5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後のブログです。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

2014年01月

事実を伝える(真実告知のこと)

すーです。

先日、小さなお子さんをもつ母であり「防災士」
でもあるという方とお話することがありました。
その時に一つ、「3月11日に起きたことを、お子
さんに伝えていますか?」という質問をしました。

私は、東日本大震災を東北で経験した一人の
人として、子どもにはそのことを伝えていきたい
と思っています。

けれどあの日の、そしてあの日から続いている
たくさんのことをどうちーに伝えていくか、考え
続けています。

最近、震災があったときの写真を見たときに「ど
うして壊れちゃったの?」とちーが聞いてきたり
します。

内心迷いながらも、「大きな地震があって、海か
らたくさんの水が流れてきて壊れてしまったん
だよ」とちーが理解できるだろう言葉で、簡単に
伝えています。

そのことを防災士さんに伝えると、今のちーに
対してはそれでいいのではないかという答え
でした。

大切なのは、
「年齢に合わせて分かるように、事実を伝える
こと」
「怖がらせないこと」
※たくさんの人が死んだ…などは、今は言わな
くていいそうです。

ちなみに、津波の映像などを受け止められるよ
うになるのは小学校高学年くらいから…とのこ
と。

防災士さんとお話しながら、これは真実告知に
ついても言えることだなあと思いました。
以前、受けた研修でも「事実だけを伝えるよう
にしている」という話を聞いていたので、それと
も重なるなあと気付きがありました。









アクロスジャパン 伝言板更新

すーです。

アクロスジャパンの伝言板が更新され
ました。

国籍の異なる養子縁組講座を行いました

関心のある方は、ご覧下さい。

アクロスジャパン 伝言板更新

すーです。

アクロスジャパンの伝言板が更新
されました。

アクロス交流会


関心のある方は、ご覧下さい。

お父さんの視点から(さんぽのはなし)

すーです。

ずっと書きたいと思っていたくーさん
とちーやまーとの関わりについて。
毎日朝早くから夜遅くまで働いてい
るくーさん。お休みの日も、自分から
出勤を決めて仕事にいくこともあり…
。触れ合う時間は短いけれど、ちーも
まーもくーさんが大好きです。

たまたまご縁があって、ある機関紙に
くーさんがコラムを書いています。
それを載せてもいいよと言ってもらった
ので、ちょこっと載せます。

≪さんぽのはなし≫
息子がはいはいを過ぎて自分で歩くよう
になってから、父ちゃんは子育てをすごく
遊んでいます。息子と一緒にいるときは、
いつも息子の後ろをついていきます。

息子が歩けば、私も後ろを歩きます。息
子が座れば私も傍らに座ります。息子が
何かに興味をもった時は、「なに?なに?」
と覗き込みます。じっとしていても、息子の
視線の先を追いかけるだけで、こんな楽し
いことはありません。息子の目が急にキラ
っとした時に、「今度はなんだ?」と私もドキ
ドキしています。息子と一緒にいられる時間
を持てることに感謝しています。私は、息子
には「どんな道でもいいから、自分が進む道
を自分で決めて歩んでほしいなあ」と考えて
います。

私が意識してしているのは、息子が自分で考
えて心や体を動かしている時間を細切れにし
ないことです。意欲の塊のような息子をみて、
この子なら自分で自分の道を歩んでいけると
信じています。まさに、親バカ万歳!です。

ちーの言葉。

すーです。

本日、お風呂に入っていたら。

ちーがお風呂のお湯で顔を洗い
ながら、一言。

「あ~しあわせだなあ」

私はぶっ!と吹き出し「今、なん
て言ったの?」と聞き返してしま
いました

「しあわせ」

とちーが繰り返しました。


赤ちゃんのときからお風呂が大好
きなちー。
水が好きなのかな?
実験したり、遊んだりしながら30分
以上入っています。

それにしても、幸せを語る3歳3ヶ月
…子どもの成長が面白いです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ