5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後の記録です。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

2)ちーの場合

1年生の終わりの日(ちーの場合)

すーです。

どきどきしながら共に1年生を迎えて、初めての
先生、初めての教室で、楽しみながら、もやもや
しながら、お友達とともに大きくなった1年でした。

修了式の日。
よく1年、がんばったなあ・・・と思ってちーを待っ
ていました。
そしていつものように「ただいま!」と帰ってきた
ちーを「おかえり!一年生、よくがんばったね」と
ぎゅ~!!!とお疲れさまの気持ちを込めて抱
っこしました。

すると、ちーが「宿題終わった~!!!」と大喜び。
なんと1年生終わりの日の宿題は「家族に抱っこ
をしてもらうこと!」だったのです。
(以前の懇談会で、そういう絵本を子どもたちと
読んだので宿題を出します。たくさん抱っこしてあ
げてと先生に言われていました)

その日から、数日は「今日の宿題は抱っこだよ」
と言われてだっこの日々でした。
お母さんにも、お父さんにも抱っこしてもらい、
エネルギー補充できたかな。

体も大きくなるから、する機会も減るけど、でも
まだ産まれて7年。抱っこしてほしいなと思う日
もあるでしょう。ついつい長男を頼ってしまうけ
ど、甘えてもらいながら日々を過ごしていきた
いな!と思う春休みでした。


特別養子縁組で・・・という悩みはほぼなく過ごし、
温かな同級生のお母さんに見守られながら大き
くなったと感じます。

学校は好き、運動大好き、勉強苦手。そんなちー
の2年生生活、はじまりはじまりです。

DSCN9934
≪魚、大好きなちー。春休みのひとコマ≫



インフルエンザとオリンピック

すーです。

先週の金曜日にちーが突然熱を出しまし
た。ふだん、小児科にかかることはほどん
とないちー。いつもなら様子を見るところ
ですが、今回は早めに受診してきました。

忙しいくーさんも、仕事を休むことができ
たので、手分けして病院へ。
ちょうど3連休に重なり、グットタイミング
だったねと話していました。
けれど。ちーの体調が良くなってきた…
と思ったら、まーも発熱。その2日後にゆー
が発熱。がんばりましたが、やっぱり。
・・・全員インフルエンザBでした。

というわけでとても珍しく、1週間ほど室内
での生活をだらだらとしています。
毎日、言いたいことを言い合ってぶつかり
あっているちーとまーは、熱で寝ていたの
でなんだか静かです。

今日あたりから、また小さなぶつかり合い
が出てきて、元気になってきたんだね、
といいながらも「いい加減にして~」と怒り
が漏れてしまう日常が戻ってきています。

そして、ちーが急にはまりだしたのが、
オリンピックの競技観戦。
ルールとかは知らないのですが、一生懸命
集中してみています。
今日は、カーリングを見ていました。
キリがないので、私に時間で区切られて消
すことになるので「ばあばなら、もっと一緒に
見れるのに~」とかぶーぶー言っています。

何に惹かれているのかはわかりませんが、
小学生になると「自分」というものが、濃くな
っていきますね。

ゆーは「はにゅーくん、けがして、いたいね」
とか言っていました(笑※ニュースで見て印象
に残っているのだと思います)
今日は、子どもたちと一緒にフィギュアスケート
を応援しようかな。

BlogPaint
     ≪二人で、歯ぬけな兄妹≫



















帰りたい~。2018

すーです。

「あとなんこ(何日)寝たら、(くーさんの実家
に)帰るの?」
そんな可愛いことを言っているちーは、最近
「あしたのあしたは、あさって」ということを
理解してきたようです(笑)


今年も、年末~お正月と5日間ほど帰省して
きました。
お父さんが買ってきた風船をたくさん膨らま
せて、小学生高学年のいとこが、一緒に風
船で遊んでくれたり、かくれんぼしてくれたり。
ちーもまーも、そのいとこのことが大好きです。
ゆーは、おじいちゃんに「ふうせんしよ~」と
何度もせがみ、おじいちゃんはずっとニコニコ
して相手をしてくれました。

くーさん実家前には、川が流れています。
そこでくーさんとちーがダムづくりを始めて・・・
3日間かけて、遊んでいました。

くーさんも子どものころから遊んでいる川です。
こうやって、ふるさとの自然に親しむことで土地
を愛するようになっていくのだろうなあと思いま
す。

おいしいものをたくさん食べて、テレビもたくさん
みて(くーさんの実家は、一日中ついてる(笑))
、みんな優しくて。

帰る日は、帰るのは理解しているけど「やっぱり
もう一つ泊まりたい~」と言いだしたちーでした。

大泣きはしなかったけれど、時おり「ああ~やっ
ぱりK市に帰りたいなあ」「どうしてもっと居れな
いんだ」とブツブツ・・・。

ゆーさんも、車のなかで食べていたパンを丸め
て(笑)「じいちゃんにあげる~」と言っていました。


私自身も、怒る回数が減って、よい休息時間に
なっています(笑)私も子どものときは、親戚のう
ちにいくの好きだったな~と思い出しながら。

春になったら、また帰るのを楽しみにしている
子どもたちでした。

どうぞ、5人家族の私たちを今年もよろしくお願い
します。






子どもたちの成長~みんな、それぞれ可愛いな。2

すーです。


ちーは、7歳の誕生日を迎えました。

7年前、私たちの腕にすっぽり収まっていた
小さな命は、私の胸まで身長のある元気な
少年になりました。

自分の生い立ちを、7歳の心で受け止めて
います。
自分で考え、不安や家族の温かさを素直に
まっすぐに受け止めているように思えます。
(と、親の立場で言いきってよいかはわかり
ませんが・・・)

小学校では、よく遊び、一所懸命ひらがな
やかずを学び、家に帰ってくるとだら~っ
としておやつを食べたり夕方のテレビを見
たり、友達に誘われて虫とりしたり、走りま
わったりしています。
1年生になって半年、集団生活にもなれて
きたようです。

最近、衝撃の一言をききました。
「クラスの子は、みんな好きな子がいるん
だよ」!!!!私、固まる(笑)
「ちーにもいるの?」と聞くと、「ひーちゃん
かな」(よく一緒に帰ってくる元気でサバサ
バしている元気な女の子)

「よーくんとどっちが好きなの?」(いじわる
な質問…)

「う~ん、悩むなあ」(悩むのか。よーくんに
は、結婚しなかったら、一緒に住もう!とか
言ってたのに)

「どっちも好き」
「そっかあ~じゃあお母さんは?」(うわ、や
な質問…)

「お母さん好きだよ!世界一好き!」すぐ、にっこり
「お母さんも、ちー大好き!!」といってハグ。



ずっと「お母さん好き」というのは、ちーが私を
喜ばせるために言ってくれているのではないか?
と思っていました。(ひねくれていますね)

でも、今日はそれでいいと思えました。
だって、いつまでも言ってくれる言葉じゃないで
すもんね。

こんなに素直に言えるのは。
きっと、今だけ。

だとしたら、そのちーからの温かい思いを遠慮な
く受けとっていいと気づきました。

お母さん歴、7年。
ちー、これからもよろしくね。

ちなみに将来の夢は「野球選手」だそうです。
(ころころ変わりそうですが、そんなもんですね)

















(真実告知)可愛い、ちーとまーの思い。(6歳10ヶ月)

すーです。

私は子どもたちの出生について、ふいにちーやまーに
質問をします。
様子が変とか困っているときにするのではなく、何も
ない日常にふとするように、気をつけています。

子どもたちの心も体も元気で、安定していると感じる
ときにします。


先日も、ふときいてみました。
「何か、産みのお母さんのことで聞きたいことない?
思うことある?」

1年生になったちーは具体的に意見を伝えられるよう
になりました。少し考えて…。

「・・・どんな声かな…って(思う)」
「どんな顔していますか」とちーは答えました。

こういうとき、素直でまっすぐなちーの言葉に私は
胸がいっぱいになり、泣きそうになります。

でもニコっと笑って、ちーの頭をなでました。
そして「そうだねえ~そう思うのって、フツウだと
思うよ」と優しく返答したら、「普通じゃね~」っ
て言われました。(このときの「普通ではない」は、
多くの家族とは、成り立ちが違うという意味だと思
います)



まー(4歳7ヶ月)にも聞きました。
そうしたら
「Aさんにねーまだ会ったことないから、お手紙かきた
いな」
「なんてかくの?」
「あったらお友達になりたいです」
(他意はなく、仲良くなりたいという意味だと思います)

書いたら、Оさんに渡してみようね。
そんなことを話しました。

性格も違う、ちーとまー。
二人とも、写真で産みの家族の顔を知っています。
でもそれは、実際会うというリアルな知っているとは
違う感覚なのでしょう。

でも、2人の産みの家族への温かな気持ちは同じだなと
思いました。

いろんな事情(産みの親側も、育ての親側にも)があっ
て、我が家に来た3人。
育ての親としては、大人になって「会いたいと願ったと
きには、会うことができる」状況が整うことを願ってい
ます。



記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

すー

最新コメント
  • ライブドアブログ