分 500円(肩または足)でさせていただきます。

お得なこの機会に是非お越しください。心よりお待ちしております


image


伊吹薬草の里店

早くもニュースなどで、熱中症と思われる体調不良や病院搬送、亡くなられたという内容のものが流れています。暑い最中、屋内外で運動していたりすると気持ち悪くなったり、顔が真っ赤になったりして、慌てた経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか?そんな熱中症、しっかり対策しておきたいものですよね。

という事で、熱中症の対策と注意点についてご紹介します。

■熱中症?と思ったらすぐにしたい対策
熱中症とは、気温や湿度が高くなることで体内の水分や塩分のバランスが崩れたりして起こる症状の総称です。熱中症によって亡くなった人は平成22年で1,700人余りにのぼり、そのうち約8割が65歳以上となっています。

そんな熱中症には4つの種類があります。

1:熱失神…めまい、失神が起こる
2:熱けいれん…痛みを伴ったけいれんが起こる
3:熱疲労…汗をかく。めまい、吐き気などを伴う
4:熱射病…汗が出ず、高熱が出ることも。めまい、吐き気も伴う


これらの症状が見られる場合、熱中症の疑いがあります。他にも、頭痛・皮膚の乾燥や赤み・脈が早くなるなどの症状も挙げられます。

■簡単にできる熱中症予防法
まずは、暑さを避け、体温を下げる工夫をすることが大事です。

暑さを避けるためには、日陰を選んで歩く・日傘をさす・帽子をかぶるなどの予防策が有効です。また節電・エコが叫ばれるご時世ではありますが、適度な冷房機器の使用は身体を守るためにも必要です。扇風機やサーキュレーターなどを活用して、エコに暑さをしのぎましょう。


また、体温を下げるためにはこまめな水分補給が有効です。しっかりと汗をかいた分、水分が体から抜けて行くので意識して水分を摂るようにしましょう。人間は軽い脱水状態に陥ると、のどの渇きを感じないからです。

さらに、人のからだは水分を一気に摂取してしまうと一気に排出されてしまう作りになっているので、ゆっくり時間をかけて飲むようにしましょう。

■熱中症になってしまったら?覚えておきたい応急処置の方法
熱中症の疑いがある場合は、しっかり適切な応急処置を行いましょう。

まず涼しい場所に避難し、できるだけ衣服を脱がせ、うちわや扇風機で風を送って身体から熱を逃します。さらに、このとき足を高くして寝かせると脳への血流が保たれます。氷のうや冷却材があれば、首の後ろ・脇の下・太ももの付け根といった太い動脈が通っている場所に当てます。


意識があれば、スポーツドリンクなど塩分も補えるものを飲ませましょう。できるだけ冷やしたものがいいです。意識がないときや吐き気を訴えている場合は、胃が弱っているので水分を飲ませるのは危険です。救急車を呼び、救急隊の指示に従いましょう。
軽度の症状ならこうした対処法で改善します。改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。意識がないなど重症の場合は、救急車を呼んで迅速に処置しましょう。

■実は飲み物は危険?
暑いからといって、冷たいものを飲み過ぎるのも実は危険です。熱中症の応急処置には冷たい飲み物が有効ですが、まだ熱中症になっていない段階ならば冷たすぎないものを摂取しましょう。

冷たい飲み物は、身体を冷やしてしまう作用があります。身体が冷えると血行が悪くなり、必要な栄養素が運ばれなくなります。さらに内蔵や筋肉の動きを鈍らせることにもなります。


また体温が下がると免疫力も低下するため、あらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。冷たいものを飲みたい気持ちをグッと抑えて、常温のものや温かいものを飲むようにしましょう。

■重病につながるかも?ペットボトル症候群
ついつい手軽に買ってしまうペットボトル飲料。今やコンビニやスーパー・自動販売機など、どこでも手に入れられます。しかしこのペットボトル飲料には、気をつけておきたいポイントがあります。

それは、糖分の摂り過ぎです。ペットボトル飲料の中には、甘いジュースやスポーツドリンクなどには大量の糖分が含まれているものがあります。
こうした飲み物から糖分を摂取すると、血糖値が上がってさらにのどが渇き、さらに飲み物を飲んで血糖値が上がり…と、気づかないうちに大量の糖分を摂取しているのです。さらに、このように大量の糖分が体内に入ると急性糖尿病になる可能性があり、身体の倦怠感や意識障害などの症状を引き起こし、最悪の場合入院しなければならない…なんてことも。

そして、このような状態を「ペットボトル症候群」と呼び、血糖値の上昇を抑えるためにインシュリンが大量に分泌される事で低血糖症に陥ったり、糖分の過剰摂取により生活習慣病が引き起こされることもあります。こうした症状を予防するためにも、摂取する水分はなるべく水やお茶にしましょう。

もしスポーツドリンクが飲みたい・飲まなければならない場合は、水で2~3倍に薄め、そこに塩を加えてみたものを飲むようにします。そうする事で、糖分を抑えることができます。

米原駅前店

7月に入り、蒸し暑さが夜になっても続くので「寝付きが悪い」「夜中に目が覚める」 など、睡眠の悩みを抱える方が増えてきました。
質の良い睡眠が取れないと、日中の集中力が低下したり疲労感が高まるので、梅雨が明け夏本場になったらヘトヘトな状態で過ごす…なんてことにもなりかねません。

ベッドに入ってから30分以上寝付けない、起床時よく寝たという実感がしない…という方に、快眠のコツをご紹介します。

■寝具を夏仕様にする
人は就寝中もたくさんの汗をかきます。そして、その汗を吸った寝具は湿り気を帯びるので、心地良い睡眠を妨げる原因になりますので、寝具は通気性が良く、湿気をため込まない夏仕様のものに変えましょう。
また、触れるとひんやり冷たく感じる、冷感パッドなどをいつもの寝具にプラスするのもおすすめです。

■パジャマを夏仕様にする
パジャマもまた、睡眠の質を左右します。「吸水速乾性に優れた素材であり、締め付けが強くないこと、そして寝返りを打ちやすい」という所を重視して選んでみてください。
また、肌の露出が多いパジャマがあり“涼しくて気持ち良さそう”と思われがちですが、露出している部分の汗を吸収できないというデメリットがあります。これでは汗が肌に残ったままになり、寝冷えをしてしまうことがあるので要注意です。

■空気清浄機を使う

ダニ・花粉・ほこり…これらが寝室の空気の状態を悪くし、睡眠に影響してきます。それを吸い込んだり、呼吸が浅くなったりするからです。寝室にも空気清浄機を使いましょう。

■ギャバを取り入れる
ギャバには神経の興奮を抑えてリラックスさせ、眠りを深くさせる作用があると言われています。さらにギャバを摂取すると、体内の深部体温が低下し自然な眠りが促されるという研究結果もあります。

ギャバは玄米・かぼちゃ・トマト・ナスなどに含まれています。他にもギャバが入ったチョコレートもあるので、寝付きが悪い方は取り入れてみましょう。

 

寝苦しい夏の夜。快眠するための参考にしてみてください。

米原駅前店

このページのトップヘ