2010年09月

結婚しました☆

突然ですが、2010年9月23日に入籍しました。
あいかわらず、詰めがあまく、婚姻届に不備があり、翌日、役所の方から電話呼び出しがあるというハプニングがありましたが、無事に入籍出来たと思います。
(O型なので役所関係の書類は苦手です。住所の番地を省略してハイフンで番号をつなげるとNGだされちゃうんですよね。
それぐらいいいじゃ?んって思いますが・・・)


夫婦別姓が立法化されていないので、姓が変わってしまいましたが、まだ慣れていなくて、「お名前は?」と聞かれると、至る所で「なんじょ・・・」と口走ってしまいます。
結婚するまでは名前が変わることに関して、少し寂しい気持ちがありましたが、
お仕事ではこのまま楠城を使い続けるつもりなので、実際、名前が二つ使えるようになって、逆にスパイっぽくない?と喜んでいます。
物事って見方の角度を変えると、意外と何でもポジテイブになれるものですね。


お相手ですが、7歳年上の男性です。
出会いが今年の初めで、おつきあいを始めたのが春頃ですので、スピード婚の部類にカテゴリー分けされるかもしれません。
彼を歴史上の人物に例えると・・・埴輪だそうです。(本人談)
骨太の私と対照的な体系をしていて、この人との子供なら、骨が細くて、バレリーナにもなれるかも・・・なんて、自分の積年のコンプレックスを娘に引き継がせない希望を描いています。
人一倍、結婚に関心があり、いろいろな情報を入手して来ただけあって、スピード婚は離婚も早いという説があるのもわかっています。
人生100%はないので、万が一という事は常に考えてなくてはいけませんが、わかっているからこそお互いを思いやって、かわいげのない私も、こと夫婦関係に関しては、かわいいお嫁さんになりたい思います。


今後も、夢に向かって引き続き、コツコツ努力を重ねて参ります。
まずは、10月10日の保育士実技試験です。
10月1日に山口の実家からピアノが届くので、本腰を入れて、練習をしたいと思います。


私の人生、いろいろとふらふら脱線しているように見えるかもしれませんが、女性の自立と子供の教育が私の生涯テーマの太い軸となっています。
FXや無料塾の活動、外国につながる人たちとの共生への取り組みなど今まで婚活に消費してきた時間が今度はゆとりの時間となるのでこれまで以上に、真剣に取り組んでいきたいと思います。


そういう意味で、これからも、楠城華子の乗り継ぎ人生は続いていきます。
(男性に関しては、終点であってほしいですが・・・)


今後とも応援よろしくお願い致します。

楠城華子
結婚記念の色紙

2010年保育士試験1次試験結果発表

楠城華子的重大ニュース!
2009年のリベンジなるか!?
保育士試験一次試験の結果が届きました☆

新聞速切☆2010年6月11日(後編)

XOTTANより業務連絡です。
あまりにも遅くなって、放置しようかと思いましたが、思いきってアップしました。

マレーシアの所得1.5倍増計画
世界経済が日本の世論を変える
オランダ総選挙とヨーロッパの政局
元引き上げをめぐる攻防
2010年夏、世界経済崩壊の怪情報!?
管さんに見習ってもらいたい亀ちゃんのこと
管さん就任で円安に期待!

についてコメントしています。

外交問題で思うこと・・・

尖閣諸島を巡って、日中関係が悪化していますね。
外交問題を考えるときは、正義という価値観は無力だということを
改めて痛感させられます。
正義自体の定義も人によって様々ですし、定義が同じでも、
それをどこに当てはめるかで10人10色な主張が出てきますので、
自分の中で「理不尽」と思うことは、必ずしも相手にとっても
「理不尽」とは限らないということを常に念頭に置きながら、
パワーゲームに勝ち残っていくのが外交力なんでしょうね。
 
個人的にニュースを追いかけていて、一番ドキッとして、
本能的にネガティブなイメージを抱いてしまった記事は
「中国が日本をいじめるために円を買いまくる?」というものでした。
政府の発表ではなく、ある学者の意見をもとにしたにすぎない記事ですが、
こういう個人的に大打撃を与えるような具体的内容にふれられた文章を読むと
「中国こわ〜い!」と心の奥でハザードが点滅してしまいます。
 
こういうときこそ、中国という国と、中国人という人間を一緒に考えないよう
自分を戒めながらニュースと接しなくてはいけないですよね。
 
今回の中国の行動は、日米関係の強さを試しているのだ
という意見が聞こえてきますが、だと仮定すると不可解なのが、
中国が強硬な姿勢をみせればみせるほど
日米関係は深まると考えるのが当然の流れとして出てくるわけで、
それって逆効果じゃない?とぃう疑問がわいてきます。
 
そうなると、中国はもしかしたら、日米同盟の強化を望んでいるのかなぁ・・・
なぜだろう・・・。中国国内でなんか大変な問題が起きていて、
目くらまし作戦で、とりあえず「尖閣でもりあがっていこ〜ぜ」
みたいな感じで緊急避難的に行動にでたのかなぁ・・・
 
大国の考えることはわからないし、日本人の一国民の私が
「喧嘩はやめて〜」なんて叫んでもなんの意味もないし、
私にできることといえば・・・。

いざという時に逃げられるように、いろいろな国の人とお友達になっておこう・・・。
 
最近、「2012」や「デイ・アフター・トゥモロー」など
災害系のDVDを立て続けに見ていたので
個人の力ではどうしようもないことがおきたときの最大の教訓は
 
「逃げるが勝ち」。
 
これが、今の私の正義です。

菅Vs小沢

菅さんがトロイカ体制に屈するのではないかと思っていただけに、
毅然とした菅さんの対応に、一国民として納得がいった。
一方、小沢さんは政策理念は素晴らしい所はいくつもあると思うが、
出馬に関してはどうも、納得がいかない。
 
なぜ、出るのか?
 
国民的人気を呼べるような若手人材を小沢陣営から輩出し、
小沢流に教育して、カリスマ性を身につけさせるというなら話はわかるが、
なぜ、自らの出馬にこだわるのか・・・。
 
一部国民からは「小沢なら何かやってくれる」という
ヒーロー待望論的なところがあるのだろう。
 
FX人として、円高に対して全く行動を起こさない政府にいらだちを覚えているから
余計に、代表選で経済政策や外交問題がおろそかにされることにイライラを覚えてしまうのかもしれない。
 
イライラしてもなんの得にもならないので、民主党がゴタゴタして落ち着かないのは
政府に頼らないで生き抜く力を各企業、各個人が身につけろという神様からのメッセージだとうけとり、
自らの危機管理能力を高めていく、よい勉強の機会を与えてくださったと、小沢さんに感謝することにした。
Profile
GOOFLA.COM
楠城華子のオフィシャルサイト
ぐうふら.com
楠城華子事務所ぐうふらオフィシャルサイト

GOOFLA CHANNEL
YouTubeにて開設!


『GOOFLA CHANNEL』
ぐうふらチャンネル

華ちゃんの
新聞速切公開
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
千葉旅行詳細★初日 (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
銚子港
英国首相に質問してみました★ (松田佳子 の、XOTTANさんと呼ばないで。)
英国首相に質問してみました☆
  • ライブドアブログ