2009年04月

テーラーメイド教育…英文法の不得手は左脳の大きさ?

教育問題について考えている今日この頃。
(最近立ち上げた、無料塾のサイトはこちら
おにぎりを食べながら、新聞をぺらぺらめくっていると・・・
「脳のサイズと語学能力 関連」
というタイトルに、目が釘づけになってしまいました。
(すかさず、ハサミでチョキチョキ♪)

かつて、学校や塾で
「人間努力すれば、みんな・・・」
「一生懸命頑張ればいつか・・・」
「日々是決戦」
なぁんて、生徒さん達を励ましていた方々もいらっしゃるのでは?
そんな、鉢巻をしめて、がむしゃら受験勉強!なんていう時代は、
どんどん過去のものになりつつあるようですね。

個人的には、超努力型、超一夜漬け型で受験を乗り切ってきただけに、
なんだか、さびしい気もしますが、
時代は、「脳の分析」によるテーラーメイド教育らしいです。

どんなに頑張っても、どうしても学力が伸び悩む
その原因は「脳のつくり」にあった!
だから、残念!
なぁんて結論付けちゃったら、少し早とちりですが、

今日の新聞記事によると、
英語の文法能力が高い人は右脳より左脳が大きいんですって。
(テストの結果が最も良い人は、左脳が右脳に比べて4割も大きかったのだとか)

私も、学生時代は英文法が大の苦手で、
家庭教師をするようになって、必死に習得した記憶があります。
今でも、文章構造を把握するのは得意ではないので、
もしかしたら・・・・もしかしらた・・・・左脳が小さいのかも・・・。

脳のCTスキャンしてこようかなぁ〜。
どこに行けばいくらぐらいで検査してくれるんだろう・・・
健康だから、保険きかないかなぁ〜。

それはさておき、
脳の分析をすることで、
個人個人にあった、教育方法を確立できるようになるかもしれません。
今はまだ、
「こういう脳の人はこういう特技がある」
という段階ですが、
近いうちに
「左脳の小さい人がどうやって英文法をマスターするか」といった
解決策も、いろんな学者さん達から出てきそうですね。

勉強法を変えるのか、
それとも、投薬や手術によって、脳自体を変えるのか・・・

前者なら、夢のある素敵なお話。
後者なら、空恐ろしいSF世界になる予感・・・。

楠城華子の多事小論 Vol.5

・父親に育てられると子どもは我慢強くなる!
・お父さんも育児休暇で能力アップ!
・公立高校に地デジ対応テレビ導入

についてコメントしています。

楠城華子の勝手に英語ノート Lesson7 第2時

「これなあに?」

−What's this?

新聞速切★2009年3月22日(後編)

低価格パソコンに期待するもの
求む!ほどほどの商品
100%エコの家
だんだん焦ってるオバマ大統領
ハンガリーのイケメン首相辞任
AIGボーナス問題
ミサイル迎撃問題

についてコメントしています。

新聞速切★2009年3月22日(前編)

2009年3月22日の新聞をハヤギリ

3月の年度末工事
カッターナイフの使い方
足で教える先生
雇用問題
ワークシェアリング≠格差固定への補助を
ブラックホールのおなら?
医療:がんの治療データを病院間で共有
新聞速切の極意:小難しいところは飛ばす!
金券ショップ・ネットショップの使い方
楠城華子お勧めショップ
金券ショップが少子化を招く!?
太陽の元気がない!!!

についてコメントしています。

楠城華子の勝手に英語ノート Lesson7 第1時

「英語と日本語、同じもので違うもの」

Profile
GOOFLA.COM
楠城華子のオフィシャルサイト
ぐうふら.com
楠城華子事務所ぐうふらオフィシャルサイト

GOOFLA CHANNEL
YouTubeにて開設!


『GOOFLA CHANNEL』
ぐうふらチャンネル

華ちゃんの
新聞速切公開
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
千葉旅行詳細★初日 (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
銚子港
英国首相に質問してみました★ (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
英国首相に質問してみました☆
  • ライブドアブログ