月、然うして白-花村怜美 Official Blog

◇活動情報◇

この記事は常時TOPにくるよう設定しております。

□Twitter□
http://twitter.com/satomi_hanamura
□Instagram□
http://instagram.com/satomi_hanamura


■イベント■
☆2017年12月23日(土・祝)18:00〜20:00
大和A劇隊忘年会イベント【最後のラーメン7~今年のベストアクターは誰だ?~】
…出演決定!!

■朗読劇■
☆2018年2月9日(金)~11日(日)
『時空NONフィクション 三國戦国 〜曹操 対 信長〜』 @赤坂CHANCEシアター
…出演決定!!

■アニメーション・ゲーム■
・TVアニメ『THE REFLECTION 』
*リサ・リビングストン 役*
2018年2月23日(金)発売!
【『THE REFLECTION WAVE ONE』Blu-ray BOX】
現在予約受付中!

・TVアニメ『ベイブレードバースト』
*榊カタナ 役*

・TVアニメ『カミワザ・ワンダ』
*ヒナ先生、ガッキミンetc… 役*

・ゲーム『逆転裁判』シリーズ
*綾里真宵 役*

■ラジオ■
・2017年12月9日(土)
Shibuya Cross- FM「声優ショッキング」
…ありがとうございました!

■映画■
・『star〜スター〜』(大和優雅監督作品)
*ハナ 役*

・『つるしびな』(大和優雅監督作品)
*大泉香苗 役*
【DVD発売中!】
https://vsr.stores.jp

■ナレーション■
・TBS『NEWS23』 特集コーナー続きを読む

新海誠展。

image
先日【新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで】を観に行ってきました。

オープニングムービー、そして第1章「ほしのこえ」で早くも涙腺が緩み、後々が心配になった私(ノ_<)
私が新海誠作品に触れたのは「ほしのこえ」からなので、もう14、5年になるのですね。
その時点で感慨深かったー…(笑)
「ほしのこえ」は遥か遠くの未来の出来事であり、宇宙という非日常が舞台でしたが、通信手段や学生生活は身近でリアルなもので、どこかで見たことあるような風景は懐かしく、それなのに自分の日常よりも美しい世界に衝撃を受けました。
初めて観た時の苦しさとか、無力さとか、耳に残る台詞、それらを鮮明に覚えていて、当時の自分が【新海誠展】の展示物の前に立ち、一歩後ろに今現在の私がいて、一緒に展示を見ている、そんな不思議な感覚になりました…。
第2章「雲のむこう、約束の場所」までは。
(このまま「雲のむこう、〜」についても色々書きたい所ですが、全作品に触れたくなりそうなのでやめておきます(^^;))
目の前に過去の自分がいる感覚を残したまま、第3章「秒速5センチメートル」では半身隣に演者の自分が現れました。
それぞれの視線や心情、時間が交錯した瞬間。
記憶と共に一瞬で10年を飛び越えられました。
とても長い月日なのに。
いとも簡単に。
第4章「星を追う子ども」以降は、それらが今の私にスッと取り込まれて、ある意味穏やかに、展示空間に浸って楽しむことが出来たように思います。

今思い返してみて一番印象に残っているのは、監督の「なにとぞよろしくお願いします」という手書きの文字。
どの作品の、とかではなくて、スタッフさんとのやりとりの中で頻繁に目にすることの出来た言葉でした。
「良いですね!」という時も「ここは大事なところなので!」という時も、スタッフさんへ「なにとぞよろしくお願いします」。
ここから監督を知ること=監督の心の波や作品・キャラクターへの愛情、当時の環境、状況などが伺えるのではないか、と想像をしながら見るのは面白い時間でもありました。

噂に聞いていたクロージングムービーは圧巻!
息をするのももどかしいとさえ思うほどの、スピーディで濃厚な「やはり美しい」世界にまた涙…(;_;)

神木隆之介さんの音声ガイドも素敵でした。
共感ポイント、しか、なかった(笑)
また、BGMが耳に入ってくると作品を観た時の心の震えみたいなものや美しい情景がぶわっと思い起こされるので、その瞬間も堪らないものがありました。

隅々まで愛に溢れた展示空間だったなぁと思います。
観に行けて、本当に良かった…☆

こちらは、新国立美術館にて来週12月18日まで。
http://shinkaimakoto-ten.com/


□Instagram□
http://instagram.com/satomi_hanamura

月。

今夜もよく晴れている。
少し欠けた月も良い。

満月の美しさは満月だけのもの。
だけど、今日みたいな月だって美しい。
半分の月も細い月も、それぞれの魅力がある。
空の色によって全然違う姿を見せてくれるところもまた良い。

太陽があっての輝き。
そんなところも月が好きな理由。
時が目に見える。
そういうところも月が好きな理由。

欠けているけど、欠けているから、今日の月なのだ。

だからいつも私は思う。

「今日の月は綺麗だな」と。
「今日も月が綺麗だな」と。

ね。
思うのです(*´-`)

★☆
渋谷クロスFM「声優ショッキング」
日時★12月9日(土) 15:00~15:10
場所★Shibuya Cross-FM
http://shibuyacrossfm.jp/
東京都渋谷区神南1-12-10 シダックスカルチャービレッジ1階

サテライトスタジオより公開生放送でお送りします。
観覧無料ですので、ふらりと遊びにいらして頂けたら嬉しいです(*^^*)
また、番組では質問やメッセージなどを募集しております。
ssg@jat.or.jp まで、ラジオネームを必ず添えてメールを送ってくださいね!
少ないと寂しいので、是非、お願いします(笑)

イベント出演のお知らせ。

大和A劇隊恒例!
12月23日の【最後のラーメン】イベントに出演することが決まりました。

image
大和A劇隊忘年会イベント
【最後のラーメン7~今年のベストアクターは誰だ?~】


《概要》
大和A劇隊トークイベント

《公演日時》
12月23日(土・祝) 18:00~20:00 (17:00開場)

《会場》
たぬき屋
(埼玉県さいたま市南区鹿手袋1-7-13)
JR埼京線・中浦和駅徒歩3分

《チケット料金》
4500円(全席自由)
※ラーメン、ワンドリンク、おつまみ、お土産用オリジナルカップラーメン&イベント特典付

《内容》
今年で7回目を迎える大和A劇隊恒例の忘年会イベント!
今年は「大和A劇隊の秘密基地」さいたま市のたぬき屋で、授賞式形式で開催!
映画監督・大和優雅が選んだ「今年の優秀俳優」が、出演作品や来年の抱負などを語りながら、ファンの皆さまと一緒にラーメンを食べます!

《出演》
大谷美貴、緒方有里沙、花村怜美、まじまあゆみ 他(五十音順)

《予約受付》
①お名前(フリガナ) ②枚数③取り扱い出演者(応援している出演者)をご明記の上、
yamato.a.yoyaku@gmail.com
までメールを送信してください。
※24時間以内に確認メールを返信いたします。


皆さんと一緒にラーメンを食べる忘年会トークイベントです。
わいわい仲良く、あたたかく☆
楽しみましょうね(^-^)/

それにしても、今年初のお土産用オリジナルカップラーメンってどんなラーメンか気になるなぁ(笑)

公開生放送番組出演のお知らせ。

ゲスト出演のお知らせです。

渋谷クロスFM「声優ショッキング」
日時★12月9日(土) 15:00~15:10

場所★Shibuya Cross-FM
http://shibuyacrossfm.jp/

観覧無料の公開生放送番組です。
お時間ありましたら、是非遊びにいらしてくださいね!

番組では、MCの石田夕理さんと私への質問やメッセージなどを募集しております。
ssg@jat.or.jp まで、ラジオネームを必ず添えてメールを送ってください。
お待ちしています(*'▽'*)/

雲。

image
思いがけないサプライズプレゼントで雲の図鑑をもらった☆
嬉しい。
空の写真集を見るような感覚で読んでいる。
雲って本当に色々な種類があるのね。
見たことのある雲は多いのに、名前を知らないものばかり。
自分で撮った空の写真と図鑑を見比べてみると面白そうだな(*´∀`*)

朗読劇出演のお知らせ。

朗読劇に出演することが決まりましたので、お知らせします。
image
朗読劇『時空NONフィクション 三國戦国 〜曹操 対 信長〜』

《脚本》
三井 秀樹

《演出》
大谷 美貴
 
《公演期間》
2018年2月9日(金)~11日(日)

《劇場》
赤坂CHANCEシアター
(東京都港区赤坂2-6-22 デュオ・スカーラ2 B1F)

《キャスト》
花村 怜美・庄子 裕衣 ほか

《制作》
JAT VOICE PRODUCTION


タイトルは『三國戦国』!
時代も国も違う三國志と戦国時代の人物が…戦う!?
三國志も戦国時代も好きな私としては、ワクワクが止まりません(笑)
演出は、大谷美貴ちゃん。
彼女とはもう長い付き合いです。
舞台の上で、カメラの前で、マイクの前で、一緒に芝居をしてきました。
そんな彼女の初めての演出作品が今回の『三國戦国』であり、そこに役者として参加出来ることを大変嬉しく思います。
「いつか一緒にお芝居をしたい」と前々から思っていた庄子裕衣ちゃんとの共演も、今から楽しみでなりません。
来年2月9日、10日、11日。
是非『三國戦国』を今から予定に加えて頂ければと思います。
よろしくお願いします(*^_^*)

【公式HP】
http://www.jat.or.jp/sangokusengoku


一つの区切り。

image
アニメ『THE REFLECTION』の打ち上げがありました!

一つの作品が出来上がるまでには本当に多くの人が関わっています。
ですから、スタッフさんの数だけ山ほど裏話が存在しています。
そういったこれまでに知り得なかったプロのこだわりや愛情、また思いがけない過程で生まれてきたエピソードなどを、昨夜は沢山伺うことが出来ました(*^^*)

それからLAcomicconや海外版のお話も!
9nineのみんなから写真や動画を見せてもらったのですが、向こうのキャストさん達が笑顔で、盛り上がりも熱く、その開けた温かい空気感がばんばん伝わってきて感激しました。
リサを演じていらっしゃる方は、ダンボールの手作りビッグホイールと共にLAcomicconのステージに出演されていたのですが(!)、そのビッグホイールがまあ可愛らしいこと☆
それだけでなく、ご本人も外見をポニーテールにメガネを掛けてリサに寄せていたと聞き、作品への、そしてキャラクターへの愛に溢れた素敵な方だなぁと同じ役を演じる者としてとても嬉しくなりました。
声もね、「特にリサは似ていた」という話をスタッフさんから聞いてたので、上映会でのスクリーンをスマホで撮ったという映像をちょこっと見せてもらいました。
そうしたら、自分でも「おや??」と思える瞬間があってびっくり!
なんとも不思議な気持ちだったな〜(笑)
他にもパフォーマンスの話や、キャストさん達自身のこと、(海外版)最終回試写を観てのリアクションなど色々聞かせてもらううちに、日本とアメリカで、ほぼ同時期に同じ一つの作品を作るために力と愛情を注いでいた方々の存在がグッと間近に感じられて、胸が熱くなりました(;_;)

長濵監督からは、ここにきてまた新たな衝撃を与えられました(笑)
それも結構大きなものをいくつも投下されて、こちらとしてはもう…想像が膨らむ膨らむ(°_°)
ここで言えないのがもどかしい、ワクワクさせてくれるような話もいっぱいあって、これまで応援してくださった皆さんと、またいつの日か、この大きな『THE REFLECTION』の世界を楽しめたらいいなぁと改めて思いました。

最終話の放送から1ヶ月が経ち、打ち上げも終わって、これにて終了!
…とは思えない、それが今の気持ちです。
でも、これをもって一区切り。
監督も最後の最後に
「うわあ〜やだよ〜終わりたくないよ〜。でも。何かを始めるためには終わらせないと。」
と仰っていました。
寂しいけれど、そういうこと。

スタッフの皆さん、応援して下さった皆さん。
本当にありがとうございました。

来年のBlu-ray BOXの発売が待ち遠しいな(笑)

□Instagram□
http://instagram.com/satomi_hanamura
こちらにも違う写真をアップしました。
ご覧ください☆


livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ