カテゴリ:
~問題行動はピンチでなくチャンスである~
fire
 人は誰しも失敗をしながら大人になっていくものです。
子どもが起こしてしまった問題行動は,よりよい大人になるための通過点で起こったことです。

「わたしが担任のときに指導できるので,今でよかった。」
「このようなときに正しく判断できるようにこの機会をチャンスととらえよう。」

と,その問題行動が子どもの成長の岐路であること,指導のできる自分が担当している時に起こしてくれたことを前向きに考えて,子どもによりそった指導をしていきましょう。