月、然うして白-花村怜美 Official Blog

2017年01月

ランチ。

image
パエリアランチ☆

初めてウサギの肉を食べました(°▽°)
(一噛み目は「ん?鶏肉みたい?」と思ったのですが、そのうちに味なのかかおりなのか「いや、これは食べたことのないお肉だぞ」という感覚になりました。)
鶏肉やエスカルゴ、インゲンなども入っていましたが、それらの味がよ〜く染み込んだお米が何よりも美味しかったです。
お焦げの部分も最高でした♪

今度は魚介系を食べてみたいなぁ(^-^)

数年前の…。

初夏に二週間ほど、お仕事で通った場所があります。
今日はその近くに用があって、道すがら色々なことを思い出しました。
全力で走ったこととか、香盤表の文字とか。
眩しいくらいのオレンジの光や、濡れた森の匂いとか。
スタッフの皆さん達とのやりとりや笑顔、共演した方からの可愛らしいプレゼント、それから打ち上げの席でいただいたありがたい言葉も…☆
image
あの時お世話になった皆さんはどうしているかな。

「お元気でいらっしゃいますか?」

plus。

image
気付かなかったら、ただそれだけの出来事。

でも、気付いてしまうと、繋がりがあるように思えてくる、不思議な一致。

思うのは自由。
思うが勝ち。

味方にしたいな。

年賀状。

遅くなってしまいましたが、事務所に届いた年賀状を受け取りました。

あたたかい言葉に力をいただきました。
励みになります(^^)

皆さん、どうもありがとう☆

やまのぼり。

高尾山へ行ってきました。
定番のコースで楽しむことも考えましたが、今回はちょっと難易度を上げてみたくて、中級者向けと説明のあった稲荷山コースを選択。
冬の山は色が少なくて、草花に目を奪わることはありませんでしたが、木々の間から差し込む光が綺麗でした。
image

途中の小休憩をした稲荷山展望台からの眺めがこちら。
image
出発がお昼頃だったので、ここで昼食をとりました(^^)

時々写真を撮ったりはしましたが、夢中で歩を進めていった結果、ルート案内に書かれている所要時間の3分の2の時間で山頂へ着いてしまってびっくり☆
何故あんな戦いに挑むように登ったのだろう(笑)
image
終盤で階段が続く所は流石にキツかったのですが、負けるものかという気になり、頑張ってしまいました…(^^;)

ご褒美の山頂からの眺めはこちら。
image
本当に良い天気で良かった!

行きは頑張り過ぎてしまったので、帰りはもう少し足裏の感触や匂いや音に意識を向けようと決めて、初めての吊り橋コースへ。
このコースにはずーっと縁が無かったので、「やっと」の気持ちでした。
冬の吊り橋(みやま橋)がこちら。
image
この枯れたような雰囲気も良いなーと、思います。

冬の平日午後3時。
image
前後に人がいなくて、色々な鳥の鳴き声と、時々羽ばたく音、あとはサワサワと木の音が聞こえるだけ、みたいな時間が長く続きました。
すごく穏やかで…贅沢な気分になりました☆

浄心門辺りまで降りてきたところで、やっぱりこのまま帰ったりしないでちゃんとお参りしよう、ご挨拶しようと思い、ここで薬王院へ。

そして再び門の所に戻ってきたのは日暮れ方。
image
最後の眺めは澄んだ空に月。
これまた嬉しいご褒美でした☆

帰りの電車は疲れて爆睡(( _ _ ))
靴が泥だらけになりましたが、それすらも楽しいというような、ホント子どもみたいな気持ちになったなぁ(笑)

全身でたっぷりと高尾の山を楽しめて大満足の日になりました。
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ