すーです。

子どもを迎えて、ずっとクリスマス商戦との
付き合いを悩んでいた私。
7年目の今年、大分落ち着いてきた気がし
ます(笑)

こんなに悩むのは、私の育ちにあるのだと
思います。
10代をひとり親家庭で育った私は、誕生日
やクリスマスにプレゼントをもらう習慣があ
りませんでした。
おいしいケーキを食べる日、だったんです。
しかも、クリスマスは私の母の誕生日。
逆に、プレゼントをあげてお祝いする日でし
た(笑)


12月に入ってクリスマスの歌声が聞こえて
くると、ちーが「どうせ、絵本なんでしょ?」とか
「お母さんでしょ」とか言い始めました。
でも、よーくん(ちーの心の友)のおばあちゃ
んからアドベンドカレンダーをいただき、数字
も数えながらちーとまーが交互に、お菓子を
食べたり楽しんでいました。
パッチワークのクリスマスブーツもいただき
、ゆーさんは足に履いて歩いていました(笑)

クリスマスイブは、一日早めのばあばの誕生
日会。
ばあば大好きな子どもたちは、一緒にご飯を
食べれるだけで嬉しい様子。2人でばあばに
花束をプレゼント!!ばあばもとても嬉しそう
に「元気に長生きしたい」と話していました。

ちーのリクエストで、今年はお寿司とケーキと
サラダとシンプルな感じ。家族でわいわいと楽
しみました。




そして、朝。
私が先に起きて、朝ごはんの準備をしていると
「おはよ~」と普通に起きてきたちー。
続けて、まーも「おはよ~」と起きてきました。
私も「おはよう~」と普通に答えながら(枕元の
プレゼントに気付いてないのか!?)と思って
いたら・・・。

ちーが、ふと足早に寝室にもどり、電気を付け
ました。
そして「まー!サンタさん来たよ!!」
と嬉しそうに声を上げました。そしてプレゼント
とあけて、「うわ~!!!」また声を上げました。

魚の図鑑にはまっているちーには、魚の絵本。
「この本、欲しかったやつだ~」と言ってくれました。

長いお話しが好きなまーには、フライパンじいさん
という少し長いお話しの本を。
さっそく読んでと言いました。

しろくまちゃんシリーズが好きなゆーさんには、
しろくまちゃんパンかいに、という絵本を。
それとトミカ1台づつ。今年はおもちゃ付(笑)

私たちのクリスマスは、家族がそろってご飯を食べ
る、楽しい時間。そして小さなプレゼントを運んでき
てくれる日でいいんだな、と納得した日でした。


でも、サンタさん・・・なんて言い始めると、「いい子
じゃないと来ないかもよ」なんてつい言ってしまう
自分もいて、これはいやだなと思いました。

サンタさんは、子どもたちの喜ぶ顔が好き。
大人にとっていい子とか、悪い子とかは関係なし!
すべての人にとって、温かなクリスマスであります
ように。