2007年12月

一年間ありがとうございました。

大掃除ということで、
一年間の、新聞の切り抜きや、雑誌、本を整理していたら、
皆さんからいただいた一年分のお手紙やハガキがでてきて、
お掃除の手を止め、しばらく、感傷的な世界に浸ってしまいました。

毎週放送のネットテレビ「ゆかはな★ランチ」を楽しみに、
お仕事でお忙しいのにもかかわらず、
「放送開始ギリギリにPCの前にたどりついた〜」
「PCの調子が悪くて、今回の放送を見逃してしまい、とってもかなしいです」
というメッセージや、
初舞台の初日に、
「がんばれ〜。」といったさりげないけど、力強いお葉書など

この一年間、皆さんの優しさに、どれだけ励まされたことか、
「私のことを気にかけてくださる方が、親兄弟以外にこんなにたくさんいるんだ。」
と、読んでいる途中で思わず涙がこぼれてきました。

思えば、この独立元年、とにかく、初心に戻って、頑張ってきました。
ひとつひとつのお仕事に感謝をしながら、全力投球臨んだ一年、
XOTTANと2人3脚で、何の後ろ盾もない中、よくこの荒れ狂う社会を
生き抜いたなぁ〜って、我ながら、びっくりしています。

もちろん、いつも側で支えてくれているXOTTANや、
ネタを提供してくれる、私にとって新聞の師であるママや
その他、仕事でお世話になった関係者の皆様には
感謝の言葉につきませんが、

苦しい時や、つらい時こそ、ファンでいてくださる皆さんからの心温まる一言が
どれだけ原動力になったかと思うと、

将来への不安なんて、考えるべきじゃない!
こうやって、私の活躍を楽しみにず〜っとず〜っと応援してくれている方々がいる。
来年もがんばるぞ〜!!

・・・・。

そんなパワーがみなぎったところで、

苦手なお掃除を一気に終わらせたいとおもいます。

それでは、
みなさん、よいお年を。

一年間、本当にありがとうございました。
来年も、よろしくお願いいたします。

楠城華子 2007年 おおみそか

ブット元首相の死

紆余曲折を経ながらも、
来年行われる総選挙に向けて、
少しずついい方向に進んでいると思っていたのに・・・

ブット元首相が亡くなったというニュースが入ってきたとき、
ショックで、一瞬、動揺して、目の前が真っ白になってしまいました。

自爆テロ。

どうしてなの?

きっと、私たち日本人には理解できないような、
深い思想の違いがあるのでしょうね。

もっと、情報を集めないと、ブログで書くべきではないと
思ったのですが、

ミャンマーと並び、軍事政権の色が強いパキスタンを
この一年間、ず〜っと新聞の紙面上で
追いかけてきて、陰ながら応援してたんです。
候補者の一人一人ではなく、
パキスタンという国自体を。
(ちょっと、おこがましい発言かもしれませんが、正直な気持ちです)

ムシャラフの態度が二転三転しながらも、
民主化を強く訴える、弁護士や裁判官達が
弾圧を恐れず、声高に、NO!を唱え続け、
ブット氏が亡命先から帰国したり、
ほかの人気政治家も名乗りをあげたり、
強硬突破ギリギリのラインで、
来年の、総選挙実施に、ムシャラフはGoをだした。

この最後のムシャラフの決断の裏に、何があったのか、
情報源の少ない私は、勝手に想像するしかありませんが、
国際社会との関係、自分自身、そして愛する家族の身の危険などなど、いろいろな悩みがあったでしょうね。

普通&秘密選挙、基本的人権という概念が当然と教えられ、
ある程度、その安全性に慣れてきた
私たち日本人にとっては、
ムシャラフをはじめとした独裁政権は勝手すぎるという見方をしてしまいがちですが、

政情が不安定な国、
いったい、どこまでが、保護される領域なのか、
どこからどこまでが身内で、信頼を置ける仲間で、守るべき国民なのか
そういった、「国家と国益」の概念が定着していない地域では
私達とは、全く価値観が違うんだろうなと思います。

ようやく、多数の有力な候補者が募る総選挙という
私達にとっては当然な普通選挙にむけて、
大きな一歩を踏み出したんだ。
よかった。

選挙運動が盛んにおこなわれているという新聞記事を
読みながら、誰彼がというより、みんなに頑張ってほしい
そう、勝手ながら祈っていたら・・・

どうしてこんな悲劇に?
意見の違いはあるでしょう。
候補者の主張がすべて正しいなんてことはあり得ません。
誰かの利益を優先すれば、誰かの利益が侵害されます。
でも、

みんなの、「幸せの価値基準」を、一つの国として、
話し合いによって、歩み寄っていこうという志は、
人間に備わった、本来の社会性なのではないでしょうか?

ひとつの、国としての理想社会を形成しようとするエネルギーに対して、
あまりにも大きすぎる犠牲に
やり場のない憤りをかんじてしまい、
とりとめもなく、ブログに書いてしまいました。

ビリヤード初体験!

メリークリスマス♪が過ぎたと同時に、
街の飾りが一気にお正月モードに変わりましたね。

875club通信で、「25日の朝のミサに行く」宣言をしたのにもかかわらず、
前夜の家族会議が大いに盛り上がり、シャンパンやらワインやらで
すっかり朝寝坊してしまいました。

人生初体験のクリスマス・ミサは、来年に持ち越しということで・・・

同じく、こちらも初体験!してきちゃいました☆

初ブレイク











ビリヤード♪
台の上には乗ったことがあるのですが、
(その時の写真はこちら
実際にプレーするのは、はじめてでした。
初ブレイク2











↑初ブレイク(音が気持ちよかった〜ぁ♪)

私が今日遊んだゲームは、
ビリヤード団体のJPA(日本プールプレイヤーズアソシエーション)さんが
主催する新しいルールに基づいていて(本家はアメリカにあるらしいです)、
来年度開催する大会で優勝すると、
なんと、ラスベガスに行けるんですって☆

詳しい内容はXOTTANブログをご覧ください★

大統領の座にこだわったチャベスと実をとったプーチン

先日行われたロシアの下院選挙では、
予想通り、プーチン率いる与党が圧勝。
来年引退するプーチンは、大統領の座を退いた後も、
院政をしき、権力を握り続ける

そんな声が世の中からたくさん聞こえてきます。

プーチンは表向きの地位に関係なく、一生権力を握り続けることでしょう。
それだけ、ロシアの政治態勢が盤石=官僚組織がしっかりしている
ということは、恐怖政治なんてささやかれながらも、
国際社会の中の主権国家(国民の人権とは次元の違う意味で、国家としての強さ)としては、ある意味、模範的かもしれないと思う今日この頃。

選挙がいまいち公平性に欠けるというところに目をつむれば・・・
のお話ですが。

プーチンがなぜ人気があるのか。
大衆に対しては、プロパガンダの成果だという極端な見方に賛同するとして、
いわゆる、富裕層からの支持を集めるプーチンの最大の魅力は
約束を守る!という男気があるからなのでは
と、勝手に思っています。

こういう独裁色の強い国って、一昔前の韓国のように、
政権が交代すると、前任者とその支持者達は一斉に逮捕されるなんてことが
よくあります。
でも、プーチンは、とっても義理堅いんです。
最近読んだ『地球を斬る』(佐藤優 著)にも書いてありましたが、
プーチンはエリツィンから大統領の座を譲り受けたとき、
その条件として
「エリツィン一族の資産には手をつけない」
という密約を交わしたそうです。
そして、プーチンは、その約束を守り、エリツィン一族は今も平穏無事に富豪生活を続けているのです。

そういう人格だからこそ、多少の恐怖感に裏打ちされたものであるにせよ、
資産家たちに支持されるんでしょうね。

プーチンと対照的なのが、
先日、スペイン国王に一喝されたベネズエラのチャベス大統領。

こちらも同じく国民投票が行われたのですが、
その結果は、チャベスにNO!を突き付けました。

選挙内容は
チャベスの大統領の任期をもっと伸ばそう!
(=チャベス終身大統領への道)
という内容に憲法を変えようという国民投票で
なんと、過半数の国民が反対票を投じたんです。

チャベスの独裁国家だと思い込んでいた私は、
ベネズエラの民主主義が生きていたんだということに感激しました。
(と同時に、自分の無知を反省しました)
プーチンと同じように、選挙の公平性に疑問が大いにあると思われる国で、
政権の意向に反する結果がでるなんて、しかも過半数以上。

う〜ん。おんなじ独裁者でも、人心掌握術の差が歴然とでてしまいましたね。
たしかに、プーチンがもし、改憲を問う国民投票を行ったら、今回の選挙のような圧勝の支持は得られなかったでしょうが。
チャベスも院政を敷くという手段を選べばよかったのに。
きっと、ベネズエラは、ロシアのKGBのような伝統のある官僚機構が育っていないから、意思統率ができる組織編成が難しいんでしょうね。

そうだとしても、敗北宣言をしたチャベスの発言がまた興味深かったです。
「負けは認めるが、支持者がいたんだ。だから、もう一度国民投票をする」
勝つまで、試合を続ける。

結局やりたい放題ですね。
ちなみに、今の憲法だと、2013年まで大統領の座にとどまれるようです。

学力低下を逆手に予算増をもくろむ文科省

OECD主催の世界一斉学力テスト(通称PISA)の結果が発表され、
日本国内は大いに盛り上がっています。

日本は前回に比べて、数学が6位から10位に、科学が2位から6位に、国語が14位から15位に、すべての成績が下がってしまいました。
かわって、健闘したのが、初参加の台湾(科学・数学ともに1位)、韓国、香港。
フィンランドも相変わらず成績優秀です

試験の対象となった日本の中学3年生は
「ゆとり教育」の犠牲者だ!なんて、騒がれていますが、
どうなのでしょうね。

実際どんな問題なのか、解いてみようと、OECDのサイトにいってみたのですが、
英文しかなくて、数学などは、問題の意味がよくわからないのもありました。
日本語バージョンがどんな質問の仕方をしているのかわかりませんが、
私が経験してきた学校の質問形式とは、ぜんぜん視点が違うので、
一瞬「難し〜!!!」とあせってしまいました。
でも、落ち着いて腰をすえ、じっくり考えると、意外と単純な問題が多かったです。

たしかにね。変化球にも対応できる能力を問う問題として、
素晴らしいと思いました。

逆に言うと、この手の問題集を何回か解けば、
順応力の高い(はずの)日本人なら、簡単に得点アップできると思います。

実際、初参加にして世界トップの成績をたたき出した台湾は、
高校入試と問題形式がとっても似ていたんですって。

挑戦してみたいという方はこちらから。

それはさておき、
2008年度の予算編成が架橋にさしかかったこの頃、
(財務省と各省とのバトルが最終決戦に差し掛かっている最中)
今日の新聞に突然、
文科省が7000人の教員増強、つまり予算増を財務省に要求し、
それをダメ押しするかのように、
すでに前倒しで「待機教員」を確保したという文章が掲載されました。

このタイミングで!
なんだか、学力低下を挽回するためには、
もっとお金が必要です!とアピールしているようにしかみえません。

たしかに、子供の教育は重要だし、子供の学力アップのためなら、
親は身を削ってでも子供にお金をだしてやるべきだ。
という意見はわかります。
私も、ずいぶんと親にお世話になりましたから。

でも、教員を増やせば、学力は向上するの?
質の問題じゃないの?

私は、教育はノウハウだと思っています。

昨日、私が通っていた「鉄緑会」という塾が「ベネッセ」に買収された
という記事を新聞で読んだとき、
なんとなく、さびしい気もしましたが、
学力が向上するノウハウが、大きな資本の介入により、
より一般に普及することは
日本のこれからを支える子供達のことを考えると、
とってもいいことだなぁ〜と思っています。

塾という業界は、先生の競争原理がもろに働く世界なので
よくわかりますが、
生徒の心をつかむ授業をする先生のところには、
わんさか生徒が集まりますし、そういう先生は、
マンモス教室でも、しっかりと全員の意識を50分間つなぎとめることができます。

「受験対策の詰め込み勉強のノウハウを覚えたって
本当の学力とは言えないんじゃないか!」
なんて誤解されてる方がいらっしゃいますが、
真のカリスマ講師は、その詰め込み型のお勉強を真っ向から否定し、本当の学力とはなにかということを教えてくれるのです。
本当の意味での学ぶという姿勢を教えてくれ、
生徒に学ぶことの楽しさを与えるのです。
(だから生徒が集まるんです。松下村塾や松下政経塾なんかと同じです)

少人数制ばかりが謳われる昨今の教育界に
疑問をかんじる私。

もちろん、少人数制にいいところはいっぱいありますが、
予算が限られているこのご時世に、
7000人増員以外の手法も考えるべきではないでしょうか。

とはいいつつも、お金がもらえるチャンスがあれば理由をつけて取りに行く
という姿勢には感心します。

ドラクエ犬版づ憩

約20年ぶりの再会
懐かしさと感動のあまり、涙を流しました。
自力でゴールまで行こうと決心して始めたのに、
途中で、道に迷った時、こっそり、裏技をネットでみちゃいました。
寝る暇も惜しんでず〜っと画面を見続けていたら、頭が痛くなりました。

そして今夜とうとうクリアーしました!!!!!!

ドラゴンクエスト検DS版)
ドラゴンクエスト











1990年(当時10歳)、
スーパーファミンコン対応のドラゴンクエスト犬
任天堂黄金時代の作品です。
ドラクエシリーズを製作するメーカーは、
とっても商売上手で、
時代の隆盛にあわせて、ハード機メーカーを乗り換えるのです。
ドラクエ1〜6は任天堂のファミコン対応でしたが、
時代がSONYのプレーステーションになると、
ドラクエも7,8,とプレステ対応になってしまいました。

そして、DSの成功により、昨年から再び王座の地位を奪還した任天堂。
それを祝福するかのように、来年発売される次回作のドラゴンクエスト9は
SONYのプレステにお別れをつげ、任天堂Wii対応になったんです。
(↑「通りすがり」さん、ご指摘ありがとうございます。ドラクエ9は任天堂DS対応です。勘違いしていました。)

最近発売されたDS版のドラクエ犬蓮△覆鵑箸覆、任天堂の凱旋祝いって感じもあって、実に感無量でした。内容も相変わらず素敵で言うことなしですが、
今回のDS版の一番のお気に入りの点は、音楽が、すべて生オーケストラの録音だということ。東京都交響楽団による演奏です。
テーマソングが流れてきたときには、20年間忘れていた感動と共に、
全身に鳥肌が立ちました。

ドラクエについてのこだわりは、まだまだいっぱいありますが、
このあたりで。

来年発売の(本当は今年に発売される予定だった)ドラクエ9が待ちきれません。
メーカーの商戦にのせられやすい客の一人である私は、
ドラクエ9の前に、発売されるであろう5と6のDS版も買っちゃうんだろうな。

あ〜。夢の世界はいいですね。
体調が悪くてもホイミで治せるし、死んでもお金払えば生き返るし、
好きな場所に飛んでいけるし、お姫さまにだってなれるし・・・。

さ、そろそろ現実に戻らなくちゃ。

さぼっていたブログを一気に更新して、
裏ワザ使って、日にちをちょっとごまかして・・・
(悪意はないので許してくださいね)

今週もがんばるぞ〜!
戦わなくちゃ、現実と!

あんみつ

鎌倉で食べたあんみつあんみつ

 

 

 

 

 

 

おいしかった。

またね☆

Profile
GOOFLA.COM
楠城華子のオフィシャルサイト
ぐうふら.com
楠城華子事務所ぐうふらオフィシャルサイト

GOOFLA CHANNEL
YouTubeにて開設!


『GOOFLA CHANNEL』
ぐうふらチャンネル

華ちゃんの
新聞速切公開
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
千葉旅行詳細★初日 (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
銚子港
英国首相に質問してみました★ (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
英国首相に質問してみました☆
  • ライブドアブログ