5人家族になりました!~特別養子縁組への道、そして真実告知~

私たちの夢。それは…お父さん、お母さんになることでした。たくさんの人と出会い、そして子どもと出会いました。                    これは私達5人が「特別養子縁組」という道を歩いて家族になるまで、そしてなった後のブログです。真実告知についても語っています。      (平成22年10月に3人家族に、平成25年1月に4人家族に、平成27年9月に5人家族になりました)

 ■夫婦で考えてみませんか?

特別養子縁組で子どもを迎えた夫婦の体験談。

すーです。

先日、特別養子縁組の研修が行われました。
その長い講義のなかで、少しだけ私たち夫婦が
子どもを迎えるまでのこと、そして迎えた後のこ
とをお話させてもらいました。

私も研修の最初から参加、最後まで講義を受け
させてもらいました。
私の頭で考えていたことが、話しをきくなかで納
得に変わっていき、私自身とても勉強になりまし

子どもたちは、くーさんとつりぼりで遊んでいた
そうです(笑)


10年前、自分で命を育むことはできないとわかり
暗いトンネルのなかを歩いていた日々。
子どもを迎えられるかわからない現実に押しつぶ
されそうだったあのとき。
やれることを一つでも多くやろうと必死だったあの
とき。
産みのご家族の気持ちを考えながらも、子どもと
縁がつながる細い糸が、どうぞつながっています
ようにと心から願っていたあとのとき。

あのお部屋でお会いした方達は、それぞれ事情
は違うだろうけれど、当時の私と似た立場にある
方たち。感じたことのない緊張を感じました。

うまく話せたかは疑問ですがくーさんや講師
の先生に助けられました。
私のつたない「家族のものがたり」を聞いてくだ
さった方たちに感謝です。

そしてかなり悩みましたが、子どもたち3人と一緒
に参加したことで、雰囲気で伝えられたものもあっ
たかなと思いました。
(子どもたちにも、家族のお話しをしに行くんだと
伝えてありました)

たくさんね、質問もいただいたんです。
でも答えられたかわからなくて。
私の体験談も、10年たった今だから気付いたこと
もありました。なので、このブログのなかで少しづ
つ書いていけたらと考えています。











夫婦で向き合い、これからについて話し合うこと。(タイトル変更)

すーです。

最近、特別養子縁組について気持ちを整理する
機会をもらいました。

私たち夫婦は、向かい合ってああだこうだと話す
ような感じではないので、誰かに聞いてもらうと
「ああそうだったのか」という新しい発見がある
ことも
今回、くーさんの話しをきいていて改めて感じた
ことを記録として書き残します。


≪これは治療をしていたころ、まだ特別養子縁組
という言葉だけ知っていたそんなころのお話です≫

くーさんは「子どもがいなくても、いても幸せだよ」
と私に言っていました。

言葉だけ聞くと「どちらでもよかった」と言っている
ように聞こえるかもしれません。
けれどそうではなくて、「賛成していた」というので
す。

「夫婦2人で幸せに暮らせるのだとしたら、血のつ
ながりがない子どもを迎えたとしてもその子どもと
家族になっていくことができると思う」

という意味だったのかなと、今回話しを聞きながら
思いました。
くーさんはちーを迎える前、私にこんな言葉をかけ
てくれました。

「準備ができたら、赤ちゃんが来るかもしれないね」

特別養子縁組で子どもを望んでいたにも関わらず、
子育てしている自分を想像することも怖かった私に
前向きで、温かな言葉をかけてくれるくーさんは、
今も私だけでなく、子どもたちにとっても大切な存在
になっています。

夫婦がお互い向き合い、家庭を築いているか。
自分たちのこれからについて、子どもを迎えること
について話しをたくさんしているか。

それは「特別養子縁組で子どもを迎える」とき、
とても大切なことなんだなと改めて思いました。


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ