カテゴリ:
 業間休みや昼休みなどの長い休み時間は,子どもたちは友達と遊んだり話したりすることで交友関係を築いたり,体力をつけたりするなど休憩としての役割があります。

一方で,準備のための短い5分や10分の休み時間は,次の授業の準備を整える時間であって,遊びのための休み時間ではありません。のぶちゃん学級では,遊びのための時間を休み時間,準備をする時間を支度時間として言い分けることで子どもたちが区別できるようにしています。
 laugh
支度時間は次のようなルールを徹底します。
❶次の時間の準備をしてから席を離れる。
❷準備がすべてできているときにだけ友達とお話しできる。
❸授業開始1分前に着席をする。
    ※慣れるまではタイマーをセットして、アラームがなるようにする。
    ※日直が1分前に着席するように学級に呼びかける。

 時間を守って生活することは基本的なしつけです。授業開始がきちんとできている学級となかなか授業が始められない学級。毎日,毎時間で1年間この違いが続くと,子どもたちの学力に大きな差が出てくることは明らかですね。
 
 昼休みなどは、天気のいいときはわたしも毎日欠かさずに子どもたちと一緒にドッジボールなど外遊びで楽しく盛り上げています。支度時間には,子どもたちは準備を整えて1分前にきちんと着席をして次の授業を待てるように指導を徹底しています。
ドッジボール
  休み時間と支度時間の区別によって,けじめのある学級を作ることができるのです。