京の花庭〜京都から全国へお花のお届け〜

暮らしの中の、花にまつわるアレコレを…

ホットヨガにはまっております

181109a




















11月から新しくホットヨガに通い始めています。
なんでも凝り性でのめり込む性格なので、
できるかぎり毎日、時間を見つけてはセッセと通っていますヨ

最近つらかった起床時の腰痛をほとんど感じなくなり、
速足で歩くのも、とても楽になったように思います。

重力に頼らない水泳だけでは、
ほとんど足を鍛えることができていなかったようです(;'∀')

そのうちヨガのインストらラクター養成講座にも通ってみようかしら?
なぁんて、新しい世界を心と身体から楽しんでいますヨー

さてお花。

秋の菊が最盛期!色や形も豊富で、驚きの彩りが揃いますよ。
それからダリアもいいですね〜♪
個人的には写真のアレンジで使った濃いピンクの「ミッチャン」が大好き!
入ったときはできるだけ選びたい花材のひとつです。
それから、チューリップやスィートピー、ストック、フリージア…
早くも早春のお花も出回り始めています。びっくりですけど、もうそんな時期なんですねー

クリスマス用の針葉樹や実ものは、これから。
来週あたり、リースを作ってご提案したいなと思っています。

みなさぁん、このブログをチェックしてみてくださいねー

今日もいい一日となりますように。

暖炉みたいなアレンジ

181103a2




















とてもめずらしい茶系のピンポンマム!
美しい、ホレボレする色です
さらにオレンジ系カラーの濃〜いのを発見!
さらにさらに!早くもチューリップ!?オレンジ系をチョイス、、、と。

そして仕上げにアカシアの、さきっちょ(新芽やね)がちょっと赤紫に変色したもの。
この紫が効く〜(*´∇`*)

秋冬にぴったりの、暖炉みたいなあったかアレンジになりましたヨ!
あ、もちろん炎の中心部には黄色のバラ!
ちらしたオンシジュームも、ちょろちょろと動く炎に見えなくもない。。。ね(^_-)-☆

う〜ん、いい色合い

癒されます。





天然素材のクリスマスリース★大人限定★

1811ff_011811ff_03










































針葉樹の葉っぱ、実もの、ドライフルーツ、枝…、森を感じる素材をたくさん集めて、リースにしました!
葉っぱの中にあしらったゴールドリーフのチャームがキラリと光って、いいアクセントになりましたよ。

ウッド調フレーム(濃茶)の中にセットして、まるでリースが宙に浮いているみたいですね。でも浮いてませんよ〜(笑)

「こんなの見たことない〜!」
のお声もたくさんいただいています(*'ω'*)。

いかにもクリスマス!な感じではありませんので、一年を通じてのナチュラルなインテリアとして、お部屋の中に自然を取り入れていただければと思います。

別サイトCreemaさんで発売中です。

https://www.creema.jp/item/6422919/detail

もちろん【京の花庭】にお問い合わせいただいてもオッケーですよ!
この季節のギフトにいかがでしょうか?

和風アレンジで紅葉狩り

181104a




















京都のあちらこちらで、夜間の紅葉ライトアップ始まっております。

昔から秋の京都は人気で、特に東山あたりのお寺のライトアップなどは、
日によって入るまでに2時間待ち!くらいの列ができることもありました。
寒い中を並ぶ人たちむけに、石焼き芋やさんが売りに来たりも(笑)

最近の京都は、シーズンにかかわらず、もうどこに行っても
人!人!人!だらけ。(とくに海外からの)
とてもではないですが、気軽に紅葉見に行こう!なんていう気にはなりません。。
あまりの人混みと、それを目当てに急速に広がってきている即席のヘンなお商売やさん(!)たちを見て、いやぁな思いをして帰ってくるだけなので…

先日、「真っ赤な紅葉アレンジを」とご依頼いただきました。
仕入れ先さんに早くから「紅葉の綺麗な枝ものが欲しい!」とリクエストを出し、毎日様子を聞きに行き、(たぶん)うっとうしがられ、おかげさまで、すんばらしいナナカマド!を仕入れていただきました
オレンジ系の菊や赤いケイトウなどなどをあわせ、
最後に野バラの実をあしらったときは、自分でも思わず拍手してしまいましたよ

ここまで赤い紅葉アレンジは、私も初めて制作したように思います。
同じのをもう一回!と言われても、たぶんもう二度とできないと思います(笑)

おかげさまで、どこにもいかなくても私の中の今年の紅葉狩りになりました(*'ω'*)

どうもありがとうございましたm(__)m。

花?それとも商品券?

181031h




















看護師の知り合いに聞いた話、、、、

この時期、医師や看護師の転・退職が重なって、
送別会も多いらしいのですが
彼女の病院では、その際、送別される側の人に
お花か同じ額の商品券かを選んでもらうそうです。

そしたら

100パーセント!商品券を選ぶのだと!!

男も女もみんなです。

なんて悲しい…

あまりにうるおいがなさすぎるぢゃないですか…(´;ω;`)
お花か商品券か選んでもらう、という考えがそもそも乾き切ってます。
それって「お疲れ様」と言ってないのと同じなのでわ???

でも、これも私たち花屋の責任でもあるように思います。
お花の良さをしっかり充分に伝えることができていないのですね(T_T)。
でなければ、「お花いらん」の声があがる訳ないんですから…
考えさせられます。

でもでも!【京の花庭】には、思いを伝えるお花をご依頼してくださる方々が
ちゃんとお越しくださいます。

先日も、長く務めた友人の退職に贈る花束を…とご依頼いただいたのですが
あたたかいお気持ちが伝わってくると、私のほうも、一緒にいいお花贈りにしたい!という心持になるではないですかっ!
当然、お花選びにも気合いが入って、がんばっちゃうというものです。
はい、ガンバリました!

とてもいい花束になりました。
贈り主様にも、もらわれた方にも喜んでいたただけたようです。
きっとお二人の心にも残るお花贈りになったと信じています。

「しっかり心の伝わるお花を。」
とお考えのみなさま、ぜひぜひ【京の花庭】にご相談くださいましね。
ご一緒にいいお花贈りにいたしましょう。

決して「お花と商品券どっちがいい?」などど聞かないように(´∀`*)!

白と紫の関係性

181025h




















白を基調に、シンプルでモダンな雰囲気の花束を…とご依頼をただきました。

真っ白もいいかな?と思っていたのですが、
まるでビロードのような花びらが美しい、紫のトルコキキョウを見つけたので、
少しグリーンも感じさせるバラ(グリーンウェイ)とあわせることにしました。

白と濃紫は、高貴な雰囲気のするカッコイイ組み合わせなのですが、
コントラストが高いので、そのままだとうまく馴染んでくれないように思います。
(主張の強い人間どうしみたい、かな?)

なので、この2色を使うときはグリーンを多めにもちいるようにしています。
誰とでもうまぁくつきあえる万能のグリーンさんが、両者の間をうまぁく取り持ってくれるのです。
とくに今回のような、シルバーがかったユーカリなどはバツグンに相性がいいように思います。

とこんなふうに、お花も人間も単体で存在するのではなく、
やっぱり何かと、誰かと関係を持ちつつ、力を発揮して生きていくものなんだわ、と
いつもそんなことを考えています。

今日もいい一日を。

リースのご用意はおすみでしょうか(^_-)-☆

181025a




















ハロウィン→クリスマス→お正月

これからのシーズン、あれこれと飾りつけの楽しい時期ですね♪

終わりのない丸い形が、永遠、繁栄の象徴として喜ばれるリース、
飾られる方も年々増えてきているようですよ。
みなさまは、もうリースの準備、おすみでしょうか?

部屋の中に飾るのであれば、小ぶりなプリザーブドやドライフラワーのリースが
色合いも風合いもナチュラル、自然を感じられておすすめ。
飾る壁がない〜という場合は、リーススタンドとあわせたり、
キャンドルとあわせたりしても、お部屋のインテリアとしてとっても素敵です。

また、屋外の玄関扉に吊るされる場合などは、
光や風にも比較的強いアーティフィシャルフラワーがおすすめ

最近のアーティフィシャルフラワー(造花)は、色も質感も格段に素敵になっています。
この機会に、アーティフィシャルの良さに触れてみてださいねっ!

【京の花庭】でも、これから「クリスマスリース」→「お正月のしめ飾り」制作にとりかかります。
どれだけの種類が作れるかわかりませんが、
サイトの中でご案内さえていただきますので、ぜひ、ご期待なさっていてくださいね〜

今日もい一日となりますように!

どんな秋をお過ごしでしょうか?

181017a2B




















春はもちろんですが、秋も人の動きが多い時期ですね。

会社の異動や引っ越し、
習い事をやめる、始める、
お店のオープン、
秋祭、旅行、結婚式、発表会などなど……

気候がいいので何をするにも身体が楽で、イコール気持ちも充実するというものです。

みなさまはどんな秋をお過ごしでしょう?

私ごとですが、理由あって20年ほど通い続けたフィットネスジムを退会し、
この秋から新しくヨガに通い始めることにしました
痩せちゃいますよ〜ん。見違えるほどに!!!

それはさておき、、、

みなさま、何かの出来事でお花がお役に立てそうでしたら、
そのときはぜひ【京の花庭】へ。

どうぞお忘れなくでございます(^_-)-☆

いい秋を―

玄関を大掃除したら、いいことありました。

181019a




















風水的にも、そしてもちろん普通の日本人の感覚としても
お玄関を清潔に、きちんと片付けるというのは気持ちいいことですよね。

いい気も悪い気も玄関から部屋の中へ入ってくるので
そこを美しく保つことによって、いい気をより多く呼び込み、
家庭の円満、金運、健康、仕事運の上昇につながる、ということのようです。

「掃き清める」という美しい言葉を持つ私たちには、とてもよく納得できますネ。

ちなみに、いろんな海外へ旅行に行きましたが
東南アジアの国々の人は、とにかくどこでもよく掃除をしているイメージがあります。
ほうきで掃いたり、ぞうきんで拭いたり、水をまいたり。
いっぽう、ヨーロッパではあまり人々が掃除する光景を目にしたことがないような…。
オランダ人のお花の先生宅へうかがったときには、
空気が乾燥していてほこりがベタベタしないので、ほとんど掃除しなくていい、、、なんてことを言っていました。
洋画でもあんまり人が掃除しているシーンって思い浮かばないようにも思うなぁ???
気候とか、文化とか、家のつくりとか、社会構造とか…
いろんな原因が考えられるけど、ちょっとこれから注目してみよう。。。

と、話がそれましたが、
そんな訳で昨日、思いついて玄関の大掃除をしました。
いつか履くかと大事に置いておいた色の変わりかけた革靴なんかも、思い切って断捨離!
すっきりした後は、気持ちよく盛り塩で仕上げます。

それが理由かどうかはわかりませんが、その後の「菊花賞!!」とりました!イェイ!
(私は競馬をやりませんので夫が、ですが)
配当金はダイソン掃除機の買い替えに充ててもら予定です。

玄関は(もちろんどのお部屋も)、やっぱり美しく整理整頓!これに限りますね(^_-)-☆

今日もいい一日となりますように。



頑張りました!キングプロテア

181012a




















生け花のお稽古で、大振りの枝を生けるのは大好きで、得意でもありました。

枝はあちこちから面白い小枝が出ていたり、葉っぱがついていたり、
カタチがとても複雑なので、そこに空間の密度ができ、リズムを感じることができます。
あとはそのリズムにあわせて、次の花材、次の花材…と、場所が勝手に決まっていくような感覚なのです。

一方、若かりしころ通っていたフラワーアレンジの教室では、
個性的な形の大きな花材を使った大胆なアレンジ、というテーマは少々苦手でした(;'∀')
フラワーアレンジで使う大きな花材は、主に海外からの輸入もの。
キリッとした形に、フォルムも「まる!」とか「長い!」とかはっきりしたものが多いのです。
そうなるともう、どうしていいかさっぱりイメージがわかなくなるのですよねー。

やはり自分のお花の原点は、複雑で多様で繊細な日本の自然にあるんかな?
とそんな風に考えております。

でもでも、ご依頼をいただきましたらば、
かなりインパクトあるオモシロ花材なども喜んで探してまいりますよー!
本日の写真のアレンジも、巨大な「キングプロテア」をお使いしています。
自分的にはかなり頑張ったつもりですが、やっぱり周囲のヒバやツルウメモドキなんかで
ほわほわ、ゆるゆる感を出してしまってますね〜(;'∀')

同じバイオリンで同じ曲を弾いても演奏家によって音色が異なるように
どんな花材を用いても、
【京の花庭】のお花はやっぱり【京の花庭】の感じ、、、になるのでしょうねぇ、きっと(´∀`*)

旦那様から奥様へ、愛を贈る。

181016aB




















旦那様が奥様へ贈られる、サプライズのお花
私の中でもめちゃめちゃテンションの上がるシチュエーションです。

愛いっぱいのメッセージなんかが添えられていると、
もうキュンキュンで、
自分が奥様にでもなったような気持ちで(ごめんなさいね
胸いっぱい、幸せな気分になります。

「笑顔溢れるご家族なんやろうなー」
「素敵やなー、楽しそうやなー」

なんていうことを、ある男性に話しましたところ、彼曰く

「それは日ごろ、悪いことしてるからや」と一言。

な、なんて身もふたもない…
きっとその彼自身、身にやましいところがあるからなんでしょう
私にはそうとしか考えられません
人はふとした瞬間にも、ついつい自分の立場で発言してしまう生き物です。
お気をつけなさいましね

心から奥様を愛しておられて、喜ぶ笑顔を見たい、というあまたの旦那様がた、
【京の花庭】が素敵なお花贈りのお手伝いをさせていただきますよ。

ぜひお気軽にお申しつけくださいませね〜

今、そこにある花

181010a




















台風の影響や猛暑の影響や、
2018年の夏はお花が揃わなくて、悩むことも多々…( ;∀;)

お花が品不足で、どの花屋さんも頭を抱えてるようなときに、
さらに色や花材の指定があるようなご注文をいただいていると、

「もうどうしよー

と、途方にくれてしまいます。

あるとき、仕入れ先で出会った知り合いの先生に
「お花なくて、困っちゃいますよねー」と声をかけましたらば
「そうねぇ、どこもみんな同じだからね」
とさらり。

そうかっ!悩んでいるのは自分だけではないっ。

あたりまえのことだけど、なんか目から鱗がハラリ〜。

「ないもの」に目をむけてアレコレ思い悩むのではなく、
今、そこに「あるもの」をしっかり見つめればいいのですな。

私も先生のように、泰然とお花に向かい会いたいものでございます。

ありがた〜いお言葉、ちょうだいいたしましたm(__)m





ヘリコニア、堂々と!!

181004a




















お店の周年記念お祝いに、
「他のお花にうもれてしまわないような、超個性的なお花を!」
とリクエストいただきました。

なかなかに難しいご依頼です…(;'∀')

大きなスペースでお花を目立出せる場合は、
すごく変わったデザインにするか、
あるいはお花そのものの色や形に頼るしかありません。

直接、現場でお花を生け込むことが可能であれば、
場所にあわせた個性的なデザインもできそうですが、
それがかなわない場合は、
」というような

インパクトある花材をどど〜ん!

と使うのがよいように思います。

今回のメインは、ものすごく大きくてしっかりした「ヘリコニア」。
インパクトあるこの花材は、小さなアレンジには使いづらく、
おもにお店の生け込みや、いけばな展の作品などに使われることが多いです。

美しい赤色の、立派なヘリコニアを見つけた瞬間に
「あぁ、よかった。これで成功〜」
ほっとしましたよ。

王者のような風格のヘリコニア、
お店の中でひときわ威厳を放っていてくれたことに、違いないと信じています(^_-)-☆

白、紫、青、の場合。

181011a




















お供えのお花をモダンにとリクエストいただきました。
少し紫や青もプラスして、というのもよくいただくご依頼のひとつです。

たとえばブライダルやオープンお祝いなどなどの場合の白一色は、それはそれは美しく、神々しく、特別感あるモダンなお花になりますが、
お供えのお花となると、「少し寂しすぎる気がするので…」との、贈り主様から先方様へのご配慮のように思います。

白を基調にして、少し淡い紫やブルーをあしらうと、かわいらしくもあり、明るい雰囲気も出ますね。
でも、逆にこの色合わせは、少々お供えっぽくてお供え以外では使いにくいようにも思います。
これは私の勝手な思い込みかな(・◇・)ゞ?

お花の色や種類に抱くイメージは、
人それぞれの経験や思い出につながっている部分も多いので、なかなかに難しいと感じることも多いですが、いただいたご注文のお言葉からいろいろと想像をふくらませて、イチバンいいお花を…とあれこれ考えています。
ご注文の際には、どんなことでも結構です。ぜひなにかメッセージをお聞かせくださいましね。
ご一緒に素敵なお花贈りにいたしましょうね(*'ω'*)

みな様のお越しを楽しみにお待ちしております。

秋の和風アレンジー大江能楽堂さまへ

181008a




















恥ずかしながら、こんな立派な能楽堂の存在を知りませんでした…(;'∀')
しかも京都市内のまっただ中に!

→→大江能楽堂

日本の伝統芸能の中でも、歌舞伎・狂言・落語・雅楽については、すでに何度かマイブームを済ませているのですが、残念ながら能はまだ私の中にブームの波がやってきていませんでしたので…

その大江能楽堂さまへ記念公演のお花をお届けさせていただく機会がありました。
もちろん!季節感あふれる秋の和風アレンジです。

出かける直前になって、靴下の左右の柄が揃っていないことに気づきましたが、
まぁ、靴を脱ぐこともないやろう、、、とそのまま出かけたところ、
いざ能楽堂様へうかがいましたらば、
なんと「靴を脱いで中まで入って」と指示されるではないですか(;´Д`)
しかも、ずらりと並ぶ正装の関係者の方々の前を通って…

あせりましたなぁ

ユーミンの
「どうしてなの〜♪ 今日に限って〜♪ 安いサンダルを履いていた〜♪」
が頭に浮かびましたよ

でも、
「人は他人の足元になど興味ない。」
と、「ショーシャンクの空に」でモーガン・フリーマンも言っています。
(私の映画史上ベスト級映画です!超オススメ

できるだけ堂々と胸を張って歩きましたよ
きっとどなたも、花屋の靴下の柄など気にしておられなかったでしょう。
みなさんの目は、私の抱えるお花のほうにくぎ付けになっていたはずです

というわけで、今日は「旬の彩りたっぷり!秋の和風アレンジ」にまつわるエピソードをご紹介させていただきました。
ちんまい話で、ごめんなさいね(´;ω;`)

炭水化物ダイエットご報告〜一か月〜

181006a




















自分史上、最重の体重を記録してしまったので、
さすがにこれはイカン!と、本気モードでダイエットを始めました。

ご飯、パン、麺類を抜く。それ以外は唐揚げでもお肉でも、なんでもOK!という、
とてもシンプルなダイエット法。
んがっ、肉&パスタ&パン&ワイン…の夕食が週に半分くらいをしめていた身には、
メインの炭水化物を抜くのはなかなかの苦行です。

今日で一か月…

最初の1週間で2キロくらい簡単に落ちましたが、そこからは伸び悩み、なかなか思うようには落ちてくれません。

それでも、鏡に映った横姿の背中あたりがずいぶんスッキリしたのが自分でもわかるので、(さらに夫いわく、「私の特徴とも言える二重顎がなくなった!」らしいので)、まだまだ続ける自信はつきました。
パツンパツンで敬遠していた昔のお気に入りシャツも、いきなりヘビロテに復活!!

「痩せるって、なんか気持ちい〜

余分なものを断捨離して身も心もスッキリすれば、
もしかして、お花にも何か変化が生まれるかもしれません!

いろんな夢がひろがるダイエットを、今は結構楽しめてます

という(みなさんには、まったくどうでもいい)、お話でした(笑)。
最後まで読んでくださった方(おられれば…^^;)、ありがとうございました。




フラワーレッスン《第一回》

180929p




















9月から新しく、ブティック「ラクダヤ」さんで、お花のレッスンをさせていただいております。
第一回の作品は、写真のような「フレームアレンジ」。
透明のガラス張りフレームに、
こちらから見ても、反対側から見ても、どちらも正面になるような仕上がりを目指します。
植物標本のような雰囲気もありますね。

ドライの素材を、あれこれたっぷりと並べて、
みなさんにはお好きな花材を自由に選んで制作していただきましたよ
たくさんの花たちに囲まれる、この時間が至福なんですよねー。

次回は11月、せっかくお越しいただくみなさんには、なにかに没頭できるマインドフルネスな時間を過ごしていただきたいなぁ。
私自身、楽しみでワクワクしています



チャーミングな秋の花材たち

181003h




















ピンポン玉のようにコロンとまん丸な姿がキュートなピンポンマム
(みなさんも大好きですよね

針状のオシベが何本も突き出て、まるで針山のようなピンクッション
(これが入るとイッキに華やかさが増すんです)

モコモコした鶏のとさかのような、ご存知ケイトウ
(種がとれたら庭に植えてみてくださな)

卵子みたいな深紅の花がいくつにも分かれて穂先につくワレモコウ
(アレンジに組み込むと、野の風情が演出できますよん)

クネクネとしたツルに、いくつものいくつもの実がついて、それが緑〜黄色へと変わり、最終的には皮がはぜて中からオレンジの実が顔を出すツルウメモドキ
(秋の花材の中でも最も好きな花材のひとつです!)

エトセトラ、エトセトラ…

秋の花材には、姿カタチがとても多様でチャーミングなものが多いですね。素敵

せっかくの季節ですから、どこかにちょこっと秋らしさもお入れしてみたいな、と思うのです。

秋色和風アレンジ

180922a




















秋は、実ものや紅葉などを用いることで、
季節感をいちばん出しやすい季節だと思っています。

最近は菊・ダリアなどの品種も増えて、形や色合いが驚くほど美しいものも見かけますしね。
ぜひ使いたい花材のひとつです。

とくに京都は、生け花のさかんな地域ですから、
全国から和の花材が集まってきます。もちろん、品質も確か。

作品展やお店のオープンお祝い…、大きめのお花を贈る機会が増えるこの季節、
京都から届く「秋色和風アレンジ」などいかがでしょうか?

色とりどりに、お届けさせていただきますよー(*'ω'*)

準備万端でしたけど

180915a




















あっという間に通りすぎていった台風24号!

関西を直撃ということで、早くも前日にはJRや各私鉄の運休、
百貨店の臨時休業などなどが次々と発表され、
いつもとはずいぶん異なる雰囲気の週末となりましたね。

京都市内は営業しているお店も少なく、人も車もまばら。
あぁ、ひさしぶりに静かな京都に戻った気がする( ´∀`)。
前はいつもこんな感じやったのになぁ〜

結局のところ、風も雨も夜にちょっと強まった程度で
特にビックリするような出来事はなく…
むしろ、大した風でもないのに、そよ風程度に揺れる木を
各局テレビ局が大げさな表現でレポートしていることに驚きました。
なんかおかしいね。

15年間お花を発送し続けた【京の花庭】ですが、
ヤマト運輸さんが発送を一切中止してしまったので、お花を出荷できなかったことは初めて。

今日は今からその対応です。
でもなんとかなりそうです。ご安心くださいね(^_-)-☆



ギャラリー
  • ホットヨガにはまっております
  • 暖炉みたいなアレンジ
  • 天然素材のクリスマスリース★大人限定★
  • 天然素材のクリスマスリース★大人限定★
  • 和風アレンジで紅葉狩り
  • 花?それとも商品券?
プロフィール

お花のお届けサイト【京の花庭】にも一度遊びに来てください!

Archives
Recent TrackBacks
Recent Comments