December 02, 2012

1級という壁。

photo103















ボルダリングにもあるのです。。グレードが、、
そんな訳で登ります!
越えるために!

ぁ、ホンマに今さらですが、建築士の方はいけてました☆

October 30, 2011

コノトコロ。

いつも久々の日記になってしまうなぁ。
前に書いた記事が去年の9月て(笑) あかんな(笑)

1級建築士の試験も終わって少し落ち着いた今日この頃、、、(仕事は忙しいけど、)
あそこはああ書けば良かったなぁとか、あれはもうちょっと踏み込んで表現できたな とか
終わってみれば色々荒が出てくるもんで、、
ミスを誘発させる様に作られているので、焦らずに限られた時間内でまとめあげるプラン力・
予想してなかった要求にも瞬時に対応できる状況判断能力・・
短時間に正確に書き上げるテクニカルかつスピーディな作図能力・・・
まぁ そんな能力が求められます。
なんというか製図試験は道の石ころを判別していく 全速力で走るマラソンのようなやらしい
試験ですわ(笑)、、でも悩んでも結果は変わらないので、
半分忘れて又趣味の読書に没頭しております。。 結果は12月までのお楽しみ。
 それでは、最近読んだ本やこれから読みたい本をご紹介。
なんにも考えないで笑って読める一冊として、脚本家 大宮エリーさんの「生きるコント」
これは面白かった。普通に生活を送っているだけなのに、ほとんどコントになってしまう。
日常がコント! エリーワールド全開!小話を集めた構成(お笑い話とちょっとホロリ話が9:1位)
になっていてるのですが、登場してくるオカンやマネージャーもおかしいし泣けるw
この人ホント最高です。楽しい気分になれる本ですわ。
 それと、近頃気になる万城目(マキメ)学作品なんぞをパラリと、
「鴨川ホルモー」・「プリンセス・トヨトミ」辺りをを読み始めてマス。
ものすごい世界観だと聞いたので今から楽しみです。
 もう読んだ本でも何回も読んでしまう本もあります。 本棚を整理していてついつい手に
とってしまう卒業アルバムの様な 吉本ばななさんの作品。
特に「キッチン」、、物語の透明感や空気感 ゆっくりと静かに冬が近ずいてくる
しんとしたこんな季節に読みたくなるんだよなぁ。
 後 伝記好きとしては偉大なジョブス氏の本も読まねば、Appleの製品はipod shuffleしか
持ってない僕ですが、デザイン哲学・経営学を知る上でも是非読みたい本です。
なんかワンピースも世間のあまりの人気に後押しされて遂に単行本を買い始めてしまったし、、
絵に描いた様な読書の秋を満喫しております(笑)
 それと色々あって行けなかった山登りやボルダリングもまた再開せねば。。
インドアとアウトドア、、これからもバランスよく色々な事を感じ、吸収して そんな中に楽しさを
見出していける様な日々を過ごそうと思います。
ではまた。
photo102

September 20, 2010

タモリのTOKYO坂道美学入門

カレー鍋を洗うのってなんでこんな面倒くさく感じるんでしょうw
まぁ、  それはいいとして ブラタモリが10月から復活するそうです。
これはファンにとっては非常に楽しみ。 タモリさんの博識っぷりとなんとも言えない
味のある語りは流石の一言。タモリ倶楽部もいいんだけど、タモさんのtalkをより多く
楽しみたいのなら前者の方に軍配が上がると思います。タモリさんの独特の着眼点と、
どこか謙虚な姿勢が見ていて本当に心地よい。。。 
そんなタモさんは坂道にも詳しくこの本「TOKYO坂道美学入門」には
それぞれの坂についての歴史や名前の由来が古地図と共に載っております。
タモリさんの坂に対する思想や愛が伝わってくる1冊です。
他にも坂周辺のグルメ中心お立ち寄り情報がちょっとありがたい。
これは東京行く楽しみが増える一冊ですね。 オススメです。
毎日通ってる坂道や普通の道にも歴史が有るわけだから ちょっと調べてみるのも
面白いかもですね〜。 因みに僕はY字路がなんとも言えない雰囲気があり好きです。
ではでは、 久々のオススメBookの紹介でした。
photo101

September 07, 2010

Mt.Fuji

1















久々の日記です。
友達と予定が合わなかったり、キャンセルがあったり(笑)でどうしようかと考えてましたが、
行きたいという衝動を抑えられなかったのでバイクで一人行ってきましたぁ。富士登山!
そんな感じで金曜の深夜に出発!でもバイクで遠くに行くのってけっこうしんどいですね。
体にあたる風は優しくないし、、ね ねむいし、、、 なめてました。。
でも静岡県に入ったら見えてくる富士山のシルエットにテンションはちょっと上がります!
さて、高速のSAでなんやかんやして結局5合目駐車場に着いたのが8時頃。
売店で食べたうどんが美味しすぎる。。 疲労効果かな?と思いつつも、美味しいからいいのだ。
歩きはじめる前にこんなに疲れていて大丈夫かな!?と思いつつも登り始めます。
本当はご来光を見たかったのもあるんですが、日程的に厳しく いつもの普通の日帰り登山です。
ルートは富士宮口という登山道から入って6合目から分岐して宝永火山を経由し御殿場口付近に出てくるプリンスルートを選びました。
ザックの中身は防寒ウェア(PATAGONIAダウンセーター)、レインウェア(P01のゴアパーカー・ホグロフスのレインパンツ)、水分(水2L、ポカリ2L)、食料、エイドキット、
ヘッドランプなどなど、水分は多めに後は必要最低限の物のみ。
上でどんな事があるのか楽しみな登りです。
続きを読む

April 11, 2010

Tomorrow's world

photo97















カムチャツカの若者がきりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女がほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は柱頭を染める朝陽にウィンクする
この地球では   
いつもどこかで朝がはじまっている
ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

僕の好きな谷川俊太郎の詩、「朝のリレー」です。
色んなことを考えてちょっとネガティブになった時に僕の心を押してくれるコトバです。
太陽が沈み、ふたたび昇ってくるまでの明日を想う世界。。
人は様々な事を思い明日を待っている。。
明日とはその日嫌なことがあっても「気持ちをリセットして次の日又頑張りなよ」っていう
神様が作った概念なのかもしれない。
くよくよしててもどうせ迎える明日なら楽しく迎えなきゃソンだしね。
言葉のパワーを受けて前に進まねば、、Lを1つ足すだけでWORLD、世界にもなるんだ。
まぁ、楽しく前に踏み出さなきゃです。 ではでは。



January 10, 2010

Thanks CAFEにサンクス

photo96














阿波座にあるThanks CAFEはFoodやDrinkメニューが豊富で遅くまであいてるし
とても好きなCafeであります。
ランチメニューも美味しくパニーニランチがオススメですわ。(お昼はあんまり行けてないけど。。)
店長であるキミちゃんとは小学校・中学校での同級生で、
去年に知人を通じて再会出来たんです。
ホントにお世話になりっぱなしのCafeですわ^^
そんなキミちゃんが2月に新しくできる東京店の方に移動になるそうな。
なかなか会えなくなりちょっと寂しくなるけど、東京行っても頑張ってな^^
キミちゃん☆

Thanks CAFE(サンクスカフェ)
 大阪府大阪市西区西本町3丁目1-31 KMビル1F    TEL 06-6534-5581

December 26, 2009

German Christmas Market

photo92















クリスマスな夜は梅田でやってるドイツ クリスマスマーケットに行ってきました。
スカイビルの下で催していたのですが、毎年おこなっているんですかね?
いい感じの場でした。
ドイツのハーフティンバー風に作られた屋台がたくさんあって
焼きソーセージや伝統工芸品を扱ってるお店が並んでて本場の雰囲気を味わえます。
でも、なんといってもホットワインが良いですわ〜。
屋外なので極寒の中に居てるわけですが
ホットワインの湯気と真っ白な吐息がいりまじって妙に心地よい。
ホットワインの暖かさが身に染みて、寒いのすら至福に感じてしまいます。
屋台の料理もGoodだし なかなか良い夜でした。
photo93















photo94















photo95

October 27, 2009

Mt.Ohdai

photo87















なんか最近山ずいてますわぁ。 隔週位で行ってる気がします。
元々、アウトドアウェアやアイテム・ギアなどが好きで
その機能を使う場としての山が好きだったのだけど、それにプラスして
近頃は自然の美しさや四季の移ろいを感じる事の出来る場としての山に
惹かれてます。
それに、単純に歩く事が面白い。
「歩くこと」に面白いと言う表現は適切では無いと思いますが、そんな感じなんです。。
楽しさを見い出せている気がします。
休憩しながらだけど、4,5時間位もくもくと歩いても苦になりませんしね。。
食が細くあんまり食べれない体質でしたが、最近は、食欲旺盛になってきたと思うし
ちょっとしたことで疲れる事も少なくなってます。
これも山歩きの恩恵かもしれません。歩く事って大切ですわ。
photo88















さて、今回の山は年間を通しての雨量がものすごく多い大台ヶ原という所に行きました。
正木ヶ原のトウヒの立ち枯れや大蛇瑤噺世辰神箏淵櫂ぅ鵐箸鮗回する
1周約4時間のコースです。しかしこの日は曇りで濃いガスが出ており視界は良くありません。
歩いているだけで、水分をたっぷり含んだ霧によりウェアは濡れてきます。
今回で初めてゴアテックスの機能を使った様に思いますわ。
大台ヶ原はコケ類やシダ類の原生林が生息している日本でも数少ない場所で、
うっそうとした感じが神々しくジブリ映画もののけ姫の森の様で幻想的でした。
晴れてるのが一番だけど、こんな雰囲気の森もいいもんです。
photo89















photo90















大台ヶ原はほとんど頂上まで車で行けるので、登山と言うよりはハイキングに近いかも
知れません。(上の写真(大蛇)のような所もありますが。。)
だからジーンズの人や軽装の人が意外と多かった。
気温多分6,7度位でしたが、なぜ!?かTシャツの人もいてました。。。
でもその人を見ていると、一瞬 山だからこんな格好で!という僕の固定観念の方が間違ってる
とさえ思えてきます。。Tシャツは良くないけどちょっと考えさせられました。ビバFreedom!! 
さて、このTシャツの人がいた日出ヶ岳というルートの途中の山ですが、
展望台からはなんと晴れてたら富士山が見えるらしい。 
奈良の山奥から憧れの富士山が見れるなんて、これ見えたら本当にテンション上がりますわぁ。
次は快晴の日をねらって来たいと思います^^
photo91















山道脇にあったArtな根っ子。
木が倒れて根っ子が外へ出てきたみたい。。自然が造る造形美。。。
一瞬、「淀川テクニック」さんの作品の様に思いました。

October 12, 2009

Mt.Hachikyou

photo81















山を登っていると最高峰と言う響きに憧れる。
無数に頂が有るのならその一番に登りたい。 本能でそう思うのかもしれない。。
ただの素人ハイカーだけどそんな事を思う。
八経ヶ岳は西日本では 四国の石鎚山、剣山、屋久島の宮之浦岳に次いで高い山、
奈良県及び近畿地方の最高峰である。2000mには届かないけど、
なかなかの高度差を体感出来ました。
photo82















photo83















photo84















それに今の時期、紅葉が美しかったです^^
序盤、中盤は自然の美しさや鳥のさえずりを聞きながら歩く事が楽しかった。
 山を歩いていると、すれ違う人と自然に挨拶できる。何かあった時はお互い助け合いましょう
という意思表示でもある。都会じゃなかなか無い事。
他人とこんな感じでつながれるのは心地よいものです。山での一期一会は素敵だ。
さて、山頂付近に近くなるとガスが出てきました。
気温もぐっと下がる。途中の弥山小屋では手がかじかむ程 寒かった。
手袋を持ってこなかった事を呪う。
小屋の横で食事をしていると、ガーッという音を立ててヘリコプターがやって来ては
荷物を下ろして去っていく。ヘリを見てたらなんとなく漫画「岳」を思い出した。
頂上はもうすぐだ。
強風にやらて倒れている木や立ち枯れしてる木々を抜けひたすら歩く。。。
自然は与えもしてくれるが奪いもする。枯れ木を見てるとそんな事を思う。。
自然の偉大さを噛み締めつつ立つピークは感慨深かった。
photo85















寒かったりしんどかったりでしたが、山頂に立たせてくれた八経ヶ岳に感謝をして下山です。
明日からの活力をもらえた気がしました。
今回も登れて良かったです。
photo86















 さて、もうひとつ お友達に借りたDVD「Touching the Void 運命を分けたザイル」を観ました。
ペルー アンデス山脈にある標高6600mのシウラ峰西壁からの生還劇ノンフィクションです。
下山時に事故がありパートナーとのザイルを切るかどうかの葛藤。。
クレバスに落ちてからの脱出には息を飲みました。。。
人間の強さと儚さ。。。色んな事を考えさせてくれる映画です。
又人に薦めたくなる映画が増えた気がしました。



August 31, 2009

PATAGONIA-FRICTION BELT

photo78















photo80















PATAGONIAのFRICTION BELT。
近頃よく使ってます。普通にウエストベルトとしても使ってますが、
最近、なにかと荷物が多いのでそれらをまとめたりする時のサポーターとしても
だいぶ活躍してくれるアイテムです。 それにデザインもかわいいですし。。
そんなFRICTION BELTをバックパックに個性を出すべく
愛用のPORTERのEXTREMEに巻きつけてみました。
なんか、ザックにどんな物を付けるか考えるのが最近楽しいので
こんな使い方もありかなと、、
カラビナをジャラジャラと付けたり、カップをぶら下げてみたり、
ブランケットを巻きつけてみたり、、
好きな物をうまい事レイアウトしてトレッキングしたいですわぁ。
水筒や暑くなって脱いだネルシャツなんかを無造作に引っ掛けるのもなんか
気分です。photo79

March 15, 2009

pianism

仕事で疲れて帰ってきても、テレビで悲しいニュースが流れていても、鍵盤に指
を乗せた瞬間、僕は少しの間それらを忘れ ピアノと一つになれる。

すきっ腹にしみる缶ビールの味と、どこかで鳴いてる猫の声をスパイスに
今日もひとときだけの世界旅行。
頭の中の五線譜を駆け上がり、四分音符の船で世界を廻る。

鍵盤に指を乗せた瞬間、、僕はピアノと一つになれる。。

イギリス・オックスフォードのキャットストリート辺りでいつか弾きたい
名曲の譜面を眺めている頃、黄色い液体の入った容器はいつしか軽くなっていた。
時代の憂いを噛み締めながら 今日も、ピアノの世界に引き込まれる。

鍵盤に指を乗せた瞬間、、、僕はピアノと一つになれる。。。 気がする。。

Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives



March 07, 2009

見えないカタチ

photo77














モノ    コト      ヒト     トキ     イト
   シキ     オト     ソト?
最近、色々なデザインを時間の合間をみては考えてます。
日常の色々な物からインスピレーションを受けるのでメモ帳は必需品。
浮かんできたアイデアが良いか悪いかは置いておいてとりあえず書き留めます。
本屋さんに居てる時はもちろん。自転車に乗っている時等の移動中でも、気にな
るキーワードや考えが頭に浮かんだら立ち止まってメモメモ。
イマジネーション出来る材料はみじかな所にたくさん隠れているので、
ちょっとした気づきを意識して毎日を過ごしております。
僕の中で、コンセプトと言うか信念みたいなものだけど、形が良いと言うだけでは
なくてそこに意図や考えをプラスした形態にしたい。  これ絶対。
ロゴを見ただけで何を意味しているか分かる様な。考えがイメージ出来る様な。。
そんなカタチを目指してます。
デザインって答えがないけど、理想のカタチにどこまで近づけるか、、納得するまで続けたい。。
「イイモノを作る。」 シンプルな言葉の究極のテーマ。。。
頑張ります。

March 01, 2009

SAKURAGUMI

photo74














美味しいイタリアンが食べれるお店が有るという事で、行ってきました。
播州赤穂「SAKURAGUMI」
大阪からは電車で約1時間半 。ちょっと遠いけど、お店や料理そして未踏の地の
風土や文化に期待を膨らませつつ過ごす車内は心地よいものですわ。
これも又旅の醍醐味の一つだったりします。
そうです。食べる事は目的の一つ。あくまで全体のプロセスを楽しみたいのです。
電車が動きだすと、旅の始まり。
その日の気分で何冊かチョイスした本を読んだり、お喋りしたり、、。
そして、ときおり思い出したように車窓の流れゆく
景色に目をやってみて物思いに耽ったりする。。。
こんな時間好きです。
特別な事をしてる訳じゃないけどなんとなく特別。
なんか日常のなにげない時間や出来事にこそ遊びを見い出したいし、とことん楽しみたい。
そんな精神 大切です。
photo75














さてさて このお店ですが本場ナポリピッツァ協会認定のお店でピザ ホント美味しかった。。
それに海鮮料理が絶品。
ひと口食べれば口の中が地中海。。。(すみません。(笑))
良いお店とは、場の雰囲気や空気感、その空間にいる人たちとの過ごし方や
やり取り、お店側の物作り、物の扱い方に対するこだわりや情熱などを感じ取る事が出来たり、
考えを共有出来たりした時にそう想うものだと思ってます。
語らずとも感じ取れるものでもありますしね。
うん。本当に素敵な良いお店でした。
photo76














帰りも行きとはちょっと違います。 闇を走る電車。。
流れ星の様に街灯や家の灯りが無数に飛んでは消えていく。。
行きとは違う風景。。。
この光の一つ一つに営みがあるのだとかドラマチックな事を思ってみたり、
そんなまどろんだ帰路も良いもんです。。
そして、今日一日の出来事が有るからこそ得られる満足感。
電車を降りるまで旅は続く。。。
あ、家までか。。
そう、全てが繋がって一つの物語となるのです。
今回も良いお出掛けになりました。
ではでは。

January 28, 2009

まんがパレスチナ問題

photo72














 スタンダードブックストアで平積みされてたのが目立ってたもんで買ってみました。
 この本面白いですわ。
 面白いって言ったら不謹慎だけど、なんと言うか為になります。
 中東のややこしい問題が歴史順に分かりやすく理解出来るし、
 なんとなくしか知らなかった事が整理出来た感じです。
 中東問題のざっくりした入門書には丁度良いと思います。
 後、まんがって謳ってるけど挿絵がふんだんに使われているだけでまんがではありません。
 でもイラストのタッチが可愛いから取っ付きやすいですよ。
 これからも読んでみて良かった本はちょくちょく紹介していきますね〜。

photo73