今日は【葉祥明美術館 ミュージアムミュージック『癒やしの竪琴 ライアーで聴く美しの里』演奏会】に出演しました。
おかげさまで2回ともに満席でこのイベントを終えることが出来ました。
ご来場、誠にありがとうございました。

今朝はとても天気が良かったですね。
北鎌倉の駅を降りて、休日で賑わう人の中を抜け、お寺をいくつも通り過ぎて、美術館の方へ。
image
電車ばっちり(笑)
image
そして、こちらが美術館の入り口。

イベントはライアーの演奏メインで、静かで穏やかな空気の中行われました。
癒しの楽器として音楽療法に使われるライアーは、とても美しい音色で、リラ・コスモスのお二人によると弦に触れるだけでも癒しの効果があるそうです♪
お客さまの聴き入っている様子を袖から覗いて見ていたのですが、微かに揺れている方、目を瞑っている方、じっと空を見ている方と様々で、涙している方もいらっしゃいましたね。
まさに癒しの空間だったのではないかと思います。

さて。
今回私が朗読したのは『星の王子さま』の絵本でした。
image
『星の王子さま』は個人的にとても大切にしている物語。
繊細な響きのライアーの音色。
どこか懐かしい情景を思い起こす「美しの里」の音楽。
その生音に乗せてゆっくりと開いた絵本には、葉祥明先生のふんわり優しい『星の王子さま』の世界が広がっていました。
本当にこのような素晴らしい機会を頂けたことに感謝しています。
お客さまから
「私の中であのキャラクターはこういうイメージだったけれど、あなたの朗読とこの葉さんの絵を実際に見て、新しい印象を受けました。ありがとうございます。」
という言葉を頂戴し、大変嬉しい気持ちになりました☆
image
素敵な音楽に巡り会い、貴重な経験をさせて頂けて、とても充実した一日でした。

関係者の皆さま、ご来場くださいました皆さま。
本当にありがとうございました。