月、然うして白-花村怜美 Official Blog

2015年06月

タコパ。

image友人宅でタコ焼きパーティーをしました☆

変わり種は一切無し。
山芋入りの生地にタコと天かすと紅生姜を入れて、焼き焼き。
喋りながら、食べながら、全員で焼き焼きくるくる♪
「怜美、ひっくり返すの早いし上手いね。意外…!」
と言われました(笑)
意外とね(^_^)a
くるっとするのは気持ち良くて好きです。

ごちそうさまでした(*^^*)

あの子。

あの時のあの子が頑張っている姿を、偶然目にした。
知り合いの役者から流れてきた、とある舞台の宣伝動画だった。
整った顔立ちに見覚えがあって、出演者の名前を見たら「やっぱり!」と。


元気でやっていたのね。
私のところにあなたの活躍ぶりが届いたなんてこと、知らないでしょうね。
すっかり“綺麗なお姉さん”になったあなたを見たら月日を感じないではいられなかったけれど、変わらずこの道を歩いていたのだと知ることが出来て凄く嬉しかった。
私も立ち止まらずに進むよ。
そして、いつかまた…☆

更新。

8月公演の舞台『鏡の中の女』チケット発売中です☆
出演者情報、ご予約方法等を更新しましたのでご確認ください(^^)

**********

image一人の女のまわりの男が次から次へと消えていく。
女の姿はまるで映し鏡のよう。
息をのむ衝撃の真実が明かされる。

立川志らくが書き下ろす女だらけのサイコラブストーリー。


~謎のキューピー第7回公演~
『鏡の中の女』


【脚本】
立川志らく

【演出】
酒井莉加

【出演者】
花村怜美
川原真衣
牧座内みゅーじ
金田侑生
椎名トモカズ
上野G~
長谷川奈緒美

立川志ら鈴
立川らくみん

〔日替わりゲスト〕
立川志らく(18日夜、22日昼、22日夜、23日昼)
コンタキンテ(19日昼、19日夜)
古今亭菊志ん(20日昼、20日夜)
松尾マリヲ(21日昼、21日夜)

【公演日程】
2015年8月18日(火)~23日(日)全10回公演

18日(火)19:00
19日(水)14:00 / 19:00
20日(木)14:00 / 19:00
21日(金)14:00 / 19:00
22日(土)14:00 / 19:00
23日(日)14:00
※開場は開演の30分前です。

【会場】
下北沢 Geki地下Liberty

【チケット】
前売3800円、当日4000円

✴︎ご予約方法✴︎
①花村専用予約アドレス
info@at-production.jp
件名「謎のキューピー」
・公演日時
・枚数
・代表者名
・連絡先(携帯番号)
以上を明記の上、メールを送信して下さい。
確認後、担当よりご連絡致します。
※確認が多少遅くなる場合がございます。
ご了承ください。
※当日劇場での精算となります。

②謎のキューピーお問い合わせアドレス
nazokyu@outlook.com
・公演日時
・枚数
・お名前
必ず「花村怜美扱い」とお伝えくださいようお願い致します。
※当日劇場での精算となります。

********

皆さん、よろしくお願いします(*^^*)

五つ目の季節。

午前中から昼過ぎにかけて大雨が降った。
今は雨も止んで、時折日が差すような曇り空。
でも、またすぐ降り出しそうだ。

ムシムシ、ジメジメというと陰鬱な印象を受けるけれど、梅雨自体は嫌いじゃない。
そもそも雨を嫌いにはなれない私のことだから、とても自然な思いかもしれないけれど。
六月は緑が濃くなり始める。
濡れた緑は一層綺麗だ。
雨の日の紫陽花は、晴れた日よりも鮮やかさと存在感を増す。
雨上がりの緑と土の匂いも強い。
梅雨は毎年必ず訪れて、年毎に割合の違う春夏秋冬の中にあって少し安心したりもする。
五つ目の季節みたいだ、と思う。

りゅう。

他人の言葉が積もっていく。
それは、私に向けられたものでない、身近なところに溢れている独白のようなものでも。
エネルギー源に出来ればいいのだけれど、何だか今は上手くいかなくて、胸の奥に絡み合った言葉たちの重みを感じる。

でも、跳ねるには膝を曲げて縮めることが必要なように、蓄えることも力に出来るはず。

だから。
取り込むことを止めたくないと思う。
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ