5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後の記録です。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

2011年06月

特別養子縁組申し立て 審判確定証明書が届く

すーです。

ちーの特別養子縁組申立事件の審判
確定証明書が届きました。

ぎりぎり4時45分に役所に滑り込み、
申請書などを提出しました。
先週一度見ていただいていたので、10
分ほどで「受理します」と言っていただけ
ました。

今日から、戸籍上でも3人家族です。
時間がなくて、住民票などもとってこれな
かったので、また明日の朝に行ってきま
す。

今日はここまで。
また明日書きます。


特別養子縁組申し立て 特別養子縁組届を書く

すーです。

確定書が届いたら、S市の役所に「特別養子
縁組届」を提出します。
審判が下りた後に、役所の戸籍係に行って
書類をもらってきました。

職員の方は用紙を2枚差出して「うちの管轄
でも事例が少ないので、時間がかかると思い
ます。余裕をもって来てくださいね」と言って
くださいました。
ドキドキしていたので、優しいお姉さんの一言
にほっとしました。

そして先日、下書きをしたものを戸籍係に不
備がないか確認してもらいました。
その際、
■特別養子縁組届
■審判書の謄本
■ちーの戸籍謄本
を持参しました。

それらを職員さんに渡して、書類を確認しても
らいました。
30分くらい待ちました。
案の定、手直し部分があって、職員さんは「丁
寧に書いてあるので、コピーして赤ペンで直す
ところを書いておきました」と言われました。

提出するときは上記の書類に、確定証明書も
準備します。あと、はんこと身分証明書も持参
くださいと言われました。


2週間という時間(特別養子縁組申立て)

すーです。

家庭裁判所から私の家に書類が届いて
から1週間が過ぎました。

不思議な気持ちでいます。
なんと言葉にすればよいのか、わからな
いまま書いているのですが・・・。

ちーのご飯を作って、洗濯をして、布団
を干して、お外に散歩に出て・・・。
毎日、あっという間に過ぎていきます。
今日もカレンダーを見て、ああもう一週
間も立ったんだ・・・と感じました。

ぐずるちーを抱っこしているときも、
頭のどこかに、ちーの産みのお母さん
の顔が浮かんでいます。

本当に不思議な気持ちで日々を過ご
しています。
いつか、時間がたったら。
この今の気持ちを言葉に表せる日が
くるのでしょうか。

8ヶ月が過ぎて

すーです。

ちーは8ヶ月になりました。
またずっしりと重くなっています。
ぐぐっと成長を見せています。

我が家はお客さんの多い家で、
ちーは人見知りっぽいものはして
いませんでしたが、8ヶ月になって
、友達と買い物中に私がトイレに
行くのに見ていてもらったりすると、
大泣きするようになりました。
わかるようになってきたなあと感じ
ます。

座るのが大好きで、腹ばいやはい
はいはあまりしません。
泣いて起こして~と手を伸ばします。
あまり動きがなかったのですが、
8ヶ月過ぎて自分で腹ばいから仰向
けになったり、体の向きを45度変え
たり、自分の体を動かすことも覚え
てきました。
特に、寝ているときにくるくるしてま
最近寝ていると蹴りが飛んでき
たりします

急によく食べるようになりました。
朝晩と離乳食を食べています。
昼も私が食べていると、欲しい!
とじっと見てよだれを垂らして意思
表示
なので、昼は少な目で食べます。
ほぼ3回食に突入です。

そして、ずっと心待ちにしていた
「歯」。
今日、ちーが私の手をがじがじと
食べていて「あれ?痛い・・・」。
歯ぐきを触ると、うっすら歯が見
えてきていました!
か、か、可愛い・・・。



特別養子縁組申し立て 審判

すーです。

買い物に出るときポストを除くと
「S市家庭裁判所」と書かれた
封筒が目に入った。
宛名はくーさんと私。

封筒の中身は、「審判書謄本」で
した。特別養子縁組申立事件に
ついての審判でした。

この書類を関係者が受け取って
から2週間以内に関係人から不
服申立てがなければ確定します。

くーさんのお母さんに電話しました。
お母さんは「大事に育てようねえ」
優しい声で言いました。
電話の向こうの声は、涙声でした。

この2週間・・・大切に過ごしたいと
思います。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ