2009年08月

新聞速切★2009年7月11日(後編)

しれっと更新しちゃいます★ by XOTTAN

G8なんていらない
いつまでもトップじゃない、から2位じゃない、へ
No.2ではないことを受け入れる覚悟
大国中国に期待すること
市民と対話するバーナンキさん
インドネシア・ユドヨノ大統領再選
スポーツは民族紛争を凌駕する フィリピンの平和大使にプロボクサー
世代間の生涯負担の差 これから生まれたら1億円の負担金
途上国、口約束のG8に不信感
都議選を控えて地方について考える

についてコメントしています。

パーフォーマンス上手な日本の政治家

今、私のなかで、はまっているのが、
「風車のおユリ」

大学時代、蒲島ゼミ(現熊本県知事)で2003年総選挙の研究をしていた頃、
大学院の先輩に
「君は、フェロモンが足りないよ。小池百合子を見習わなくちゃ」
と、飲みの席で言われ、それ以来、勝手にライバル視?&尊敬のまなざしで
見つめている小池百合子氏。

彼女のフェロモンの元を知ろうと、全著作を読み、再版されていない本は、国会図書館まで探しに行き、とにかく、小池百合子研究に数ヶ月間没頭した。

で、わかったこと。
私には、無理だ〜。かなわない〜。
多忙の中、大物政治家に、手作りお弁当の差し入れをしたり、
とにかく、気の遣い方が半端じゃない。

それ以来、勝手に仕掛けた勝負を一方的に降参し、
真似するのはやめにしたが、
でも、異常な魅力を放つ彼女から目が離せない。

今回は、
『風車のおユリ。』
逆風だからこそ、まわって、新しいエネルギーを生み出すっていう意味だそうだ。

記事はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000523-san-pol

きゃ〜かっこい〜☆おユリ〜★
って、思わず、マニフェストも読まずに応援したくなる。

うまいなぁ〜。

ぜひ、プーチンと対峙してもらいたい。
筋肉マンが勝つか、
フェロモンが勝つか。

おやすみなさ〜い。

人気取りだとは分かっていても・・・

人気取りのパフォーマンスだと分かっていても
やっぱり、プーチンはかっこい〜!!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000039-jijp-int.view-000
(↑バタフライで川を泳ぐプーチンの写真)

おやすみなさ〜い☆

高齢者とネーミング

八月になりました☆
夏休み中の学生さんは、のびのび〜っとしている頃ですね。
(ドラクエ修笋辰討襪里なぁ〜。私もやりたい・・・。)

さて、ここで問題です。
じゃじゃ〜ん♪

65歳以上の高齢者が過半数を占める町を
なんていうでしょう?

【ヒント】
○○集落といいます。

正解は・・・

限界集落です☆

びっくりですよね。
なんだか、お年寄りをばかにしている〜!!!!
なんて、言われかねないネーミング。
誰がつけたんでしょうか?
新聞をよんでいてびっくりしたので、書いてみました。

言葉のパワーってすごいですが、
この限界集落というネーミングも
よくよく、実情を考えると、
やはり、町として、限界状態であるのは、事実のようです。

その、限界集落は、過疎地の県だけではなく、
世界の都市、東京で出現し始めているんです。

高度経済成長期に地方から東京へ人がわんさか集まってきた時に
建てまくった住宅団地ですが、
今や住んでいる人の半数が65歳以上という現状。
(26万戸ある都営住宅の賃貸名義人の過半数は65歳以上。)

ヒトだけでなく、モノも老朽化が進み
道路は陥没し、水道管も腐食し、耐用年数をオーバーしているのに
お金が足らなくて、修理ができない状態なんです。

そんな、限界集落のひとつ
東京都北区桐ヶ丘1丁目(赤羽駅)では、
孤独死、隣人トラブル(隣がゴミ屋敷になっている、最近お隣をみかけない・・・)
などに対し、行政も、がんばって対策にとりくんでいるのですが、
とにかく、人手が足りないそうです。
(地域の高齢者相談窓口には、年間一万件を超える相談がくる)

高齢者に優しいインフラを目指すと、一方で、効率・競争力といった面が犠牲となるとい問題もでてきています。
エスカレーターを遅くする、信号を長くする
(戸越銀座商店街では、高齢者から「渡りきれない」という声が多くでた横断歩道の青信号の長さを14秒から17秒に延長したそうだ。)
という対策をとれば、
とうぜん、渋滞などの弊害もでてきます

高齢者に優しい町と競争力のある元気な町を両立させる手法を考えるのは、難しいかもしれませんが、
私が思いつく限りで提案できるとしたら、
高齢者が固まりすぎる町にどんどん若い人を誘導する政策
たとえば、空室になっている団地を超格安で学生に提供し、そのかわり
近隣の、おじいちゃん・おばあちゃんとの交流をし、必要な方にはケアを提供するという仕組みを導入すれば、
一気に人口は若返るのでは・・・?
(しかも、若者の精神教育にもいいし)

素敵な老人ホームを創るのが
私の最終的な夢です。
(自分が安らかな気分で死にゆく場所をつくりたいという思いが出発点で、できれば、多くの人にそうあってほしいと願う思いから抱いている夢です)
その為に、今、幼児教育のお勉強をしています。
子どもとお年寄りがつながる社会こそが
循環型の持続可能な社会だと考えているので
私にとって、幼児教育と高齢化対策は表裏一体なんです。

限界集落という悲しい言葉が過去の歴史になるように、
全世代、特に、団塊世代で体力が余っている元気な、おじさま・おばさま方と、
私みたいに、「おじちゃん・おばちゃん」と子供達から言われ始め「お姉ちゃん」としてのアイデンティティーが崩れかけている30前後の世代が
意見を交換し合って、積極的に地域改革に取り組んでいくことが
今、必要とされていることだと思います。
(特に、独身のみなさん。私たちは、負け組ではありません。勝ち組といわれる家庭持ちに対して、時間と体力に比較的ゆとりのある、別の意味での社会の星なのです。余力ある時間、新しい出会いを求めて飲み会を開くその時間を子供教育や介護ケアに投下してみませんか?子供やお年寄りとのふれあいを通して、きっと新しい幸せを発見できることでしょう★
・・・なぁんて開き直っているから、私もいつまでたっても結婚できないのかもしれません。)

長々と書いてしまいましたが、

選挙を前にして、誰に投票すればいいのか迷っています。
派遣禁止には反対だけど、
霞が関に100人政治家を投入するというアイディアはすっごく興味あるし・・・
でも、こんな限界集落があるというのに、
さらに、お金をばらまく体力が日本の財政にあるのでしょうか?

循環社会、持続可能な社会を作り上げるのは、
お金じゃなく、知恵です。

「俺が当選したら、全家庭にTVをプレゼントする!」
なんて公約に掲げて、あっさり当選しちゃう、
どこかの国(=イ○ド)の選挙をおもいだしちゃいます。

Profile
GOOFLA.COM
楠城華子のオフィシャルサイト
ぐうふら.com
楠城華子事務所ぐうふらオフィシャルサイト

GOOFLA CHANNEL
YouTubeにて開設!


『GOOFLA CHANNEL』
ぐうふらチャンネル

華ちゃんの
新聞速切公開
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
千葉旅行詳細★初日 (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
銚子港
英国首相に質問してみました★ (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
英国首相に質問してみました☆
  • ライブドアブログ