5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後のブログです。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

2013年11月

8、9ヶ月検診を受けてきました(まー)

すーです。

10ヶ月になってしまいましたが
検診を受けてきました。

姓が私たちと同じになったので、
「姓が変わりました」と言って新し
い診察券を作ってもらいました。

久しぶりの体重測定もありました。
8900グラムを超えて、大きくなり
ました。

お座り、寝返り、ハイハイなど見て
もらい「順調ですね」と太鼓判をも
らってきました。

1歳過ぎたら、予防接種の追加が
またやってくるので、その説明も
受けました。
一度に5つ(麻しん風しん、hib、小
児肺炎球菌、水痘、おたふく!)を
同時接種もできます・・・と言われた
けれど、大人でも一日に5回も注射
されたら心が折れるなと思ったので
、もう少しゆっくりとしたペースでして
いきたいと思っています。

我が家はちーもまーも、児童館や保
育園、幼稚園などの集団にはあまり
出入りしていないので、病気をもらう
確率も低いと踏んでのんびりと接種
しています。

まずは元気に、大きくなっていてよか
ったです!





日本財団ブログより

すーです。

2013年5月に行われた「すべての赤
ちゃんに愛情と家庭を~虐待死から
赤ちゃんを救い子どものパーマネン
シーを育む養子縁組とは~」の報告
書ができたそうです。

ダウンロードできるそうなので、関心
がある方はご覧ください。
↓こちら
日本財団 ハッピーゆりかごプロジェクト

なんと、130ページを超える報告書です。

PDFなので、コンビニでコピーしようとした
ら枚数が多すぎでできず(笑)、結局文具店
で印刷してもらいました。

感想としては、あの時聞けなかったお話が
文書化されていました。
ヘネシー澄子さん、矢満田篤二さん、弁護
士 岩城正光さんや後藤啓二さんの講演
内容もあっという間に読んでしまいました。

本日放映していたドキュメンタリードラマの
元になった「こうのとりのゆりかご」。
熊本慈恵病院看護部長 田尻由貴子さん
の講演もありました。
病院の概要からゆりかごの設置、相談の
様子なども詳しく書かれていました。

この報告書から伝わってきたのは、
「赤ちゃんの命を守りたい」という熱意でした。

一般の方にも、ぜひ読んでもらいたいと強く
思いました。





生活環境が変わるということ。

すーです。

我が家は来年、引っ越しをすること
が決まっています。
同じ市内で、現在の自宅から車で
20分ほどのところです。

最近、そのことをちーに伝えました。
すると・・・。
「ちーは、いっこし(引っ越し)やなの
、いまのおうちがいいの・・・。(引っ
越し先を)こわしちゃうの」と答えまし
た。
「そっか~いやなんだね。おかあさん
も不安だなあ」と話しました。

ちーにとっては、今の家での生活が
景色が生まれてずっと続いてきてい
るのですから、環境が変わることに
ついて不安やいやだなという思いが
出てくるのはあたりまえだと思ってい
ます。
大人である私だって、生活がどう変
わっていくかわからないのですから。


まだ時間があるので、少しづつ少し
づつちーの気持ちを受け止めなが
ら準備していきたいと思います。
というか・・・荷物の整理ができるの
かという面で引っ越しが不安な私で
した

本当につぶやき。

すーです。

このブログ、ちーが生まれて1ヶ
月のときに思い立ち書きはじめ
ました。

ここまで書き続けてこれたのは、
このブログで発信したい「目的」
がはっきりしていたからなのかな
と感じています。

書きはじめたときは、同じ特別養
子縁組の道を進む人の参考にな
ればと思っていました。

3年たった今は、養子縁組家族だ
けではなく、お子さんを産み育て
ている人や、子育てに悩んでいる
人…いろんな立場の人に、ちょっ
と出会いがふつーじゃなかった、
ふつーの「家族のものがたり」と
して、特別養子縁組についての
情報も一緒に発信していけたらい
いなあと思っています。

最近、お友達とかに「たまに(ブロ
グを)見てるよ」と声をかけられち
ょっと嬉しくも恥ずかしくあったりし
て。

これからもよろしくお願いします。

立ちました!

すーです。

最近、つかまり立ちと高速ハイハイ
でどこにでも移動していく意欲的な
まーさん、もうすぐ10ヶ月。

台があればかならずつかまり、そこ
から台に上がったりもするようにな
りました。
つかまり立ちから、片手を話してバ
イバイ~と可愛い笑顔とお愛嬌を
見せてくれたりもします。
いろいろな意味で、目が離せません。

足腰が安定してきて、両手を持つと
自分で足を前に出して「あんよ」をす
る姿もみられるようになってきて…。
立つ姿も見たいけど、今はちゃんと
ハイハイして足腰を鍛えた方がいい
のだろうなあと思っています。

昨日、仲良しよーくんとみーさんちで
夜ごはんをごちそうになり遊んでいる
とき。

私の背中につかまり立ちをしていた
まー。
すると…ばんざ~い!
「あーさん、まー今立ったよ!」
「あ、ほんとだ!」

ちーのときは、感動ばかりがいっぱい
だったけど、今回はおもしろいなあと
感心してしまいました。

体が「立つ」準備ができても、「心」が
やってみようかな、とまー自身が思え
ないと立つということにつながらない
のだなあと感じたからです。

こんな小さなまーも、いろいろ感じて
考えているのだなあと。
「立つ」というのは、赤ちゃんにとって
大きな挑戦。

その挑戦を温かく見守って、その子
が「自分でできた!」と思えるような
時間にしてあげたいなあと思いまし
た。

そのあと、嬉しかったのか、何度も
バンザイしてみせていたまーでした。

ふふ、まーは赤ちゃんのときから大
きかったのだけど、本当に心も体も
大きくなりました。

こうやって一つひとつの成長をとなり
で見ていけること、すごい幸せなこと
なのだろうなあと思います。

そして、くーさんはこの夜も仕事でお
泊り…。ちーの時に続き、またその
日には立ち会えず(笑)でした。


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ