カテゴリ:
 漢字ドリル「読む」の練習方法です。ここでのねらいは次の2点です。
①お手本通り正しく書いて新出漢字を覚える。
②読み仮名をふって,正しい読み方を覚える。

 読めるようになること目的ではありますが,次の「書く」に向けて,新出漢字を正しく覚えることも大切です。

【読むの練習方法】
漢字ドリル 進め方
①漢字ドリルに書かれている通りに,1行を使って下まで繰り返しながら写す。
②漢字の横に読み仮名をふっていく。
③次の行に次の番号の問題を同じように書いて読み仮名をふっていく。
※上のようなお手本を配布して,自主学習ファイルに綴っておくようにします。
201809191107_ページ_1
 新しい漢字をしっかりと身につけさせるには,「読む」の練習を2,3回繰り返させることが必要です。この練習方法に慣れるまでは,授業中にドリルの①~⑤までを一緒に確認しながら進めておいて,⑥~を宿題にするようにすると,練習方法も身につくようになります。
good
 漢字練習は回数も必要なため,わたしはこの方法での漢字の宿題を次のようにローテーションさせて出すようにしています。
①新出漢字
②読む
③書く
④読む
⑤書く
⑥チェックテスト
(習熟できていない無い場合は3回目の読む,書くに取り組ませます。)

 明日は,漢字ドリルの「書く」の練習の仕方を紹介します。