すーです。

先日、女性Sさんと年配の大学の先生と、お話しをする
機会がありました。
Sさんは私の大好きな方で、とても心の優しい温かな方。
私の家族のカタチについても知っていて、応援してくれ
ます。

大学の先生は、海外のこともよく知っているユーモアある
方です。
「何を真剣に話しているの?」と声をかけてくださって。
私とSさんは、先生にも特別養子縁組のことをお話ししま
した。
先生は少し驚いた顔をしたけど、優しく笑って言いました。


『血のつながりなんて「そう信じているだけ」だからね~』


ええええ!!なんだか、目から鱗な発言。

男性は、遺伝子検査をしないかぎり自分の子かわからな
いよね…という趣旨だったのだと思います(笑)
他にも、広く知ってもらうなら、エッセイ書いたらいいよ。
などなど、短い時間でしたが、有意義なお話しができました。
がんばろう~(笑)

先生が言っていた意味とは違うけれど、いい言葉だな~と
思いました。

血のつながりがなくても、ずっと家族。そう信じているだけ。
BlogPaint