月、然うして白-花村怜美 Official Blog

数年前の…。

初夏に二週間ほど、お仕事で通った場所があります。
今日はその近くに用があって、道すがら色々なことを思い出しました。
全力で走ったこととか、香盤表の文字とか。
眩しいくらいのオレンジの光や、濡れた森の匂いとか。
スタッフの皆さん達とのやりとりや笑顔、共演した方からの可愛らしいプレゼント、それから打ち上げの席でいただいたありがたい言葉も…☆
image
あの時お世話になった皆さんはどうしているかな。

「お元気でいらっしゃいますか?」

plus。

image
気付かなかったら、ただそれだけの出来事。

でも、気付いてしまうと、繋がりがあるように思えてくる、不思議な一致。

思うのは自由。
思うが勝ち。

味方にしたいな。

年賀状。

遅くなってしまいましたが、事務所に届いた年賀状を受け取りました。

あたたかい言葉に力をいただきました。
励みになります(^^)

皆さん、どうもありがとう☆

やまのぼり。

高尾山へ行ってきました。
定番のコースで楽しむことも考えましたが、今回はちょっと難易度を上げてみたくて、中級者向けと説明のあった稲荷山コースを選択。
冬の山は色が少なくて、草花に目を奪わることはありませんでしたが、木々の間から差し込む光が綺麗でした。
image

途中の小休憩をした稲荷山展望台からの眺めがこちら。
image
出発がお昼頃だったので、ここで昼食をとりました(^^)

時々写真を撮ったりはしましたが、夢中で歩を進めていった結果、ルート案内に書かれている所要時間の3分の2の時間で山頂へ着いてしまってびっくり☆
何故あんな戦いに挑むように登ったのだろう(笑)
image
終盤で階段が続く所は流石にキツかったのですが、負けるものかという気になり、頑張ってしまいました…(^^;)

ご褒美の山頂からの眺めはこちら。
image
本当に良い天気で良かった!

行きは頑張り過ぎてしまったので、帰りはもう少し足裏の感触や匂いや音に意識を向けようと決めて、初めての吊り橋コースへ。
このコースにはずーっと縁が無かったので、「やっと」の気持ちでした。
冬の吊り橋(みやま橋)がこちら。
image
この枯れたような雰囲気も良いなーと、思います。

冬の平日午後3時。
image
前後に人がいなくて、色々な鳥の鳴き声と、時々羽ばたく音、あとはサワサワと木の音が聞こえるだけ、みたいな時間が長く続きました。
すごく穏やかで…贅沢な気分になりました☆

浄心門辺りまで降りてきたところで、やっぱりこのまま帰ったりしないでちゃんとお参りしよう、ご挨拶しようと思い、ここで薬王院へ。

そして再び門の所に戻ってきたのは日暮れ方。
image
最後の眺めは澄んだ空に月。
これまた嬉しいご褒美でした☆

帰りの電車は疲れて爆睡(( _ _ ))
靴が泥だらけになりましたが、それすらも楽しいというような、ホント子どもみたいな気持ちになったなぁ(笑)

全身でたっぷりと高尾の山を楽しめて大満足の日になりました。

記憶。

image
いつかピアノの教室から帰る時、こんなにおいがしていた…。

冬の、雨が降る前の空気。
においというよりも気配だろうか。
何故今日なのかは分からないけれど、今日の空気が二十年以上昔の記憶を呼び起こしてくれた。

突然蘇ってきた映像は、坂道の頂上付近。
家へと向かう私の目線は低いままで、アスファルトがとても広く感じる。
あの、毎週通っていた道は、今どうなっているのかな。

ピアノの教室に行くのは好きだった。
ピアノを弾く事が好きだったし、弾けるようになって褒めてもらえるのも嬉しかった。
先生とおやつタイムに話すのも、一人で通う道程も楽しかった。

一つ思い出すと、次から次へと記憶が蘇ってくる。

椅子の高さ。
家のピアノとは違う鍵盤の感触。
先生を怒らせてしまった日のこと。
なかなか合格出来なかった難しい曲。
祖父が喜んでくれた発表会。
今でも一番好きな曲との出会い。
時々遊びで弾いたエレクトーン。
……etc…♫

懐かしいなぁ。

おみくじ。

image

ほのぼのと春の霞の立ち初めて 海たいらかに立つ波もなし

大吉でした☆
よいぞよいぞ。

ご挨拶。

image
謹んで新春のお慶びを申し上げます

新しい一年が幸多き年でありますように
本年もどうぞよろしくお願いいたします


2017年1月1日
花村怜美


大晦日。

今年も沢山の素敵な出会いがありました。
そして、嬉しい再会もありました。

舞台での役柄に伴って和装での踊りに挑戦したり、それに関連する仕草や芸について学んだことは、大変刺激的で貴重な経験となりました。
また皆様にこれまでとは違った姿をお見せできた事は、役者として嬉しい事でもありました。
アニメの現場では、素晴らしい先輩方の姿に習い、楽しみながらお芝居に取り組ませて頂き、以前よりも、もっと声のお仕事を好きになりました。
そして応援してくださっている方々から喜びの声を頂けた事が何よりの力になりました。

sorachocoの活動を終えてからしばらく自主練のみであった歌についても、実は今年から黒石ひとみ先生の元でレッスンを始めました。
これまでがあって、今があるという事を実感しつつ、新しい見方や考え方で勉強をしていて、毎回発見の連続です。
自分の声をもっと知って活かしていけるよう、引き続き頑張っていこうと思います。

もうすぐ、2016年も終わりますね。
関わってくださった皆様、応援してくださった皆様。
本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください。
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ