2009年07月

美しい条文

すべての児童は、愛とまことによって結ばれ、
よい国民として人類の平和と文化に貢献するように、みちびかれる
 
by聖書・・・・


なぁんて書きたくなるような文章ですが
これは、我が国の「児童憲章」第12条
 
すべての児童。
児童の定義は、児童福祉法によると18歳未満の子供です。
「すべての児童」と書かれている以上、
国籍いかんは問われません。
 
さて、こんな美しい未来へと子供達を導くのはだあれ?
・・・かといえば、なんと、
みなさん日本国民の大人たち全員にその努力義務が課せられています!
 
すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、
且つ、育成されるように努めなければならない。
すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなkればならない。
by「児童福祉法」 第一条
 
「すべて国民」
「すべて児童」
大人たちは、日本国民に限定されていますが、愛護される子供の範囲は、限定されていません。
 
なんて、すてきな愛の奉仕精神でしょう。
日本人の誇りってこういうことですね(実践できていればの話ですが・・・)。
 
つい先日まで、恥ずかしながら、この文章を知りませんでした。
学生時代に、一読したかもしれませんが、右脳から左脳へものすごい勢いで通過して、貫通して、完全にどこかに消えていました。
 
今日から、みなさんも、
みなさまの心に存在する美しい 「愛」 と 「まこと」 によって、子供達を結び
よい国民として
(どんな子供も、この宣言が効力を発する地域では、日本国民の一員として迎えるべきだという解釈ができます。)
人類の平和と文化に貢献するように
(この言葉も、広いですね〜。人類ですよ。地球規模な視点で愛をはぐくんでください☆)
みちびいてあげてください。
 
しつこいようですが、これは、世界を愛する日本国民の義務で〜す。
法律に関しては、「知らぬが仏」は通用しないので、ご注意を〜。
 
あ〜、美しい文章を読むと、こころがピュアになりますね。

楠城華子★新聞速切2009年7月11日(前編)

お久しぶりの新聞速切です。

ドラクエ宗‘鐓覯攣匆翹の夏
越前クラゲの意外な利用法
女性だけの税務調査班
進化する図書館 葛飾区で駅前に新設
楠城華子懐かしの大井町線 溝口まで
魅力ある地方をつくる都市計画
またまた円高。日本に期待しているの?
精神的に強くなったミセス・ワタナベ
リスクを知るべし
分散投資のすすめ
歩いて充電 2011年実用化目指す
パソコンが安くなった!
学校に太陽電池 スクールニューディール
補正予算の使い道

についてコメントしています。

地下鉄で、思わず噴き出してしまった記事。

ある防犯用の玄関マットが、話題を呼んでいるという記事。
株式会社SHIMADAがこの秋発売予定にしている商品だそうだ。
 
SIMADAはネズミ駆除用品メーカー。
ここで、
「まさか?」
と思った方、そのとおり☆
なんと、
ネズミ捕りと同じ方法で、泥棒を捕まえよう!という作戦なのだ。
 
え〜!!!!
どんな仕組み?
 
って、それは、
玄関マットの上に、超強力な粘着シートが張り付けてあるだけ。
 
新聞には、実演で、泥棒っぽい恰好をしたおじさまが、玄関マットの上で足もとがつっかかて動かなくて、慌てまくっている写真が掲載されていて、
なんだか、ほほえましい。
 
犯罪って、もちろん、犯罪者が悪い。
でも、そんな犯罪者を生み出してしまった社会環境も悪い。
 
金品狙いの泥棒の場合、特に、後者の要素は強くなる。

最終的には、お店の利益を守るオーナーVs泥棒の欲得
個人対個人の戦いだろう。

善悪の判断を超えて、
こういった人間の知恵比べの世界にひとつの文化が存在すると思う。
 
電流を流して、入口を守るといった極端な手法は、この文化の趣をこわしてしまう。
(個人的に、こういう過剰反応、鉄壁防衛社会は殺伐としたおそろしい統制社会を想起させる。)

でも、この記事のような、古典的な粘着ネズミ捕り手法は
ぜひ、どんどん捕まえてくれ〜!
早くつかまらないかなぁ〜天下の大どろぼ〜。
 
っていう気分になる。
ネズミ捕りやゴキブリホイホイをしかけて、数日後、みたくないけど、みたくなるあの心境だ。
 
愛嬌のある人間の欲と欲の戦い。
 
権利主張ばかりをしている人に、ぜひ考えてもらいたい。
権利主張は欲の主張だということを。
もちろん、主張は当然の権利である。
でも、ほどほどに。
だから、ほどほどに。
愛嬌のある範囲で。
 
中国では、暴動が起きている。
さて、誰の人権が一番優先されるべきなんでしょうか?
平等の権利なんて、不可能な現実だからこそ
「共生」という言葉が声高に訴えられている。
 
身近なところから、共生を。
まずは、家族から。
 
モッタイナイもいいけど、オモイヤリという日本語も世界中に普及させてほしいな。

感動した言葉

幼児教育を研究するに当たり
保育所保育指針を読んでいて、
感動した文章
 
第一章 総則
3.保育の原理
(1)保育の目標
保育所は、子供が生涯にわたる人間形成にとって極めて重要な時期に
その生活時間の大半を過ごす場である。
このため、保育所の保育は、
子供が現在を最も良く生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うために、次の目標を目指して行わなければならない。
 
最後から2行目の部分
子供が現在を最も良く生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培う
 
っていうところが、
Beautiful!
 
気に行っちゃいました。どこかで、つかお〜っと。

Profile
GOOFLA.COM
楠城華子のオフィシャルサイト
ぐうふら.com
楠城華子事務所ぐうふらオフィシャルサイト

GOOFLA CHANNEL
YouTubeにて開設!


『GOOFLA CHANNEL』
ぐうふらチャンネル

華ちゃんの
新聞速切公開
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
千葉旅行詳細★初日 (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
銚子港
英国首相に質問してみました★ (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
英国首相に質問してみました☆
  • ライブドアブログ