5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後のブログです。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

お食い初め(100日)

IMGP2099すーです。

ちーも早いもので生後100日になりました
「お食い初め」をしました~といっても見ての通り
手作りご飯です。メニューは、
■吉次(きちじ)の塩焼き
■白子と豆腐のお吸い物
■お赤飯
■あわびの煮たやつ
■うめぼし

くーさんの実家では、お祝いには吉次を食べるので
ならってみました。あわびもくーさんの実家から送ら
れてきたものです。(海の近くだから)
歯が丈夫になるように、ってくーさんのお父さんが準
備してくれたのです。
お吸い物が入った器は、木製でとても手触りがいいです。
しかも底にちーの名前入りお祝いに頂いたもの。

私とくーさん、私の母と弟でお祝いしました。
本当は男の年長者が食べさせるみたいでしたが、
くーさんが抱っこして、私の母が食べさせてくれました。
食べ物が唇に触れると「なにこれ~」と顔をしかめていた
ちーですが、普段あまり出ないよだれがダラダラと出て
いました
ミルクもよく飲むちーですから、よく食べる子になりそうです。

予防接種、その後。

すーです。

予防接種の後、同じ役所内にいるお世話になっている保健師さん
に顔を見せに行きました。
保健師さんは居なくて他の方に「養子縁組なんですが、お世話にな
ってたので顔見せにきただけなんです」と話ました。
そうしたら、里親登録(私たちは研修が途中なので、登録までは出
来てないのですが)で相談していた別な職員さんが来て、声をかけ
てくれました。

用事がないのに行くのはやっぱり勇気がいります。
ちーの顔を見て、大きくなったねと喜んでもらえるのも嬉しいし、
私自身が大きくなったちーを会わせたい思いもあって
ははは。

養子縁組に興味をもったり、知ってほしいという思いも少しありま
すけどね~。

ちなみにちーは、初めての予防接種でびっくりしたのか、ずっと
寝ていますゆっくり休んでね~。

初めての予防接種(BCG)

すーです。

ちーが生まれて初めての予防接種に行ってきました!
寒いけれど青空が広がって、日差しも暖か。ベビーカーで歩いて行きました。
役所内にある「保健福祉センター」に到着したのが9時20分。
(9:30~10:30の間とのことだったので朝一で)

初めて行った「保健福祉センター」、病院のよう。
受付で「母子手帳と予診票を見せてください」と言われました。「え?」
そうなんです。母子手帳別冊の中に「BCG予防接種予診票」という事前に書
いてくる書類が…
自宅へ戻ろうかと思ったら、「あちらに用紙があるので…」。うっかりさんは私
だけじゃないようでした

予診票の中身は、出生体重や3ヶ月までに病気にかかったかなどをはい・い
いえで答えるもの。
「ちーの近親者に予防接種を受けて具合が悪くなった人ないますか?」という
問いは何も書かなかったけれど…そういえば、何も言われませんでした。
受ける人の氏名(ちー)と保護者の氏名(くーさん)は姓が違かったけれど、そ
れについても何も言われませんでした。

次は長い(3人は一緒に寝かせられる)ベビーベッドがあってそこで私がちー
の体温測定。隣の赤ちゃんが大泣きしていて、つられてちーも少しふえ~(笑)。
36.2分でした。ちーの左肩を(金さんのように)出して診察スペースへ。おじい
ちゃん先生が心臓の音を聴診器で聞いて診察終わり。
おばあちゃん看護婦さんに「腕もってね」と言われるままにちーを抱っこして、
隣の予防接種スペースへ移動。
前の赤ちゃんが大泣した姿を見て、私の方が緊張!私、注射嫌いなんです

ちーの名前を答えると、おばちゃん先生がが腕にスタンプのような注射をぎゅ!
ぎゅ!と2回押し付けました。私は見ていられなくて、逆の方向を見てました
ちーは少し痛かったのか「ほあん!」と声を上げたけど、すぐにケロリ。
終わったら別室で、自然乾燥で乾くのを待ちました。
同じ3ケ月くらいの赤ちゃんが10数人いて…。同じ月齢の子どもを見ると個人差
があって面白かったです。

帰ってくるベビーカーで寝てしまったちー。3時間寝てミルクを飲んでまた寝てし
まいました。新しい経験にまた大きくなったちーでした。

【雑感(興味のある方はどうぞ)】
なんか、流れ作業の工場みたいでしたよ。
ベビーカーで来ている人はあまりおらず、みなさん車だったのかもしれません。
邪魔になりそうなので、次回は置いていこうかな…と思いました。
注射痕が乾くまで別室にいましたが、そのとき隣に座っているお母さんとお話し
をしました。里帰り出産のようで、私の手帳がS市のものでないのを見て「里帰
りですか?」と聞かれました。
「産まれた場所が違うところだったので…」と今思うとよくわからない説明をして、
おしゃべり続行里帰りだと、乳児医療証がもらえないので実費で病院に行く
からお金が大変だ~と言ってました。(手続きをすれば戻ってくるらしいですが、
手続きがまた面倒とのこと)いろんなケースがあるのだと思いました。
最後に抱っこさせてもらったら、ちーより軽い!そして首がしっかり据わってま
した。個人差を実感して帰ってきました。

すーのつぶやき②ちーと出会って

すーです。

ちーの寝顔を見ていると、不思議になることがあります。

もしくーさんと出会ってなかったら。
私が妊娠できる体だったら。
産みのお母さんがちーを宿していなかったら…。
私とくーさんはちーに出会うことが出来なかった。

人というのは、本当に1人で生きているのではない、ということ
を実感させられました。
いろんな縁が結ばれて、ちーがやってきたと感じるからです。
産みのお母さん達との縁が私達とつながったことにも、何か
あるのではないかな~と感じています。(何といわれると困る
のですが
普通にお腹に命を宿す場合もそうですが、選べるものでは
ないのだと思います。

当たり前のように、小さな寝息をたてて眠るちー。
ちーは私達だけでなく、私の家族もくーさんの家族にも幸せを
くれました。大切な大切な存在です。
ちーの寝顔に向かってぽつりとつぶやきます。

「母ちゃんと父ちゃんのもとに来てくれてありがとう」って。



布オムツ②

すーです。

昨日、夕方に「布オムツ」デビューしました。
友人からオムツカバーや輪オムツをいただいたので、お試しです。

一日使ってみての感想は、一言で言えば「いい感じ!」です。
何がいい感じなのかというと、
布オムツをしているちーが可愛い(おしりがもこっとした感じが)
紙オムツが減らない、ゴミがでない(精神的に楽になりました)
経済的(らしい…まだ実感は0)
育児しているぞ~という感じがする

子育て先輩から口コミで出ているデメリットは、
洗濯が大変、冬は乾かない、手が荒れる
でした。
これに関しては「洗濯のスケジュールを決める」ことで対応してみます。
■ちーのものと輪オムツ→毎日)※今もほぼ毎日なので量が増えます。
■大人のものは水曜日と日曜日とか
■手荒れはしないほうなので、すればゴム手袋をする

今日は家にいたので、布オムツにしてみました。
ちーの反応はそんなに変わりはない感じですが、どうでしょうか。

注文したお店です。
オムツの情報もいろいろあるので、参考までに。
Sappy!ハンドメイドおむつカバー

【雑談(興味のある方はどうぞ~】
ちーは一日に10回くらいオムツを取り替えます。
少ししただけでも、ぴ~と泣いて教えてくれます。
今使っているSサイズのオムツは、82枚入で1250円くらい。
すると1ヶ月で300枚くらい使うんですね…今、計算してびっくり。
オムツの無くなりが早いはずです(汗)
月で3000~4000円、そんな大きな節約にはならないと思って
います。洗剤代や水代は上がるのだろうし。

ちーの体に合うか合わないかが第一です。
その次に「やってみたい」とか子育てを「楽しい」と自分が思えるこ
とを大切にしたいなと思っています。
紙おむつもさらさらだし、軽いし、小さく丸めて捨てられるし、便利
です。
「絶対布オムツ!」ではなく、自分の性格に合わせて、布オムツラ
イフを楽しめたらいいな~と思います。








記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ