2007年09月20日

円満強調も…小室哲哉、ヒット曲なしで吉本“クビ”

音楽プロデューサーの小室哲哉(48)が所属事務所の吉本興業とのマネジメント契約を6月いっぱいで満了していたことが9日分かった。

 吉本興業は小室との契約満了について、「円満な形での終了」とした上で、「彼の音楽活動には引き続き協力していく予定です」としている。

 小室は、trfや篠原涼子(33)、華原朋美(32)らを次々と世に送り出しミリオンセールスを連発。2001年5月に音楽事業に力を入れ始めた吉本興業とマネジメント契約を結んで話題を呼んだ。

 しかし、吉本入りしてからは大きなヒット曲に恵まれず、小室と懇意だった林裕章元会長が05年1月に他界するなど、吉本内での存在感がしだいに薄れていた。

 一方、今年4月から尚美学園大学の芸術情報学部・音楽表現学科・特任教授に就任。音楽特論(新世紀音楽概論)の講義を持つなど後進の指導にあたっている。

 先月28日には、元恋人の華原が、精神的な落ち込みや薬物依存などを理由に所属事務所を解雇されており、小室は奇しくも元恋人と同時期に所属事務所を離れることになった。

【関連記事】
◆円満強調も…小室哲哉、ヒット曲なしで吉本“クビ” (2007/07/09)
◆華原朋美「崩壊」2つの出来事…裏には「歌と小室」(2007/07/09)
◆華原朋美追放必至…その見捨てられた本当のワケ(2007/07/02)
◆「制御不能」朋ちゃん奇行続出、事務所が解雇通告(2007/06/30)
◆【芸能ニュース舞台裏】華原朋美は復帰への地ならし (2007/05/14)
◆華原朋美、ストレスで睡眠薬服用…ミュージカル降板 (2007/05/09)
◆朋ちゃん、指輪キラリ…誰から?に「ウフフフ」 (2006/04/12)




ZAKZAK 2007/07/09





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星