5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後のブログです。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

2016年03月

虫歯になってしまいました…(まーの場合)

すーです。

2歳半検診で「虫歯になりそう」と指摘を受けた
まー。

お兄ちゃんと一緒に甘いものも食べるようにな
ってきていました。
すごく歯磨きを嫌がり、しない日もあったのです
が、指摘を受けてから大分がんばって磨いてき
ていました。(言い訳

歯医者も数回行ったのですが、おじいちゃん先
生に人見知り。で、治療に至らず。

けれど。
最近、仕上げ磨きをしていて気づいた黒い歯…!
しかも、歯間ブラシをすると痛がる。

これは…絶対虫歯…。
というわけで、ゆーさんが予防接種を受けている
小児科(2階)の下(1階)にあるデンタルクリニック
に行くことにしました。

「ちゅーしゃしない?」と何度も聞く、まー。
「歯医者は注射はないんだよ」と何度も伝えて、行
きました。
ちーはお友達の家で見てもらい、ゆーさんをおんぶ
して3人で行きました。

若い男先生は、丁寧に説明してくれました。
私にだけでなく、まーにも。

「3歳だと話が分かるようになりますよ」と言って、検
診で使う道具を一つひとつ見せて説明してくれました。

少し嫌がりましたが、そのあとは先生の話を聞いて
頷いたり答えたり。口も大きく開けてくれました。

「汚れはあまりないですよ」と先生は言ってくれました
が…心配だった歯は、やぱり虫歯にやられていました。

しかも…全部で4本。歯と歯の間も入れると8本…!!
すごい落ち込みました。

でも、とにかく見つけてもらったので!
治療を一緒に頑張っていきたいと思います。

朝も歯ブラシしてねと言われました。(自分ででもいい
から)自分で虫歯から歯を守る意識が必要なのでしょ
うね。
少し、おやつを見直そうなかと思いました。


治療後は、待合室で自宅にはないおもちゃで遊び、
帰りたくないと言っていました(笑)

お兄ちゃんはお友達の家で遊んでいたので、私とゆー
さんとまーで通院したので、ゆっくり「帰りたくない」に
お付き合いできました。












どんとこいだ!!注射編(ちーの場合)

すーです。

ちーはとても丈夫で、小さいうちは鼻水を
垂らしたり咳がでたりしても熱を出すのは
年に数回程度。

4歳過ぎたら、年に1、2回あるかないか
ぐらい元気です。

ただ皮膚が弱いので、皮膚科に通うこと
はたまにあります。


そんな病院とはあまり縁がないちー。
注射は嫌いで「やらない~」といつも言っ
ていました。

ずっと先延ばしにしていた「おたふくかぜ」
(もう市町村が半額にしてくれる3歳もとっ
くの昔に過ぎて、実費で受けることになり
ました…

あれだけ嫌がっていた、注射。
今日起きたら「ぼく注射しにいくよ。どんと
こいだ!!」と言っていました。

でも病院言ったら、嫌がるんじゃないかと
思ったら、これが嫌がらない。

おばあちゃん先生のお話を聞いて、なんと
1人でイスに座り、注射をどこに打つのか
じーっと自分の腕を見つめ打ってもらって
いました。


母だけが我が子は、まだまだ子どもだと思
っていますが、本当にその成長はあっとい
う間なんだなと最近常々感じます。




だいじな、だいじな。

すーです。

毎日、あっという間に過ぎていきます。

朝起きて、幼稚園の準備をしてお家を出て。
ゆーさんにミルクを飲ませたり、お外で遊んだり、
予防接種に行ったり…。

買い物に行く時間は平日はあまり取れず、近所の
コンビニエンスストアで豆腐などを購入してます。
子ども3人連れての買い物は、どうしても気力がい
りますね(笑)

18時過ぎ、子どもたちに「お母さん、お母さん」と絡
まれながら夕食づくり。ちーはゆーさんを見ていて
くれる一面も。(5歳って結構、やれます。助けられ
てます)
デザートも作ってとちーに言われたけれど、夕食を
食べたらもう20時近く…。
「もうできません!明日ね」と半分、怒りながらちー
を何とか納得させて。

洗い物を半分して、2人の歯を磨いて歯間ブラシも
してゆーさんにミルクを飲ませて、布団に入って21時。

絵本を数冊読んで、電気を消して…。少しだけお喋り。

1人頭をなでると、もう1人も来るので、なでなで。
「お母さんの大事な大事なちーくん。大事な大事なま
ーちゃん。大事な大事なゆーちゃん。生まれてきてく
れてありがとう」

まー「ママも生まれてきてくれてありがとう」
「だいじなだいじな、ママ。だいじなだいじなおとうさん。
だいじなだいじなちーくん。だいじなだいじなゆーちゃ
ん!」
ちー「お母さん、生まれてきてくれてありがとう」。

まだまだ言葉だけが先行してしまう3歳なったばかり
のまーですが、そんなこと行ってくれちゃうのか~!
と感心しました。

「お母さん、生まれてきてよかったよ。こんな可愛い
子どもたちと暮らせるなんて知らなかったよ。ありが
とう」

そう言って頭をなでなでしていたら、もう寝てしまいま
した。

ゆーさんはしばらく、布団でゴロゴロしてお話してい
ましたが、1人で寝てしまいました

よく遊び、よく食べて、よく寝て、よく出して。
本当に元気な子どもたちです。

疲れて余裕がなくなり、イライラして笑えないときも
たくさんあります。子どもたちに助けてもらいながら
なんとか、大切な日々を過ごしています。

子どもたち、本当に大きくなりました。













記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ