カテゴリ

カテゴリ:生徒指導

【修了式】生徒指導主事 春休みの生活

カテゴリ:
今日は修了式で生徒指導主事の話として5分間のお話にまとめました。

「春休みじゃんけんをします。」
「全員立ちましょう先生に勝ったらたっていてください。」
「じゃんけんぽん。(グーを出す。)」
「勝った人はパーですね。パーの合言葉は、手をあげて横断歩道をわたりましょう、です。」
「全員立ってください。じゃんけんぽん。(パーを出す。)」
「勝った人はちょきですね。ちょきの合言葉は、ちょっとずつ4月の準備はじめます、です。」
「全員立ってください。じゃんけんぽん。(ちょきを出す。)」
「勝った人はぐーですね。ぐーの合言葉は、ぐーを胸に当ててください。グッドです、事故から命まもります、です。」

こども参加で短くわかりやすい話となりました。

peace

問題行動の根本原因にあるもの

カテゴリ:
 小学校の子どもは見たこともない聞いたこともないような,自分が知らない行為を選択して行動することはありません。

手を出してしまった。
叩いてしまった。
蹴ってしまった。

 これらは,必ずどこかでその行為を目にしていて,インプットしてしまったからその行為が選択されてしまっています。
・友達から
・兄弟から
・父親・母親のやり取りから
・メディアから
arm

 子どもを指導したあと,わたしは保護者の方に連絡 をするときには次のように話をしています。
「子どもは知らない行為は選択できません。どこかでこの行為をインプットしてしまっています。これは友達からということも考えられますが,ご家庭でお子さんが目にするような場面はないでしょうか。そのような情報を目にしないように学校でもよく見るようにしますので,ご家庭でもご協力をおねがいします。」
nobu01

  望ましくない行為を厳しく指導するのも大切ですが,その背景にある根本原因にも指導のメスを入れていくことが重要です。子どもたちを有害な情報から守って,健全な教育環境を作る手助けをしてあげることも教師として大切なことです。

のぶちゃん先生の教育語録

カテゴリ:
社会をかえる人間 社会を明るくする人間 社会を支える人間を教育する

 社会では,3つのタイプの人間が活躍することが大切です。
社会を拓き変革していく生産的な人
他を楽しませ社会を明るく盛り上げることのできる人
勤勉で社会を支え人類の歴史を継続することのできる人

 このような人材を育成することを初等教育から意図しておくことです。
じっと話を聞けることも大切です。朗らかに学級を盛り上げることも大切です。新たな活動で能力を発揮していくことも大切です。子どもたちの個性を将来的にどのような役割になっていくかを考えて,個に応じた指導をしていくことです。
this
 

夏休みは,信号機の事故に気をつけましょう!

カテゴリ:
 1学期終業式。夏休みの生徒指導主事の話です。
 学級指導で話をしていることをくり返し長々と話している生徒指導主事を見かけます。校長の話や各学年の感想発表,学習指導の話の後で,小学校の1年から6年までの児童に伝えるためには,工夫して短い時間で印象に残る話をしないといけません。1つ伝えやすい話を紹介しておきます。


「夏休みは信号機の事故に気をつけましょう。」
大きな信号機の絵を見せる。
signal
「信号です。交通事故に気をつけましょう。」

「赤に関係のある事故に気をつけましょう。そうです,火の事故に気をつけましょう。」

「青に関係のある事故は何ですか?」
「水の事故」
「そうです。水の事故に気をつけましょう。」

「最後に,黄色に関係のある事故はなんですか?」
「雷。」「カレーの食べ過ぎ。」
「それもいいです。夜になると出る黄色は星や月ですね。そうです,暗いところでの不審者に気をつけましょう。」

「夏休みに気をつける,信号の4つの事故を繰り返してください。さんはい。」

nobu01
5分という子どもが集中して聞ける時間で,子どもたちの印象に残り,夏の事故を集約したお話となります。


このページのトップヘ

見出し画像
×